calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「金銀花の杜の巫女」 水原とほる / ill.葛西リカコ

顔に火傷痕がある幹(みき)は、神の言葉を授かる古い巫女一族の末裔。だが能力は僅かしかなく、巫女は幹よりもずっと美しく力を持つ双子の弟・咲(さき)が継いでいた。そんなある日祖母から、もうすぐ男が幹に会いにやってくると預言される。その言葉通り議員秘書の田之倉(たのくら)が神託を受けに現れた。傷痕など気にもせず幹を美しいと言う優しい彼に惹かれていく幹。けれど咲もまた田之倉に心を奪われて……!?

一ヶ月以上も放置してしまいました。。そして色々と不義理を働いてしまっています。すみません…。
色んなことに追われて気が付いたら3月も後半に差し掛かっていて焦りまくりな上、もともと読むのが遅いもんでここのところは積ん読増やしてばかりですが私はその上に書くのも時間がかかるもので; ここも時間に余裕が無いとなかなか更新ができず…。
年度が明ければもう少しゆとりができるかなぁ? 心ゆくまで萌えな世界に浸りたいーー!…と思うこの頃です。

…なんてぼやきはさておき。
水原さんの新刊読みました。珍しく痛くない話だった上にどうやら初となるらしいファンタジー風味の因習もので、けっこう新鮮でした。
以下かなりバレちゃってますのでご注意下さい。

深い山間の神の言葉を授かる巫女一族の末裔である幹(受)は、哀しい出生のために顔に火傷の痕があり能力もそれほど持っていません。巫女は美しく能力の高い双子の弟・咲が継いでおり、幹は何もかもが正反対のこの弟の影のようにひっそりと生きています。
そんな幹にある日祖母がもうじきある男がお前に会いにくると予言し、その通り数日後、巫女の神託を受ける目的で議員秘書だという男・田之倉(攻)が幹の前に現れます。
顔の火傷痕を気にすることもなく優しく接してくれる田之倉に幹はやがて惹かれていきますが、一方で何処か掴みどころのない田之倉に、同じように咲も惹かれていることを知ります。
田之倉は自分ではなく咲を選ぶだろうと幹が諦めにも似た思いを抱いた通り咲と田之倉は深い関係になって行きますが、しかし田之倉は幹の世界を一変させる存在になるのです。

お話は幹と咲それぞれの視点が入れ替わりながら進みますが、段々奇妙な歪が生じてきて咲は実は…という意外な事実が明らかになっていきます。
実は…なんてぼかすとめんどくさくなるのでもう書いちゃいますが、咲は初めから存在しておらず、そこにいたのは幹ひとりだったんですね。
それが咲が幹の別人格とかではなく、生まれたと同時に死んでしまうことになったその魂を祖母が引き留めていたという設定で、このお話の不思議さを引き立てていました。
ずっと火傷の痕をきにして影のように生きてきた幹がちゃんと存在して、美しく奔放な咲の方が実体を伴っていなかった(というか幹の中に共存していた)というのが意外でしたが、けれどもそんな正反対なふたりが同じように孤独の中にいたことが切なかったです。

そのふたりが揃って孤独を埋めるように田之倉に惹かれるのは分かるんですが、田之倉があそこまで幹(と咲)に惹かれた理由が見えてこなかったのが惜しいですね。
というか、このお話受けの印象の強さに対して攻めの存在感がかなり薄いです。
終盤になって田之倉の正体が明かされていますが、一族との因縁にしろ血縁関係にしろ取って付けたように感じて、攻めの存在感があればもう少し違ったなのかなと思ってしまいました。

一族が幹で途絶えてしまうという避けられない事実があるためなのか全体的に滅び行くものの物悲しさや寂寥感が漂っていて、それが他の因習ものにはない不思議な静けさを感じさせてくれます。
生々しさがない分作り物めいていると感じる人もいるかもしれませんが、私はこの雰囲気好きです。
いつもは線の細いモノクロに味気なさしか感じない葛西さんのイラストも、今回はそれが逆に寂寥感を出していてお話によく合っていました。

「裸のマタドール」 華藤えれな / ill.葛西リカコ

男娼上がりの性悪ビッチと噂される美貌の闘牛士・ロサリオこと理央。そんな理央が世話係として拾ってきたのはかつて自分を弄んで捨てた男・レジェス。帝王と呼ばれ、闘牛界に君臨した彼だが、試合中の事故で記憶と聴覚を失ってしまう。過去の栄光も二人の因縁も全て忘れ、一途に理央を見つめ守り従うレジェス。目の前の優しい彼に惹かれながらも、過去を忘れられない理央の心は―。

「神に弄ばれた恋 〜Andalucia〜」「愛のマタドール」に続く華藤さんのマタドールもの第三弾です。
今回の主役は、前2作にも登場している異端児マタドール・ロサリオ。
一作目の「神に弄ばれた恋 〜Andalucia〜」で攻めのライバル的存在として登場しかなりインパクトもあったキャラだったので、「愛のマタドール」が彼のスピンオフでなかったのが意外に思えたほどでした。その彼が、ようやくの登場です。
ロサリオはこれまで「アルゼンチン人マタドール」としか説明されていませんでしたが、今回、母親が日系アルゼンチン人で、アルゼンチンでのロサリオと別にの理央という日本名を持っている意外な事実が判明。
これまでそんな素振りが全くなかっただけになんだか取って付けたように感じてしまいましたが、受け攻め両方が外国人設定だと嫌煙されがちなことへの配慮でしょうかね。
そんな疑問を抱きつつ読み始めたお話でしたが、そんなの吹っ飛ぶくらいいいお話でした。
マタドールシリーズの中ではこれがいちばん好き。
元闘牛士×闘牛士の、切なさいっぱいのお話でした。

男相手の派手なスキャンダルと観客受けするタレント性重視の闘牛をすることで有名な闘牛士のロサリオ=理央(受)。彼の付き人のレジェス(攻)は、かつて帝王と言われたほどの闘牛士でしたが、試合中の事故が元で記憶と聴覚を失っています。
理央はレジェスに憧れて闘牛士になった経過があり、またレジェスとは肉体関係も持っていましたが、今理央のそばにいるレジェスは理央との過去も闘牛も忘れ、かつての獰猛さが嘘のように静かに理央に付き従うだけの存在。その優しさに心休まりながらも理央はどうしてもかつてのレジェスを忘れることができず…。

