calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「かってやるっ!」 剛しいら / ill.石原理

辰巳鋭二がついに権藤組組長を襲名する。だが襲名披露を前に警視庁公安部と東京地検が本格的に辰巳を狙い動きだした。不敗を誇る地検の若きエース・勝崎雄飛は、的確に辰巳や安藤の弱点を攻めてくる。辰巳も自分のダミーを使い、公安と地検を翻弄する。そして勝崎の中にある暗い欲望を見抜いた辰巳は、策略を巡らすのだが・・・。最強の敵との負けられない闘いがはじまる!!「やるっ! 」シリーズ最新刊、満を持して登場!!

今月はさっぱり更新できなくてすみません。
夏は地味に忙しい上に厚さにやられて気力が出ない;;
そんな状態でも相変わらずBLは読んでいるんですが(笑)、中でもこれ、待ちに待ってたシリーズ最新作が読み応えたっぷり^^
長〜いブランクなんか全然感じさせない、相変わらずな辰巳に出会える内容でした!

遂に組長を襲名することになった辰巳。
それを警戒し、本格的に辰巳を狙って動き始めたのは、地検の若きエース勝崎。
思うように動けないことを嫌った辰巳はダミーを立てて勝崎を撹乱しますが、勝崎は辰巳の過去を攻める方法で出てきます。
不敗を誇る順風満帆のエリートにトラウマである過去を探られたのが気に入らない辰巳は、勝崎が男への欲望を抱いていることを見抜き、ダミーとして使っている青年・一汰を使って勝崎を罠にかけようとしますが…。

久々の新作で辰巳に挑んでくるのは公権力でした。
だからタイトルは公安や地検に売られたケンカを「買ってやる」ってことなんですが、もうひとつ、辰巳のこのケンカに「勝ってやる」という強〜い意思も含まれていました。

今回の敵・勝崎は、絵に描いたようなエリート街道を行く、言ってみれば辰巳とは真逆の人生を歩んでいる男です。そんな彼に何としてでも勝つ、この辰巳の意志の強さがインパクトありました。
そして、どれだけ輝かしい道を歩んでいてもやっぱり人間には汚点があるもので、勝崎にもある後ろ暗い過去があるのでした。それに気付いてしまえば、後は辰巳の独壇場です(笑)。
勝崎には実は男への欲望があってそれを長年隠していたわけですが、そんな勝崎に辰巳は自分のダミーをやっている一汰を送り込ませ、一気に籠絡させようとするんですが、このあたり、何だか一作目「はめてやるっ!」のコージと笙を彷彿とさせます(立場は逆ですが)。そうえば伝説の竿師・田島も登場していますしね。何だか色々と既視感が(笑)。
あ、因みにコージは今回もちゃんと登場しています。

辰巳が敵を倒してのし上がっていくこれまでのハードな展開からすると、今回のお話はやや大人しめです。
襲名を目前にした辰巳がどうしても派手に動き回れないのでそれは仕方がないのですが、その代わり(?)にラブ面では意外な部分がありました!
なんとあの辰巳が、安藤が自分にそっくりな一汰に惹かれているんじゃないのかと嫉妬しているんです(!)。
これまで男を喰っては安藤に嫉妬させていた辰巳が、今回初めて逆の立場になるという。まぁ、あの安藤に限って浮気なんて有り得ないんですけど(笑)、「龍は、いつもこんな感じで、俺を待っているのか」というセリフに今更〜〜! と可笑しくなってしまいました(笑)。
これで少しはイイ男とみれば喰う癖(?)治りますかね?(笑)

さて、無事襲名を終えた辰巳。
襲名披露のシーンはもっとページがあってもいいくらいでしたがそれは置いておいて(笑)、シリーズはまだ続くんですかね? ぜひぜひ組長となった辰巳の活躍が見たいです!

