calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「淫らな秘め事」 いとう由貴 / ill.北沢きょう

会社員の佳広はある日、恋人の智明が男とホテルに入るのを目撃してしまう。その男は智明の兄・眞司の恋人である直紀だった。ショックを受けた佳広は、同じ思いを抱える眞司に共感を覚え一夜を共にするが、それは仕組まれた罠だった…。兄弟は自分の恋人を互いに抱かせ快楽を共有することを望んでいたのだ。恋人に見られながら別の男に嬲られるという歪んだ愛の形に戸惑いながらも、昏い欲望に抗えない佳広は…。四人の背徳の夜が今始まる―。

歪んだ性癖を持つ兄妹×その恋人たちの4Pもの。
弟の智明(攻1)とその恋人・佳広(受1)のお話と兄の眞司(攻2)と恋人の直紀(受2)のお話の二部構成。

まずは弟カプのお話から。
出版社の営業をしている地味なサラリーマン佳広にはバーテンダーをしている智明という男の恋人がいる。華やかで金回りもいい智明がなぜ自分と付き合っているのか不思議に思いつつも彼にのめり込んでいる佳広は、ある日智明が自分とは違う男と親しげにホテルに入っていく姿を目撃。後日意を決して問い詰めると、相手の男が智明の兄・眞司の恋人・直紀であることがわかり、智明は彼を「味見」していたと言う。
衝撃で混乱する佳広ですが、その時にはもう彼は智明と眞司の兄妹の罠にかかってしまっています。
何とこの兄弟、お互いの恋人をお互いに抱かせて愉しむという歪んだ性癖の持ち主たちで、このいびつな関係を受け入れられる相手を探していたんです。
眞司には直紀という「理想的な」恋人が既にいますが、智明はやっと佳広というちょうどいい相手を見付けた、というわけです。
4人での濃密な行為を強いられて、こんなことはとても受け入れられないと思う佳広が結局智明のもとに戻る、という展開は、攻めふたりが兄妹だということや人数が増えたことを除けば前に読んだ「秘蜜」によく似ていて、特に目新しい感じはなかったです。
佳広がこの歪んだ関係を受け入れることにこれでもかというほどぐるぐる悩む姿は少しくどいくらいで、そこにページを割くならなぜ佳広でなければならなかったのかという点をもうちょっと書いてほしかったかも。

後半は兄カプの馴れ初めのお話で4Pな場面を期待すると肩透かしかもですが、私は弟カプよりもこちらの方が好みだったので、こちらの方が面白かった。
製薬会社に務める直紀は対人関係の苦手な性格で、けれどもその整いすぎた容姿のせいで冷たい人と誤解されがち。ゲイである彼には男の恋人がいるが、ゲイである上にこの性格では次はないかもしれないという思いから相手の暴力や金の要求を受け入れてしまっている状態。
そんな彼を、会社の上役の眞司が目を付ける。
眞司は弟の智明とその相手を巻き込んでの歪んだ関係を始めるそもそものきっかけを作ったS気質のド変態。
彼は直紀には「素質」があると踏んで自分のものにしようと企み、事あるごとに性的ないたずらを仕掛けます。直紀はダメだと思いながらもそれを受け入れてしまう。
そしてやがて直紀が、自分が本当に望んでいるものが何なのかに気が付くんですが、このくだりはものすごくよいです。
クールと見せて実は脆いという直紀のキャラが何よりツボでした。そんなMっ気たっぷりな直紀とドSの眞司という組み合わせがおいしすぎる(笑)
 
複数だし道具使われたり縛られたりスワッピングやらサンドイッチやら、更には受け同士で本番行為しちゃったり(!)と商業BLではそうそう見られないシーンの連続で(笑)、一穴一棒主義の方にはとことん受け入れられない内容ですが、複数ものが好きな方なら楽しめると思います。エロもただてんこ盛り! とか痛い感じではないし読みやすいと思います。
ただもう少し人物描写(特に攻めふたり)が丁寧だったらもっと深いお話になったんじゃないのかな、とも思いました。