これまでのマタドールものとは違い、受け攻め両方がマタドールであることがよりマタドールものとして濃厚になっている感じでした。
正直、前の二作はマフィアやら神父やらの存在がマタドールものとしての面白さを邪魔していた気がしていまいちはまりきれなかったので、今回は凄くよかった。

なにより理央がすごく可愛いです。
作中やたらと「ビッチ」と言われ、相手の挑発に乗っては誤解を生む場面を作ってゴシップ誌に話題を提供している理央ですが、実は後にも先にもレジェスしか知らななkればレジェスのことしか頭にない一途な男の子です。あらすじに男妾上がりとありますが、それもあわやそうなりかけたというだけの話で、厳密には違う。
アルゼンチンに巡業に来ていた闘牛士と日系アルゼンチン人の間に生まれた理央は決して恵まれた環境にはなく、自分が生まれる前にスペインに戻った父を追った母とともに渡ったスペインで、若いながらもすでに天才と謳われていたレジェスに出会ったことで運命が変わっていきます。
レジェスのような闘牛士になるのだと頑張るも母親が倒れて生活に苦しむ中、もはや体を売るしかない…という状況に陥った理央を助けてくれたのがやっぱりレジェスで、以来彼のスタッフとして闘牛を学び、そして体も繋げるようになるのです。
けれどもレジェスが試合中の事故で記憶と聴力を失ってそれから5年もの間だれとも寝ることなく一途にレジェスのために闘牛を行なっているという、性悪と見せかけてとことん健気な理央の姿に心を鷲掴みにされてしまいました。
ゴシップネタの提供やタレント性重視のイロモノ闘牛に熱心なのは、そうすることで少しでもお金を得ようとしているからで、それもレジェスの聴力を取り戻すため…ってもうどのくらい尽くしているんだと。
こういうタイプにはけっこう弱い…。

記憶を失くし、傲慢だった前とは真逆の静かで付き人としてどこまでも尽くしてくれる今のレジェスの姿を見るたびに昔のレジェスを思い出して苦しみながらも、今のレジェスとの時間にも心地よさを覚えてしまう理央は、完全にふたりの男の間で揺れているのと同じで、これはある意味三角関係なのですね。
そして、記憶を無くす前のちょっと何を考えているのかわからないレジェスの意外な事実には、彼の闘牛に対する想いの深さとそれ故の哀しみに泣けてきます。

作中「神に弄ばれた恋 〜Andalucia〜」のサタナスとアベル、「愛のマタドール」のユベールも登場していて、特にアベルは理央の闘牛についてかなり核心をついた言葉を伝えるという重要な役割を担っていますが、それによって理央が「真の闘牛」に気づいていくのが良かったです。
これは、ロサリオというひとりのマタドールの成長の物語でもあったのですね。

ただ気になったのは、これは過去二作品も同じですが厳格なカトリック国であるスペインが舞台にしては同性愛におおらかすぎる気が。。
いくらゴシップ誌でもホモネタは嫌われるんじゃ…。というか、はじめから無かったことになれそうですよね。
その辺りのリアリティのなさが凄く気になってしまいました。作家さんの萌えツボなのか??
その他、夜のパティオでの薔薇のシーンとか男二人でタンゴとか、若干演出過剰で吹き出しかけてしまいましたが、最期まで読むとそれすらも彼らのドラマティックな半生を彩るに相応しいものに思えてきました。
忘れがたいのは作中何度も印象的な登場をする「ひまわり」。
そして、闘牛士の衣装は付き人によって裸から仕上げられていくというのにすごく萌えてしまいました!

ところで、「愛のマタドール」で登場したユベールの付き人のパブロが、今回意外な登場をしていてびっくり。ユベールはこのことを知っているのか、それがいちばん気になりました。

マタドールシリーズ
「神に弄ばれた恋 〜Andalucia〜」
「愛のマタドール」
・「裸のマタドール」

「アウトフェイス ダブル・バインド外伝」 英田サキ / ill.葛西リカコ

極道の一大組織である東誠会三代目を、凶暴な狂犬が狙っている!?会長となった新藤の愛を受け入れ、本宅で暮らし始めた葉鳥。ところが襲名を逆恨みする元舎弟の稗田が、新藤の命を狙うと予告!!「新藤さんに何かあったら殺す」心配で焦燥を募らせる葉鳥は行方を追って奔走するが!?極道の愛を得て成長した葉鳥の覚悟が試される!!若き日の新藤と葉鳥を描く「名もなき花は」も同時収録。

待ちに待った「ダブルバインド」シリーズの葉鳥が主役の外伝です^^
本編キャラも大好きでしたが、その後が気になっていたのは断然葉鳥と新藤の方だったので、こうして一冊出してくださったことに感謝です!
小説Chara vol.26に掲載されていたふたりの過去偏「名も無き花は」(全体の3分の1くらい)と、本編終了後のふたりを描いた書き下ろしの「アウトフェイス」(残り3分の2ほど)の収録。
感想はいろいろバレちゃってますので、本編含めて未読の方はご注意ください!

「名も無き花は」は小説Chara vol.26を読んだときに感想を書きましたが、小冊子収録の二人の出会い偏「存在理由」の後、葉鳥が新藤の愛人に認められたときのお話。ふたりの初エッチが見られます(笑)。
また、新藤が妻・美津香と結婚して2ヶ月という時期なので当然美津香もまだ健在で、新藤を喰っちゃってるくらいの強いインパクトを残しています。っていうかその後の葉奈誕生の経緯にもつながるお話なので、実は彼女の物語という側面もあるかもしれませんね。

「アウトフェイス」は本編後のふたりのお話です。
組の三代目を継いだ新藤の「本妻」として共に本家で暮らすことになった葉鳥。けれども襲名を逆恨みしている元舎弟の稗田が新藤の命を狙っており、大人しくしてはいません。新藤が止めるのも聞かず独自に稗田を追うのですが、ちょっとしたスキに稗田に葉奈を人質に取られるというピンチに陥ります。

まず何より、愛しい新藤を守るためならば危険なことにも怯まず突っ込む葉鳥の姿に、新藤への一途な想いの深さが表れていてぐっときました。そして葉鳥が決して考えなしに突っ走るタイプではなく、飄々としながらもかなりしたたかで非情な面を持ち合わせているのがいい。
それから、BLには珍しくご都合主義的になることなく容赦なく決着を付けているのもいいですね。残酷だったり痛かったりで苦手な方もいるかもしれませんが、葉鳥や新藤の置かれた立場を考えれはこのくらいは当然ではないいのかな、と思いました。