本編後のSS「けってやるっ!」は辰巳の襲名後、一段落ついた頃のお話ですが、勝崎のまさかのオチにびっくり!
さて彼はこの先辰巳とどう関わっていくことになるのか?
一汰とのその後も含めて気になるので、ぜひとも続きを…!!

そうそう、あとがきに中村のプロフィールがあって、彼のファンとしてはニヤニヤせずにいられませんでした(笑)。中村、今回もイイ働きをしてましたしね。大好きです!

「やるっ」シリーズ
 ・「はめてやるっ!」
 ・「おとしてやるっ!」
 ・「やってやるっ!」
 ・「かってやるっ!」

「やってやるっ!」 剛しいら / ill.石原理

広域暴力団傾正会若頭・辰巳鋭二に最大の危機が訪れる!?数年前、傾正会会長の権藤が撃たれた事件に深く関わっていた男の死体が発見されたのが始まりだ。決着をつけるために動き出す辰巳だが、中村は濡れ衣を着せられ警察に捕まり、安藤は辰巳を庇い、銃弾に倒れる。辰巳の大事なものをひとつずつ確実に狙う相手に対し、ひとりになった辰巳は……!?男たちの欲望が燃えるヒートアップストーリー!シリーズ3作目、文庫化!書き下ろし『よってやるっ!』収録。

シリーズ復刊版第3弾。ずっと辰巳と対立していた三河との決着編で、今回も辰巳の漢っぷりが冴えてます!

十年前の組長狙撃事件の鉄砲玉の死体がダムから上がったことが発端となって、本格化する辰巳とその叔父貴分・三河の対立。
三河は組の対立組織と水面下で手を結んでおり、一気に辰巳たちを潰そうと企んでいます。
それをさっさと見抜いていた辰巳はまたしてもコージを使って三河を逆に罠に掛けようと工作しますが、三河の元には鷹野という組長狙撃事件絡みで組を破門されたちょっとやっかいな男がいて、その存在を見逃していた辰巳は思わぬピンチに陥ってしまう。
まず中村が塗れ衣で逮捕され次には安藤が狙撃されて倒れ、辰巳はふたりの腹心を欠いた状態で敵と対峙することになってしまい…。

今回は前回のように辰巳自身が敵に捕らわれるのではなく、周りがやられ辰巳ひとりが敵と立ち向かうという状況になるのですが、…敵が辰巳を「男ならだれでもいい」のだと思い違えたのが勝敗を決めましたね!
男に抱かれるのではなく抱かせている辰巳は、自分が喰う男はもちろん厳選していて、そしてそのたび相手自身を喰らってさらにしたたかになっていく男。自分の中の「女」の部分を認識しつつもそれを受け入れて、その上で強くなっているのです。
そのことを、辰巳を男娼呼ばわりして見下していた三河たちは理解できなかったんですね。
安藤と中村という辰巳には欠かせない腹心がいない状態でただ一人的に立ち向かう辰巳の姿には、危うさよりも彼ならやってくれるなと思わせる強靭さを感じました。
そして最後には、辰巳のこうした本質を見抜けなかった三河や鷹野がなんだか間抜けに見えてしまいました(笑)。そんなわけで、ピンチ度の高さは前回のほうが上だったかも。

ひとりで、とは言ったものの、辰巳には安藤や中村ほどではないにしても頼りにしている存在がいて、今回は彼らの活躍も一役買っていますね。組の若い衆とかコージ、そしてあの笙さえも辰巳の役に立てるならとそれぞれ思っている、というのがじーんときました(というか、コージと笙がその後関係を温めていたのが嬉しい)。
なんだか色んなキャラに思い入れができてしまいましたよ。
ラストのわが子を見守る親のような眼差しで若い衆を見る辰巳の姿に、彼にも「家族」ができつつあるのかなと思いました。

それにしても、辰巳が鷹野に下した制裁はえげつないというか…(笑)。ゲイビに出演ね…(爆)。「辰巳を怒らせるとこうなるのだ」の一文に思わず笑ってしまった!
そんでもって、コージが「種馬扱いしてほしくない」と言い出した時は、確かにそれはオトコとして最大の屈辱かもね〜と思ってしまいました(笑)。彼もこの先もっと成長できるといいですね!

