calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「恋襲ね」 小林典雅 / ill.円陣闇丸

友である麻谷冬野を想いながらも、殿の寵童となることを余儀なくされた叶鮎之介。殿の側用人高辻直方に閨房術を指南され、決死の思いで殿の閨に侍るが、内実、寵童とは名ばかりのただの淫具にすぎなかった。そこへさらなる悲劇が襲いかかり、懸命に耐え忍んでいた鮎之介の心が折れかける。とその時、直方が思いもかけぬ告白をしてきて…。お道具調教、擬似プレイ、攻一人×受二人の3P(百合プレイつき)、正統派H、お仕置きソフトSM、攻二人×受一人の本命3P(二輪挿し)―。小林作品他に類を見ない官能度。男たちの純粋で糜爛な恋。

今月はさっぱり更新できてなくてすみません。。
ちょっと、公私共に余裕のない半月を送ってました…。もうほんとに、決算のこの時期にデータ読まないとかまぢやめて。。XPはもう限界なんだろうなってわかっちゃいるけど。。
そんなきりきり舞いの日々の中、ずーっと読んでました。小林典雅さんの初BLACK初時代物。
そんでもって、私も小林さんこれが初読みです。
コメディ風のお話が人気の作家さんだからでしょうか、何かいまひとつでした。

藩士の次男坊の鮎之介(受)は、本人は無自覚ですが美貌の持ち主。
それが元で殿の色小姓として側に上がることになり、藩校でともに学んでいた幼馴染みの冬野(攻1)への恋心を秘めたまま、鮎之介は殿の側近の直方(攻2)によって性戯を教え込まれる日々を送っています。
しかし殿には長く寵愛している佐夜之進がおり、鮎之介は佐夜之進がいずれ身を引くことになる自分の代わりとして召し出されたことを知ります。鮎之介が寝所に上がるようになっても、佐夜之進しか寵愛していない殿は鮎之介に関心を向けることはなく、鮎之介はただ玩具のように扱われ続けます。
辛いばかりのお勤めに苦しむ鮎之介でしたが、更には殿の奥方の嫉妬が向き、そのとばっちりで殿の毒殺疑惑を掛けられてしまい山寺に蟄居することになってしまう。
失意に沈む鮎之介でしたが側に着いてきた直方から思いもしなかった恋心を告げられて、もう冬野に会うこともないのならと身を委ねますが、直後にその冬野が姿を現して…。

主人公が色小姓として意に染まないまま殿に侍ることになる前半と、毒殺犯の疑惑を掛けられて寺に籠もることになり想い人ふたりから言い寄られ…な後半の二部構成といった感じでしょうか。
その中に、道具を使っての調教、珍しい攻一人×受二人の3P+百合プレイ、攻二人×受一人の3Pと二輪差しなどなど、これでもかとエロなシチュが出てきます。
カプが入り混じっての?3Pはバリエーションにとんでいると言えば富んでいるので、3P好きな人は愉しめるかと。

…なんですけど、色々気になったり乗りきれなかったりした部分が多くて、個人的には思っていたほどのめり込めなかったです。

まず、文章が読みにくい。
台詞が長い…というか、必要以上に説明的で、小説の醍醐味(だと個人的に思う)である語りきらずとも行間から読み取る…みたいなところが一切ない感じです。
ほんと、そこまで説明してくれんでええよと突っ込みたくなるような饒舌さ。危急の時に人はそこまで整然とものを喋れるのか? とか思ってしまいました。
それが台詞のみならず地文も"Aは○○して(☓☓)と思い、「△△」とBに言ったが…"みたいな調子なので、くどいというか、あーこれは文体が合わない…と。。
こういう文体が売りの作家さんなのでしょか?
本来の持ち味であるらしいコメディならまた違った印象になるのかもしれませんが、このお話ではちょっと…;