今回のもう一つの見所は、葛藤しながらも葉鳥がちょっとだけ成長しているところでしょうか。
本編で事実が明かされた時この後いろいろあるんだろうなーと思っていたんですが、やはりというか何というか、彼にとって実は自分の娘だった葉奈という存在は、かなり大きく、そして重いものになっています。
葉鳥は、たぶんこれまで誰に対しても感じたことのなかった責任を初めて覚え戸惑ってしまうんですね。そりゃあ、これまで他人の子だと思って可愛がっていた子が実は自分の子供でした、では、それまでと同じにとはいかないでしょう。
そんな葉鳥に、「親になるには時間が必要なんだ」と応える新藤にはじーんときました。なんて懐の広い男なんだ!
というかあのラストシーンは、そこから続くプロポーズといい屈指の名シーンではないかと思います。
そんな新藤はもちろん、葉鳥は多くの人たちに温かく見守られながらここまできたんだなーということがわかって、ちょっと涙腺ゆるんでしまいました。
やっと「家族」を得られた葉鳥。末永くお幸せに! と願いつつ、成長した葉奈ちゃんに新藤とふたりいつかあたふたする日が来るのでしょうかね(笑)。

最初の方で、瀬名と上條、そして祥も姿を見せています。瀬名たちが相変わらずなのに微笑みつつ、葉鳥が瀬名を「蛇女」だと評したり大蛇になった瀬名にぐるぐる巻きされている上條を想像したりなところは笑ってしまった(笑)。
そう長いお話ではないですが、そんなニヤリなところも含みつつ事件の展開も無駄なく面白く読み応えありました。

満足な一冊だったのですが、葉鳥&新藤で一冊出すのなら誰もが読みたいはずのふたりの出逢い編「存在理由」は収録してほしかった…という点が残念なので★は−1です。
ついでにもうひとつ、このレーベルで出た英田新作に久々に連動企画のなかったことに安堵していたんですが(苦笑)、あとがきで「アウトフェイス」と今年のChara文庫番外編小冊子(私は応募していません…)に収録されている瀬名&上條のショートがリンクしている、ということが書かれていて何だかなーという気分になってしまいました。
このシリーズ、英田作品の中でいちばん好きなのですよ。それだけに某シリーズのように特定の人しか読めない番外編やSSが、これ以上増えないことを祈ります。。

「ダブル・バインド」シリーズ
 ・「ダブル・バインド」
 ・「ダブル・バインド」2
 ・「ダブル・バインド」3
 ・「ダブル・バインド」4
 ・番外編「存在理由」(英田サキスペシャル小冊子収録)
 ・「アウトフェイス ダブル・バインド外伝」(葉鳥&新藤の外伝)

「愛のマタドール」 華藤えれな / ill.葛西リカコ

評価:
ショップ: ---

心に傷を負いスペインへとやってきた神学生の颯也。ある日、酒場で声をかけてきた優雅で魅力的な男・ユベールに強引に誘われ一夜を共にしてしまう。傲慢で自信に満ちた彼がふと見せる孤独の影に気づいた颯也は、素性も知らないユベールに惹かれていく。このままだと背徳の罪に堕ちてしまうと別れを決意する颯也だが、彼の正体がスペイン中を熱狂させる闘牛士だと知り―!?闘牛士×神父の禁断ラブロマンス。

「神に弄ばれた恋 〜Andalucia〜」に続く、華藤さんの闘牛士もの第二弾。
今回はフランス人闘牛士×日本人神学生です。

自分の未熟さが元で大切な人たちを傷つけ自身も心に深い傷を負った颯也(受)は、贖罪のため世話になった神父に付いてスペインに赴き神学生として生きることに。けれども未だに自虐の念に囚われています。
ある夜颯也は行きずりの酒場で、優雅だが陰のある男・ユベール(攻)に出会います。
ユベールは、死とスレスレの闘牛を披露することでスペイン中を熱狂させている闘牛士で、闘牛のあとは躰を鎮めるために誰かを求めずにはいられない。
そして颯也は自虐のために男を欲している。
利害の一致でお互いに素性を隠したまま一夜を共にしたふたりでしたが、その関係はその後もずるずると続いていきます。
さすがに神学生であるのにこのままではいけないと颯也はユベールに別れを告げるのですが、間もなく再会することになり、そしてお互いの素性を知ったことで関係が変わり始めます。

誰かに対して自分を犠牲にしてばかりの「優しくて弱い」颯也と、闘牛で頂点に立って死に伝説になることを目指すユベール。
ふたりが実は似たところにいた事、そしてそれぞれに何を求めていたのかに気が付くところはじーんときます。

…なんですけれど、なんというか、設定やキャラは好みのはずなのにどこまでも不発なお話でした。
良くも悪くも怒涛の展開の連続だった「神に弄ばれた恋 〜Andalucia〜」と違って、終始ふたりの関係に的を絞ったのが逆に地味になってしまっているような??
いや、ここにマフィアだの何だのの介入はまったくいらないですが(笑)、終始さらーっとしていてがっつり印象に残らなかったんです。
闘牛やフラメンコ(を踊り出した時はちょっと笑ってしまいましたが・笑)などのシーンでは作家さんのスペイン文化への情熱があふれているなーと感じるんですけど。特に闘牛のシーンは臨場感があります。
たぶん、ユベールと颯也のどちらもにいまいち感情移入ができなかったのが消化不良に終わった最大の原因かも。ふたりがなぜ惹かれ合ったのか、お互いでなければならなかったのかが見えてこずお話に乗れなかったというか。
…もったいないです。
終盤のどん詰まりまでふたりがすれ違っているために、最後の方は駆け足気味なのも惜しいです。

全体的に薄いと感じるのは、イラストのせいもあるのかな。
カバーと口絵はとても素晴らしいですが、淡々としたモノクロからはスペインの情熱や激情は感じられませんでした。ユベールの衣装もカラーと違って意匠も描き込まれておらず白いし。。
葛西さんのイラストは、ヨーロッパならラテンな南の方ではなく北の方が合いそう。イギリスとか北欧とか。