抗争沙汰ばかりについつい目が行きがちですが、ラブというか辰巳と安藤の絆の深まりもしっかり読ませてくれます。ロシアンルーレットのシーンは痺れるほどかっこよかった。
BLでこういうお話って、ラブそっちのけでハードボイルド全開になるかラブに寄りすぎて中途半端になりがちなものが多い気がしますが、辰巳というキャラの特殊さのためなのか、この作品はそのあたりのバランスがとってもいいです。

書き下ろしの「よってやるっ」は、安藤が辰巳のところにきて3年、成人した年の正月のお話。タイトルから連想できる通りお酒がらみのエピソードです。
新年の挨拶の席でいつもの如く三河に絡み酒されている辰巳に代わって、成人した安藤が相手をするのですが…、中村と権藤の妻・登美江がいい仕事をしてくれています(笑)。このあたりから、辰巳と三河の決着はもう着いていたような気がしますね。

さてさて、次回はシリーズ新作になるそうで、なんと辰巳の襲名披露でひと騒動! だそうです。ちょっと、もう、楽しみすぎて待ちきれないんですけどっ!
この春には読めるのかな? とにかく楽しみにしています…!!

「やるっ」シリーズ
 ・「はめてやるっ!」
 ・「おとしてやるっ!」
 ・「やってやるっ!」
 ・「かってやるっ!」

「おとしてやるっ!」 剛しいら / ill.石原理

広域暴力団傾正会の若頭・辰巳鋭二が攫われた!中国系マフィア、王大龍の仕掛けた罠に嵌まり、白昼の交差点で安藤と中村の目の前から姿を消したのだ。辰巳の身を案じて焦る安藤は、中村に疑いを持つように…。一方、辰巳を監禁し嬲り続ける王は、傾正会にある商談を持ちかける。辰巳を救うべく動き始める安藤たちだが…!?服従か、抗争か。ヒートアップストーリー第二弾、文庫化!書き下ろし『さとしてやるっ!』も収録。

シリーズ2作目、辰巳さんの男前な魅力にヤラレてしまいました(笑)。男前すぎる!
2001年にSHYノベルズから刊行された内容と、書き下ろしの「さとしてやるっ」 の収録。
※色々バレちゃってますので、未読の方はご注意ください!

辰巳のシマで何者かがクスリを売りさばいていることが明らかになり、クスリを嫌悪している辰巳は黒幕を探し始めます。浮上してきたのは新興チャイニーズマフィアの王。
けれども王と接触した直後、辰巳は人の混み合う白昼の交差点で拉致されてしまう。
すぐ側にいながら辰巳を守れなかったことを悔い憤る安藤は、同じく辰巳の腹心の中村とともに何としても辰巳を救出だすために王を追いますが。

前回は辰巳側が敵に罠を仕掛けていくいわば「攻め」の展開でしたが、今回は縄張りに侵入した敵と対峙する「守り」といったところでしょうか。
しかも、隙のないあの辰巳が罠に掛かり拉致・監禁された上、クスリを打たれて犯されてしまうというとんでもない事態になってしまいます。
けれどもやはり辰巳は辰巳というか、そんな目に遭ってもまるで心の折れない強靭さをしっかり持ち合わせているのがかっこいい! なので後味が悪くはありません。 
むしろどんな酷い目に遭おうが、結局は辰巳の、クスリにも決して溺れることのない精神の強靭さを敵にも読み手にも見せ付ける結果になって、とても小気味がいいのです。
小気味いいといえば、タレコミ屋の刑事・硲に泡吹かせるシーンもスカッとしていいですね(笑)。
こんな辰巳の姿に、もう男前受けの鑑とでも言ってしまいたいくらい(笑)! 男前受けが好きなのもあるんですが、本当に惚れ惚れしてしまいます。