そして何より、時代ものっぽい雰囲気は出ていると思うんですが、…月代NGって(涙)。
地元のチャンネルでやってる懐かしい時代劇見ては若き日のマツ○ンの月代姿にときめいている(笑)私には、月代は高い萌ポイントなのに。。そんなにBL的にはダメなんですか…(涙)。
奥方はこれでもかと武家女性の正装させているくせに、なぜに??
主要3人は無理としても、殿は月代でよかったのでは。。っていうか、参勤交代しているクラスの大名設定なら、江戸で月代してないってそれ、改易ものの悪目立ちじゃないかと思ったのは私だけ? 
…ダメだ、いちいち気になってお話に入っていけない。。こんな中途半端ななんちゃってにするくらいなら、江戸時代設定やめてほしかったです。

あとは、キャラがあまり好きになれなかったです。
何より鮎之介がただ流されているだけの優柔不断にしか見えないです。冬野に愛を誓っておきながら、殿に優しくされたら途端にときめいていたり、直方に言い寄られればあっさりとなびいてしまったり。
いくら自分ではどうにもならないものに運命を翻弄されてしまうからといって、武士の子ならもうちょっと気概を持ってくれよと。このお話の目指しているのが3Pだとわかっていても、これでは興醒めもいいところです。
最後の冬野と直方との3Pではふたりを手玉にとっているのが、何だか凄く唐突に見えてしまって気になりました。どうせなら、最初からそんな感じだったらよかったのに。。
それから、無神経すぎる殿と佐夜之進のカプがイヤ(笑)。
いやこの人たちがいなければ始まらないお話なのはわかってますが、結局あんたらの痴話喧嘩が原因でこんなことに…と、どーにも釈然とせず。。
殿にただの穴として扱われた挙句に(ここの描写、BLでは珍しく愛がなくてびっくり)、愛し合うふたりを見せ付けられている鮎之介がすごく気の毒でした。
女は悪役にしかならないのがBLのデフォとはいえ、奥方ひとりが理解不能なほど酷い人物になってしまっている側で、男たちは誰もがいい人すぎるのも何かいやでした。もしかしてスピンオフ狙ってる?
でも、冬野と直方の二人は好きです。
だからもうちょい彼らが活躍してくれたらよかったのになーと思わずにいられません。ほんと後半にならないとおいしいことにはならないですからね。。
最後の3Pで、冬野に嫉妬した直方がさっさとイってしまえ(そして鮎之介から離れろ)と鮎之介とまとめて冬野まで責めているシーンに萌えました(笑)。このお話、もうここだけで十分です(爆)。

初のBLACKに挑戦したものの、作家さん本来の持ち味が生かし切れない印象が強かったです。
そして、満足のいく時代ものBLには中々巡り会えなさそう…。とにかく、月代禁止令がいつか解かれますように…!←

「erotica」 榎田尤利

評価:
榎田 尤利
(2012-08-20)

大人気小説家・榎田尤利が『エロティック』をテーマに描く、3P、SM、極道、●●●●など、いろんなHがたっぷり詰まった贅沢な【エロ特化】初短編集!! 中村明日美子のカバーイラストをはじめ、今市子、えすとえむ、円陣闇丸、鬼嶋兵伍、腰乃、豪華美麗イラスト陣が、華を添える★

「エロティック」をテーマにした榎田さんの短篇集。
べつだん榎田さんファンというわけでもないのでどうしようか悩んでいたんですけれど、リブレさんのアンケート結果を見たら何と「リバ」が堂々の一位を獲得しているのを発見、購入です(笑)。
その「リバもの」を描いた「ストロベリー」はじめ、書き下ろし3作と既に雑誌などで発表されている3作品の収録。榎田さんの他では見られない書き下ろしエロ特化作品集かと思っていたので、書き下ろしが3作品というのはちょっと肩透かしでしたが、読み応えはばっちり。
因みにイラストは各作品とも表紙1枚のみ。中村明日美子さんのモノクロは「エロとじ」と全く同じなので、明日美子ファンには物足りないかも?