「神に弄ばれた恋 〜Andalucia〜」のサタナスとロサリオがユベールと肩を並べる闘牛士として登場しているのが嬉しいサプライズでした。

マタドールシリーズ
 ・「神に弄ばれた恋 〜Andalucia〜」
 ・「愛のマタドール」
 ・「裸のマタドール」

「お菓子の家 〜un petit nid〜」 凪良ゆう / ill.葛西リカコ

リストラされた加瀬は、強面なパン屋の店主・阿木に声を掛けられ、バイトをすることに。無愛想で人との付き合い方が分からない加瀬にとって、店の温かな雰囲気は馴染みがなく、戸惑うばかりだった。けれど火事に遭って阿木と同居することになり、彼の優しい手にどうしようもなく惹かれていく。優しくされればされるほど阿木に依存してしまい、溢れそうになる感情に加瀬は…。

レーベルもイラストレーターさんも変わってますが、花丸文庫から出ている「夜明けには優しいキスを」のスピンオフ作品。いろいろと論議を醸したあのDV男・加瀬のその後です。
私は、前作はとにかく主人公が大嫌いで全然好きになれなかったんですけれど、加瀬があの後どうなったのかがとても気になっていました。作家さんが彼を主役に添えたお話を書いて下さったことに感謝です^^

リストラされて求職中の加瀬(受)は、偶然目にしたパン屋「un petit nid」に貼り出されていたスタッフ募集の記事に目を留めたことがきっかけで、そこの店主・阿木(攻)に拾われてアルバイトを始めることに。
そこは強面だけれども気のいい店主・阿木と彼の亡くなった幼馴染みの未亡人でパン職人の知世、そして知世の息子の央の3人が家族のように仲良くやっているアットホームで温かなお店。
これまでそんな雰囲気とは無縁に生きてきた加瀬は、どうしていいか戸惑うばかりです。
暫くして、加瀬のアパートが火事に遭うという出来事が起こり、加瀬は阿木の部屋に居候させてもらうことになりますが、時間を共にしていくうち阿木の優しさに惹かれていくようになる。
けれども阿木には自分が元で大切な存在を亡くした過去があり、その贖罪のために誰とも恋はしないと決めていることを知り…。

前作では受けに酷いDVをする男として登場していた加瀬が、今作では何と受けになっています(!)。
そこからして受け入れられないという方もおられるかと思いますが、これを読みながら私は、愛情を無尽蔵に与えられたいタイプの彼は攻めでなくむしろ受けになった方が幸せになれるタイプなんじゃないのかと思いました。いや、タイプ的には大柄だし目付きが悪いしでやっぱり攻めっぽいんですけれど(笑)。

加瀬は子供の頃に事故で両親を喪い、その後伯父に引き取られるも虐待を受けてきたという過去があり、それが彼の人格形成に影を落としてしまっているんですね。人とのかかわり方や距離のとり方がうまく掴めず、いつも「ゼロか100か」という極端なかたちでしか誰かと関係を結べない。
それが前作では主人公の要を暴力で縛り付けるDV彼氏という最悪なかたちで出てしまっていました。
その失敗以来、加瀬は「誰かを好きになったら、今度こそ優しくしよう」と誓っていますが、阿木やお店の人たちとの温かさの前にも、やはり他者とどうかかわったらいいのかが解らなくて戸惑うばかりなのです。
虐待を受けた過去から来ているので仕方がないですが、こうした加瀬の「人と繋がれない」感覚は見ていて苦しいです。
もうちょっと神経太かったらまた違っていたかもしれないのに、それとは逆の細かいところに気がついてしまうような繊細さがあったりするから、余計に辛い。
ここまで極端ではなくても、多少はそういう感覚がわかる方には切なく映ると思います。

加瀬を受け止めてくれる阿木は、29歳の加瀬より8つ上の37歳。彼も加瀬に劣らず辛い生い立ちをしていますが、何でもネガティブ思考の加瀬とは違って根が明るく、年の功ゆえの包容力があるのでとことん面倒くさい加瀬という存在を包み込んでくれたのですね。
阿木が重い過去を抱えながらも加瀬のようにならなかったのは、武藤と譲という仲間がずっと側にいたからなのでしょう。それゆえに、譲を喪ったことをずっと抱えて生きていたんだろうなと。そういう面に気が付くと、いつもは軽い調子のおっさんだけどもとても優しい情の深い男なんだとわかってきます。

阿木の過去や知世との関係の誤解などなどいろいろ波紋を広げる問題が出てきますが、どれもそんなに深刻にはなっていない印象です。
というか、どれもこれも加瀬のネガティブ思考がややこしくさせているだけのような(笑)。ひとりでそんなにぐるぐるするなよ! と突っ込みたくなることもしばしば(笑)。
そんな中、「もう二度と感情にまかせて暴力をふるったりしない」と決めた加瀬が衝動的に暴力に出ようとした時になんとか踏みとどまったことや、誰かに真っすぐ愛されたことで加瀬がかつての自分の愚かさに気が付いたことがすごく心に残りました。

主人公はとことんネガティブ思考だし重苦しい話になってもおかしくないところですが、阿木の軽めの性格と知世や理央やクロの存在が全体をほのぼのとさせていて、暗いイメージは不思議とありませんでした。
本編後の阿木視点のSS「甘猫」では、阿木の目から見た加瀬がいかに可愛かが伝わってきて(笑)、もうすっかり甘々バカップルじゃないかと思ってしまいました(笑)。
前作で可哀想で仕方なかった加瀬に、こんな温かな「居場所」ができて本当によかった。
読後はとても温かい気持ちになれる作品でした。

「夜明けには優しいキスを」

小説Chara vol.26

小説Charaの最新号です。今号は「ダブル・バインド」の番外編目当てでしたが、他にも楠田さんとか谷崎さんとか面白くて読み応えありました。
連載モノはいつもの如くスルー。。
あと、今回もう一つスルーしたのが特別付録の「ダブル・バインド」の番外編CD。「存在理由」をもう読んでいるということもありますが、何だかBLCDって手が伸びないんですよねー。食わず嫌いせずに挑戦してみようか悩み中(笑)。