そして今回、辰巳の壮絶な過去となぜクスリを嫌悪しているのかが明らかになります。
そのため、前回見えてこなかった辰巳の安藤に対する執着の理由がよくわかりました。
また、辰巳がクスリのためにこれまでは見せなかった弱った姿を見せたりしている(もちろん安藤限定で!)ので、ドライな印象だった前回比べて甘さも出ていると思います。

その後の王との決着の顛末も目が離せません。
ド派手にきっちり決着をつけているのが辰巳らしいですね。
そして王の人形だったシャオの切ない顛末を哀れむ辰巳の姿に、優しさというか人間味がでている気がしました。

あと今回、辰巳のもう一人の腹心・中村がいい味出していてツボに来てしまいました(笑)。安藤とは違う意味で辰巳という男に惚れている中村の、分をわきまえた振る舞いがたまらん(笑)。
そうそう、前回登場したコージも顔を見せて相変わらず憎めないヤツっぷりを披露しています。この分だと次回も登場しそうですね(笑)。

本編後のSS「さとしてやるっ」は、安藤が辰巳に引き取られて間もない頃、安藤と同居すろようになって初めて辰巳が別の男を喰いに行った時のお話。
嫉妬で自分を抑えられないでいる安藤に、中村が自分と辰巳の出会いを聞かせます。
その後、男のところから戻った辰巳は、機嫌を損ねている安藤に誰も知らない秘密を教えてやると甘〜くささやいて、まだ少年の気配の残る安藤を骨抜きにしてしまうという(笑・「秘密」が何かは作品でぜひご確認ください☆)。
今も辰巳を支える腹心ふたりの、辰巳に対するそれぞれの忠誠心の原点を垣間見られる、かなりサプライズな書下ろしでした。

それにしても今回、ヤクザものBLならこれ! と言われているのがよくわかりました。
こんなに面白くてかっこいいヤクザものがあったとは、何だか今まで損していた気分です(笑)
次回も楽しみ^^

「やるっ」シリーズ
 ・「はめてやるっ!」
 ・「おとしてやるっ!」
 ・「やってやるっ!」
 ・「かってやるっ!」

「はめてやるっ!」 剛しいら / ill.石原理

域暴力団傾正会の若頭・辰巳鋭二は、一見堅気のいい男だが、目的のためには手段を選ばず、一度狙った獲物は決して逃さない。辰巳はある利権を得るため、新宿のホスト・コージを手に入れ、男を虜にする技を学ばせる。辰巳の部下であり番犬でもある安藤は、コージの存在に苛立ちを隠せずにいた。そして利権のため誘拐された少年・笙は、人質としてコージに抱かれ続けるが、次第にふたりは惹かれあっていき…
男たちの欲望が燃えるヒートアップストリー、文庫になって登場!!

今月創刊されたSHY文庫からこのシリーズが復刊です! ずーーっと読みたかったんですよ!
もはや伝説の域のタイトルで有名な(笑)、剛さんのヤクザものです。
SHYノベルスで2000年に刊行された旧版と、書き下ろしの「ほめてやるっ!」の収録。

傾正会の若頭・辰巳(受)は、深い絆を結ぶ腹心の安藤(攻)以外は必要とせず自分の力で自分の目的を叶えのし上がっていく男。彼は再開発の利権を巡って対立している就任したばかりの新知事をねじ伏せるため、ある策をめぐらし始めます。
それは訳ありホストのコージをどんな男もたらしこめる躰に仕立て上げて拉致した知事の一人息子・笙を抱かせ、その画像をネタに知事に圧力を掛けるというものなのですが、予想に反して相手はなかなか首を縦に振らない。
また、そんな辰巳をすぐ側で見守る安藤は、策略の駒にすぎないコージを辰巳が必要以上に気に入っていることが気に喰わず、苛立ちを隠せません。
事が中々上手く進まない中、コージと笙が惹かれ合うようになるという予想外の展開が起こり…。