なんてことはさておいて、感想をば。

 ◇ 小 説 ◇

「義弟の渇望」 華藤えれな / ill.サマミヤアカザ
★★★☆☆
タイトル通りの義兄弟もの。
救命医の那智(受)は、8年前に義弟の達治(攻)と一度だけ過ちを犯したことを悔いています。達治はやがて父親の大病院を継ぐ身なのだからと離れるのですが、そんな那智を達治は憎んでしまう。そのまま疎遠になっていた達治が那智の勤める病院に研修医として現れ…。
義兄弟ネタも医療ネタも興味が無いせいもありますが;私にはちょっと合わなかったです。
何というか、全体的に中途半端なのかな? 何よりタイトルに「渇望」とあるくらいだから達治は相当暗い思いを抱いているのでは…と期待していたら、あれ? そうでもない?? …みたいな具合です。 
あと、作中やたら出てくる「ビッチ」という単語、出喰わすたびに違和感が残りました;登場人物の誰もが口にしているのも変だし、果たしてそこにこれは適切なのか? とかいろいろと。。華藤作品で他に気になるといえば「鬼畜」ですが、これは今回はあまり見られずちょっと安心(笑)。

「やりすぎです、委員長!」 楠田雅紀 / ill.夏乃あゆみ
★★★★☆
製パン会社で働く晴樹(受)は、少年時代に憧れた委員長の宮沢(攻)が忘れられずまともに恋をしたことがありません。その宮沢が、なんと本社から移動してきて再会することになりますが、宮沢は優等生がそのまま成長したような大人になっていて、融通のきかない性格のせいで周囲から浮いた存在になってしまい…。
今号ではこれがいちばん面白かったです。
宮沢が融通のきかないただのイヤなヤツなのかと思いきや実は…、な展開に、ふたりのかつての行き違ったままの恋の顛末がからんでとても面白い内容でした。
いい大人をいつまでも「委員長」と呼んだりとか終盤の「俺、頭わりぃんだよ!」とか、ちょっと天ボケ気味の晴樹とかっちり優等生な宮沢のキャラもいいですね。このふたりはもうちょっと読んでみたいです。
夏乃さんのイラストも作品にぴったりで良かったです♪

「名も無き花は(「ダブル・バインド」番外編)」 英田サキ / ill.葛西リカコ
★★★★☆
「存在理由」の後、葉鳥が新藤に愛人として認められた時のお話です。
新藤が結婚して2ヶ月ということで、遂に(?)その妻・美津香の登場です。今回は彼女の存在が大きく取り上げられていて、新藤と葉鳥のラヴ(笑)というよりは葉鳥と美津香の不思議な関係が印象に残る感じです。不思議といえば新藤と美津香の関係もそうですが、この手の話はBLには珍しいですね。そして彼女の子作り計画(笑)は葉鳥が新藤の愛人に昇格したのと同時に始まっていたのかと。
とろこでお話は葉鳥視点なのでいつの間にという感じでしたが、この頃には新藤にとって葉鳥はもう特別な存在になっていたようですね。そのあたりのいきさつを、いつか新藤視点でも見てみたいものです。
っていうかこのふたりで一冊まとめてくれ!!
…因みに、ふたりの初Hはかなりやらしかったです(笑)。

「黙って愛を語らせろ」 樋口美沙緒 / ill.山本小鉄子
★★☆☆☆
トレーダーの樹(受)は美人だけれどももの凄く天邪鬼な性格。彼は高校時代からセフレ関係にある愛想のない見た目がヤンキーな男・俊輔をずっと好きなのですが、全く素直になれず気持とは反対の言動にばかり出てしまう。
天邪鬼にもほどがある樹のキャラが全く合わずダメでした。。俊輔がむっつりしながらも義理堅いいいヤツだったから、余計に樹がただのイヤなヤツにしか見えず…。終始腹が立ってしまった。
騒動のオチも、えーそれはどうなんだという展開でついていけません。
何だかとことん合わない作品でした。残念!

「教授とカレー」 谷崎泉 / ill.新藤まゆり
★★★★☆
40になっても生活能力ゼロの大学教授・日高(受)は、15才下の世話焼き青年・館林(攻)に10年越しで想われていて、一度は断ったのに気が付いたら一緒に暮らすようになってしまい、というとっても好みなお話でした。
で、一緒に暮らすうちに日高の気持ちも傾き始め…な展開になるのですが、かつて、5年前に同じ状況になった時は大丈夫だったものがなぜ今回は館林なしではダメになったのか、ちょっと疑問に思わなくもなかったです。まぁ、日高が孤独を覚えるほど年を取り、館林がそれだけ成長した、ということでしょうかね。
ラストのカレーのくだりは微笑ましくて好きです。

「公爵様の羊飼い8」 秋月こお / ill.円屋榎英
すみません、読んでませんのでスルーです。。

 ◇ 漫 画 ◇

「可愛い恋人は手に負えない」 黒沢椎 / 原作:池戸裕子
★★★☆☆
「管理人は手に負えない」の番外編コミック。原作を読んでいないので分からない部分もありましたが、それなりに愉しめました。

「ねぇ原くん、聞こえてる?  いくた桜
★★★★☆
大学生になり実家を離れた達也はパン屋さんでバイトを始めますが、同じく大学生バイトの原くんはいつも無口。人寂しさから何とか原くんと親しくなろうとするも、失敗続きで―。
学生らしいほんわかかわいいお話しでした。たまにはこんなのもいいですね^^
うさパンが可愛くて…食べたい(笑)!

…あと、左京亜也さんのエッセイが独特のノリで笑えました。寄生虫…(笑)。
ってなわけでさすがChara、今号も読み応えある内容でした。

小説Chara vol.25

雑誌をもう一冊。感想書くタイミングを逃していた小説キャラのvol.25です。
のろのろしていたらもう次号の発売が近付いていますね(汗)
キャラは毎回豪華なので手が伸びてしまいます(笑)。全サが逃せない! っていうのもあるんですけれどね。

というわけでざっと感想書いてみます。
でもキャラの看板シリーズの「フレブラ」と「間の楔」は本編を読んでいないので;番外編ショートも読んでいません。。すみません。。。