このお話の魅力は、何より辰巳のキャラにあるのではと思います。
辰巳、BLには珍しい漢な受けですね。
彼は攻めや他の誰かに頼ることなく自分の力で相手をねじ伏せていくだけの力量のある男。そらヤクザの若頭なんだからそのくらいじゃないとダメだろと思いますが、ヤクザでも何でもBLの受けでここまで男前なのはそうそういないと思いました。
そして、男前であると同時にとんでもない誘い受け(笑)。
辰巳は過去の経験から自分の中に「女」が潜む男なしには生きていけない躰をしていますが、それに思い悩んだり後ろ暗い思いを抱いたりはしておらず、むしろ愉しんでいる。その姿がいっそ清々しいくらいで、そんなところも男前で大好きです。こんな受けにはそうそうお目にかかれないですね(笑)。
安藤は17歳で7つ上の辰巳に拾われて以来その犬として忠実に従い、そして深く愛しているという関係にあります。背中はもちろんあそこにまで(!)辰巳に忠誠を誓うための刺青を入れているのだから筋金入り。
そのため辰巳が他の男を気に入るのが不快なわけでコージにも冷たく当たったりするわけですが、辰巳は気に入るだけならともかく男をヘーキで喰っちゃうという。
でも、辰巳にとっても安藤は彼さえいれば他はいらないくらいの唯一無二の存在で、安藤が思っているようないつでも用済みにされるというようなものでは決してないという、ちょっと不思議な関係にあるふたり。
セックスの時だけ立場が逆転するというのも面白いですね。
もう一方の、どんな状況でも陽気なコージと意外と優秀な笙のカプも好きです。
このふたりが陥った、監視つきで監禁されて浴室でシャワーの音に紛らしながら脱走計画を練って…な状況は最近読んだ剛さんの作品にもあったなーと、この頃から変わらない剛さんテイストも見られたりしましたが、あの後もこのふたりがまた会えるようにと願ってしまいました。

受けが攻め以外を喰っちゃったり監禁プレイがあったりとシチュだけを見ればいろいろハードな感じがしますが、その場面がじっくり描写されるのではなくどちらかというと説明的なので、あまりエロい印象はありませんでした。あの頃のBLはこういう感じだったんですかね?
辰巳がコージとよろしくやるところもそのシーンが直接描かれてはおらず、変わって辰巳が愉しんでいる一方で嫉妬に狂う安藤のことが書かれていたりしますが、ここは何だか萌えでした(笑)。

そういう雰囲気の作品なので、エロやラブよりもヤクザ・辰巳の策略がメインという印象。BLというよりはハードボイルドな感じが強いですが、2巻以降はラブ面でも盛り上がってくるのでしょうか?
そのあたりも含めて期待しています。
難を言うなら、イラストがぱっと見どれが辰巳だか分からない点;
辰巳はメガネのエリート然とした男ですが、(安藤ではなく)コージ×辰巳のカバーイラストも安藤×辰巳の口絵もメガネなしの姿だったため、3枚目にしてようやく登場する本文イラストのびしっとしたメガネの男に最初は「…誰?」と思ってしまいました;ラストで髪の色が違っていたりと統一感もないので、ちょっとわかりにくかったのが残念です。

ところであとがきの、北○武が某ヤクザ映画の宣伝番組で〜のエピソードには吹きました(笑)。っていうか、なにそのおいしそうな番組! 見てみたいんですけど!!(笑)

「やるっ」シリーズ
 ・「はめてやるっ!」
 ・「おとしてやるっ!」
 ・「やってやるっ!」
 ・「かってやるっ!」