 ◇ 小 説 ◇

「シガレット×ハニー」 砂原糖子 / ill.水名瀬雅良
 ★★★★★
ヘビースモーカーなクールビューティ受けと年下ワンコ攻めのお話。
名久井(受)は仕事の後輩の浦木(攻)に片思い中ですが、ノンケの浦木は彼女にふられては愚痴ってくる上にホモは気持ち悪いと言う始末で叶わぬ恋だと思っています。けれどもある時苛立つままセフレとやっている現場を浦木に見られてしまい…。
名久井のキャラがいいです! 恋愛相談してくる浦木に「エッチがヘタ」だからだとか言っちゃっいながら(笑)、諦めきれない恋に苛立ってニコチン中毒がひどくなるとか(笑)。
すれ違いは切ないわけっこうエロいわで、とても読み応えがありました。
実は砂原さん初読みだったんですけれど、これは文庫化したら絶対購入する! と決めてしまったくらい面白かったです^^

「Bitch's breakfast」 水原とほる / ill.佐々木久美子
 ★★★☆☆
倦怠感に包まれた大学教授と美青年の、ちょっとコワイお話。途中から本当に猟奇的な方向へ行ってしまうんじゃないのかとヒヤヒヤしましたが、さすがにそうはならず安堵。でも、よくよく考えたら攻めの執着は狂気ぎりぎりな感じがしなくもないラストです。

「キミと見る永遠(不浄の回廊シリーズ)」 夜光花 / ill.小山田あみ
 ★★★★★
今号はこれが目当てで購入したようなもの(笑)。大好きなシリーズの続きが読めて嬉しい限りです^^
プチ旅行に言った先で西条が霊に取り憑かれてしまい…な怪事件から始まって、解決過程で歩がシリーズ通してどうするつもりなんだろうかと引っかかっていた将来のことをちゃんと考えて決断するまでのお話。いつも通りに笑わせてくれて、エロ度も高めです(笑)
その後どうなるのかは、文庫化した際の書き下ろしで読める日を待っています。
にしてもこのふたり、実は西条の方がもはや歩なしではダメなくらいメロメロ(笑)なんじゃ…と思うラストでした。

「眠れる森の博士」 いおかいつき / ill.葛西リカコ
 ★★★☆☆
恋人を亡くした主人公の前に、生前の恋人が残したクローンが現れ、恋人に瓜二つだけれどもそのもではないクローンに戸惑い…というちょっとSFチックなお話。ですがふつうの日常の中で静かに進んでいく感じで、派手な内容ではありません。
クローンが出てくるSFものが好きな私は、この作品の中途半端さが気になってしまいました;まぁ、そこはBLですからこういう風になるのはわかるんですけれども、どうせクローン登場させるのならもっとクローンという存在を掘り下げて欲しかったなぁと思ってしまいました(求めるも部分がだいぶズレているのはわかってます、はい;;)。

「幽霊屋敷の存続人」 神奈木智 / ill.禾田みちる
 ★★★★☆
本好きの高校生・千尋(受)は、ひょんな事で知り合った謎の男・誠一郎(攻)から希少本を貸す代わりに街で有名な幽霊屋敷の掃除アルバイトを頼まれるのですが…。
本好きなためか(笑)、「本」をめぐるお話そのものにけっこうはまってしまいました。BL要素は薄めですが、この雰囲気にはこれくらいがちょうどいいのかなと。
作中に登場する花のお話も幻想的でいいなと思いました。

「公爵様の羊飼い 7」 秋月こお / ill.円屋榎英
最初を読んでいなくて今さらついていけない(汗)ので、読んでいません。。

 ◇ 漫 画 ◇

「不機嫌な猫王子」 夏乃あゆみ / 原作:榊花月
 ★★★★☆
榊花月さんの「不機嫌なモップ王子」の漫画版番外編。
本編は読んでいないのですが、漫画はコミカルで面白かったです。夏乃あゆみさんのちょっと不思議な感じの可愛い絵柄がお話によく合っていました。

お目当てだった夜光さんの「不浄の回廊」シリーズのみならず、砂原さんと神奈木さんの作品が面白くて、文庫化したら買うと思います。
次号は英田サキさんの「ダブルバインド」番外編(しかも新藤と葉鳥の!)だというので、見逃すわけにはいかないです…!

「ダブル・バインド」4 英田サキ / ill.葛西リカコ

連続餓死殺人事件の犯人を追っていた最中、突然連絡を絶った葉鳥。 恋人の身を案じた極道の若頭・新藤は、その行方を追うことに!! 一方、単独で捜査を続けていた警視庁刑事・上條は、ついに事件の 真相に繋がる衝撃の新事実を掴むが──!?

「ダブル・バインド」、ついに最終巻です!!
 
事件は一気に解決に向かいますが、前回までで事件の背景や犯人が誰なのかについて大体の予想はついていたものの、全てが明るみになるとさすがに驚きの顛末です。
事件解決には上條が主人公らしい活躍を見せてくれました。
彼と瀬名の関係もちゃんと前進してひと安心^^まさかあの瀬名がちゃんと素直になるとは! とびっくりです。
でも何よりも驚いたのは葉鳥のことかな…。
詳しく書くとあれなんですが、葉鳥は無事に新藤と共に新たな道を歩んでいきます。それにしても新藤、ヤクザの若頭という肩書きが嘘のようなこの作品で一番懐の広いキャラでしたね(笑)。最後まで読むと、私は上條&瀬名よりも葉鳥&新藤のカプが好きになっていました(笑)。
 
最後まで読んで実感したのは、これは始めから終わりまでしっかり組み立てられていたお話だったんだな、と。最終巻で色んな真相が明らかになりますが、それを知った上で読み返すと、あそこのあの部分はこういうことだったのかとか小さく引っかかっていたところまでちゃんと繋がるように組まれているのにはうならされます。
事件とともに上條と瀬名、そして葉鳥と新藤の恋の進展と祥が多重人格症にならざるを得なかった過去の秘密とが重なりあって展開していくストーリーは見事としか言えません。
そして作品全体を通じてタイトルの「ダブル・バインド」が、登場人物それぞれの心理や葛藤を表していました。
それぞれに抱えるものが苦しくてともすれば内容が重苦しくなりそうなところを、上條の絶妙に肩の力の抜けた感じが全体に明るさを与えていたのも、このお話のいいところですね。
巻が進むにつれ事件への比重が大きくなってBL的要素は少なめでしたが、お話そのものが面白かったですし何より萌える部分が多くて読み応えのある作品でした。
そして結末がわかる瞬間よりも、そこに辿りつくまでの過程に夢中になった作品です。

「ダブル・バインド」シリーズ
 ・「ダブル・バインド」
 ・「ダブル・バインド」2
 ・「ダブル・バインド」3
 ・「ダブル・バインド」4
 ・番外編「存在理由」(英田サキスペシャル小冊子収録)
 ・「アウトフェイス ダブル・バインド外伝」(葉鳥&新藤の外伝)

「ダブル・バインド」3 英田サキ / ill.葛西リカコ

「連続餓死殺人の捜査からお前を外す」。突然、現場を追われた警視庁刑事の上條。命令に納得できない上條は、強引に有休を取り単独捜査を続ける。しかも期限つきで恋人になったばかりの臨床心理士・瀬名が急遽渡米し、早々に二人は離れることに!?一方、激化する跡目抗争で新藤が負傷!!案じる葉鳥を「俺の前に姿を見せるな」となぜか遠ざけ…!?複雑化する事件で男達の真実の愛が交錯する。

「ダブル・バインド」第三弾、事件も恋模様も佳境に入ってきた感じです。
代議士から圧力を掛けられて事件の捜査から外されようとも有給をとって独自に捜査を決行する上條と、新藤のために殺された青年たちがかつて関わっていた暴走族のメンバーから情報収集して犯人を追う葉鳥。ふたりが違う方向から事件を追うことで、その全容と犯人像が徐々に明らかになってきます。
物語中の人物たちは気が付いていないというか渦中にいるだけに見えていない部分もあったりで、どう展開させていくんだろうかと目が離せない。

事件から離れて人間模様の面では、今回いちばん大きかったのは、瀬名と新藤の過去が清算されたことですね。これによって、ふたりともそれぞれに今の自分たちの恋人と向き合うことになるわけです。
上條もめでたく「よし、ホモになる!」と決意した(笑)ことだし、瀬名は期間限定として始めた彼との恋人関係を前進させてほしいですね。
夢での出来事を持ちだして上條を責める瀬名とか見ていると(笑)、このふたり、なんだかんだでお似合いだと思います。実は臆病な瀬名には、上條くらいいい意味で神経の太い男が合っているんじゃないのかと。
あと、葉鳥に協力している久地楽が硬派でいいです。前からこいつはいいやつだと思ってはいたんですけれど、ここに来て特にそう思いました^^

犯人はもう見えてきましたが、祥の過去とこの事件がどう関わっているのか、肝心な所が見えないまま次回に持ち越されてしまいました。
そして葉鳥がとんでもないことになってしまい、よりにもよってここで…!? なところで終わってしまって、やっと新藤とのすれ違いが解消されてふたりに幸せが訪れそうな雰囲気だったのに、もう、彼が無事新藤のもとへ戻れることをひたすら祈るばかり。
っていうか4巻出るまで待てません! 早く来てくれ、27日ーーー!!!


「ダブル・バインド」シリーズ
 ・「ダブル・バインド」
 ・「ダブル・バインド」2
 ・「ダブル・バインド」3
 ・「ダブル・バインド」4
 ・番外編「存在理由」(英田サキスペシャル小冊子収録)
 ・「アウトフェイス ダブル・バインド外伝」(葉鳥&新藤の外伝)

「ダブル・バインド」2 英田サキ / ill.葛西リカコ

謎の餓死死体遺棄事件を機に、高校時代の後輩で臨床心理士の瀬名と再会した警視庁刑事の上條。 変貌を遂げた瀬名との距離に戸惑いつつ捜査を続けていたが、ついに第二の餓死死体が発見され、 事件は連続殺人へと切り替わる──。猟奇的な遺体に隠れた犯人の正体は!? 一方、瀬名の従兄で 東誠会若頭の新藤とその愛人・葉鳥も、同じく犯人を追うが……!? 警視庁刑事×臨床心理士、英田サキが放つ大人気心理ミステリー待望の続編!急展開のシリーズ第2弾!

英田さん渾身のシリーズ「ダブル・バインド」第二弾です!

行方不明だったチンピラ・鈴村が餓死死体で発見されたことでこれが同一犯による殺人事件であることがはっきりし、上條ら警察側と独自に動く東誠会の葉鳥とが犯人を追う展開に。
そして今回は、上條と瀬名に比重の多かった前回に比べ葉鳥を中心に東誠会側も多くクローズアップされており、この作品が上條×瀬名と新藤×葉鳥のふたつのカプのお話なんだと思い至りました。それを考えると、作中で瀬名が説明してもいるタイトルの「ダブル・バインド」はなかなか意味深ですね。
そんな二組のカプたちの話を、事件に絡めながら巧みに展開させているのはさすが。そして更に込みいっていく内容でキャラが多いにも関わらず、構成がとてもしっかりしているのでごちゃごちゃすることなく読みやすいです。

前回はまだまだお話の序章で本格的な始動はこれから、みたいな印象でしたが今回は事件も上條たちの関係も大きく動きます。あれだけ「俺はホモじゃない」とか言いまくっていた上條、ついに瀬名と恋人の関係に!…とはいえ瀬名が日本にいるまでという期間限定ではありますが。そこをどう打開していくのか見ものです(笑)
瀬名はといえば相変わらず恋人になってもツンツンしていて(いや上條も一言多いですけど;)、そんな風に素直じゃない、というか他人になかなか心を許さないようになってしまったのは、かつて新藤に見捨てられた時に残った傷の深さためなんですね。誰かを愛して心を許してまた同じように傷つきたくないという自己防衛、といいますか。
そうなるくらい傷ついたのだし繊細なんだろうけれども、そんな彼にそのままじゃいかんよ、新しい恋をしろよと説教した上條に酒を浴びせるっていうのは大人気ない(笑)。何だか今回、あの場面がいちばん印象に残ってしまいました(笑)。
しかも酔っ払ったら途端に…(笑)。
そんな瀬名の言動を見ていたら、條が心理学なんて勉強しすぎるものじゃないなと思うのに激しく同意してしまいました。
その瀬名と似た自己防衛をして己を守っているようにも見えるのが葉鳥。派手で度胸もあるので一見そんな風には見えないけれども、彼はけっこう危ういバランスの上に成り立っているんだなぁと。
そんな葉鳥が自分を新藤の愛人ではなくて恋人と思えるようになる日が来ればいいんですが、このふたりの関係は上條と瀬名よりも複雑なものかもしれませんねぇ…。でも、新藤は葉鳥をちゃんと想っているようだし新藤の愛娘にすっかり懐かれている葉鳥の姿を見ると、彼の帰る場所はもうしっかり存在しているじゃないかと思い、このふたりの未来は決して悪くはないはず、と思えてきます。
事件の方はもっと迷宮化していくかと思いきや段々全容が浮かんできました。犯人かもしれない、あるいは事件に関わっているかもしれないなーと思う怪しい人物がふたりいて、どっちなんだろうかと思っていたりします。でも実はぜんぜん違う線からとんでもない事実が浮上してきたりして。そしてこの事件に、祥とその別の人格であるケイとがどのくらい関わっているのかも気になるところ。

このままあと2冊、ぐいぐい読ませる展開を見せてくれるんだろうなと期待しながら3巻目を手に取ります(笑)。


「ダブル・バインド」シリーズ
 ・「ダブル・バインド」
 ・「ダブル・バインド」2
 ・「ダブル・バインド」3
 ・「ダブル・バインド」4
 ・番外編「存在理由」(英田サキスペシャル小冊子収録)
 ・「アウトフェイス ダブル・バインド外伝」(葉鳥&新藤の外伝)

「ダブル・バインド」 英田サキ / ill.葛西リカコ

夢の島で猟奇的な餓死死体が発見された!? 捜査を担当することになったのは警視庁刑事の上條嘉成。鍵を握るのは第一発見者の少年だ。ところが保護者として現れたのは、臨床心理士の瀬名智秋。なんと上條が高校時代に可愛がっていた後輩だった!!変貌を遂げた瀬名との再会に驚く上條だが…!? 謎の連続殺人を機に一度終わったはずの男達の運命が交錯する―英田サキ渾身の新シリーズ!!

積読状態だった英田さんの新シリーズ「ダブル・バインド」、読み始めました。一巻目でお話が一区切りしていない様子だったので、そういうのの続きが気になる私は全巻揃えてから読もうと思っていて、今月末に最終巻が出るというのでやっと手に取ったのでした。
「エス」みたいなハードコアな作品かなと思っていたら、あちらよりも親しみやすい印象。
そして、想像以上の面白さ!
読み終えて、やっぱりまとめて読む方針で間違っていなかったと思いました(笑)。

河川敷で発見された猟奇的な餓死死体。警視庁刑事の上條(攻)は殺人事件の臭いのするこの事件について捜査するため第一発見者の少年・祥を事情徴収するのですが、祥の保護者として姿を現したのは、高校時代に可愛がっていた後輩の瀬名(受)だった。瀬名は現在臨床心理士をしていて、いわゆる多重人格者である祥を担当していたんですね。でも16年ぶりに再会した瀬名にはかつての華奢で内向的にな美少年だった面影はなく、素っ気なくて可愛げのない美貌の男に変わっており、上條は以外に思うと同時に少し寂しさを覚える。
手がかりを知るかもしれない唯一の存在・祥が多重人格者だということもあって、事件の捜査は思うように進まない。捜査本部に焦燥感が漂い始めた頃、大物代議士の息子で今はヤクザ東誠会の構成員となっている青年が失踪するという事件が起こり、上條はこれがどうも河川敷の餓死死体の事件と繋がっているらしいと気が付く。更には東誠会までもが動き出す。
そんな中上條は東誠会の会長・新藤が実は瀬名の従兄であることを知り、更にふたりの関係が従兄弟同士のそれだけではないらしいことにも感付きます。そしてなぜか、そのことがとても気になっていく。

単純に推理モノとしても面白いんですけれど、この作品はなんといってもキャラが激ツボ。
上條は飄々としているけれども肝心なところには目の利くタイプのバツイチオヤジで、瀬名はゲイで多くのセフレを作っているような面もあるツンツンクール。
このふたりはお互いにかつての先輩後輩の関係を超えて、知らず知らず惹かれ合っていきます。とはいえまだ成り行き上のキスと添い寝止まりで、ふたりには甘い感じもエロもないです。が、オヤジな上條とツンツンな瀬名のやり取りに妙に萌える部分が多かったり、キスを迫る瀬名が色気ダダ漏れだったりでBLとして物足りない、という感じは全くしませんでした。この絶妙なバランス、さすが英田さん! といったところでしょうか。
それにしても上條の、自分が男に恋していることを「俺はホモじゃない」と繰り返して執拗に認めようとしない(笑)ところなんか、高校時代の瀬名に見とれていたという時点でアウトだろ、と思ってしまった(笑)。
この他サブキャラたちもそれぞれに個性に富んでいて、特に新藤の愛人の葉鳥とか、やんちゃで意外と頭は切れる器用そうな外面とは裏腹に案外強がりというか素直じゃない感じがいいですね。
あと、わりと上條視点でお話が進んでいくのが攻め視点のBLが大好きな私にはツボでした。その上條と部下とのコントみたいなやり取りとか可笑しすぎて、こういうお話の本筋と関係ないところなんかも好き。

事件は解決するどころかさらなる悲劇を呼んでいるし上條と瀬名の関係もまだまだこれからといった印象で、この一冊目はシリーズの導入部みたいな感じです。そしてこんなことろで終わるの?! な終わり方をしていて、やっぱりシリーズ完結まで待っておいて良かったとしみじみ思いました(笑)。
ともかくまだまだ始まったばかりで二人の関係にも甘さはないけれど、事件そのものだけを追っていても充分面白いし続きはもの凄く気になります。今後の展開次第では、これ、「エス」を超えるかも…、と一人勝手に期待しまくりです。
前の「DEADLOCK」が現実味のないド派手なハリウッド映画みたいで個人的にあんまり合わなかったので、英田さんの次のシリースは日本が舞台のものならいいなぁと思っていたりもしましたので、このヒットは嬉しいです(笑)。
そして目下、犯人と共通する「黒ぶちメガネ」が気になって仕方がないです。もしそうなら祥が危ないんじゃあ…;
ああー、続きを読もうーー
というわけで今後への期待もこめて、評価は☆5つ!


「ダブル・バインド」シリーズ
 ・「ダブル・バインド」
 ・「ダブル・バインド」2
 ・「ダブル・バインド」3
 ・「ダブル・バインド」4
 ・番外編「存在理由」(英田サキスペシャル小冊子収録)
 ・「アウトフェイス ダブル・バインド外伝」(葉鳥&新藤の外伝)