「痛い靴」 ill.えすとえむ
★★★☆☆ ※合同同人誌「エロチカ」掲載
ハイヒールに赤いペティキュアに足の剃毛…と書いたら足フェチもののようですが(いやそうなんですが)、シチュとしてはSMと言った方がしっくりくる内容。けっこうイタイです。
生真面目な日高(受)が変態的な嗜好を持つ上司の久我(攻)に執着され陥れられ、気が付かたらその虜になってしまうお話で、上に挙げたようなプレイの数々が登場します。

慣れないヒールを強制的に履かされた日高が靴擦れするシーンもイタイですが、ローターが入った状態で攻められるシーンの恐怖ときたらその比じゃなかったです。描かれ方が怖いんだもん…。
そんな鞭や拘束具も登場しないのにばっちりSMな内容ですが、いかんせん「モノ」単体に萌えるフェティッシュな嗜好はないので、このお話はあまり合わなかったです。

「ストロベリー」 ill.腰乃
★★★★☆ ※書き下ろし
リーマン×リーマンのリバもの。
篠田(受)と舘野(攻)は付き合い始めて1年目を迎えるカップル。けれどもある誤解がきっかけで、篠田は近いうちに舘野に捨てられるかもしれないと思っている。ならば今日だけは自分の好きなことをしようと、篠田は舘野を…!
…という展開でリバになるお話ですが、私みたいなリバ大好き人間は美味しく(笑)、けれどもこういうのがダメな方でも無理なく受け入れられる内容だと思いました。
まず、篠田も舘野も、どっちもがどっちでもいけそうな雰囲気なのです。決して「攻め×攻め」というのではなくて、何というのかな、受けが意外に男で攻めにはけっこうスキがある感じ(笑)。
ふたりそれぞれの一人称で交互にお話が語られて、それが何処となくコミカルなのも読みやすさの一因かも。とにかくふたりが可愛いいのです!
この先も、時々は交代したりしちゃうといいですね(笑)。

ところで他の作品のイラストが作品をイメージした一枚絵な中、腰乃さんのイラストはお話の各シーンを1枚の中にぎゅっと詰め込んでくれているという大判振る舞い! 他でもない「リバもの」だからこその嬉しいさでした♪
それにしても、アンケートで堂々一位を取っちゃうくらいはリバ需要はあるってことですよね!? なのに中々見られないのは、出版する側のNGコードってことなんでしょうか。
リバの何が「NG」なのか分からないんですが、もっと増えてほしいと願ってやみません!!

「10×3」 ill.円陣闇丸
★★★☆☆ ※書き下ろし
ヤクザ×顧問弁護士+舎弟の3Pもの。
ヤクザの辻(受)は大の女好きで、危険な色恋に燃える質の男。その辻が組長の娘を相手にスリルを味わおうとしていたところを組の顧問弁護士の財津(攻1)に見られ、口止め料として財津に躰を求められます。
辻は男らしくそれを受けるのですが(笑)、何故か自分の舎弟・菊池(攻2)まで現れて、二人がかりで躰を弄ばれてしまう。
ヤクザものとはいうものの、ヤクザをめぐる3Pお話(笑)なので痛い雰囲気はないです。辻がヤクザらしく男っぽくて女好きなのがいい味を出しています。対する財津は怜悧なタイプで、菊池はワンコです。
菊池はサイズ的にまだムリだという判断(笑)で最期までやってないっていうのが、ヘンにツボに来ました。

お話としては面白かったんですけど、正直、本書の中でこれがいちばん凡庸に見えました。
ちょっともう3Pはありきたり感が拭えないです。。
榎田作品としてはなかなか見られないシチュかもしれませんが、もはやBLで3Pは珍しくもないですよ…。
どうせ書き下ろすのなら、アンケートで挙がっているものや他では見られないものを取り上げてほしかったです。

「カルメン」 ill.鬼嶋兵伍
★★★★☆ ※小説b−Boy2009年7月号掲載
女装もの…ですが、女装するのは可愛い受けではなくてマッチョな攻めの方だった(!)というびっくりなお話(笑)。
小柄なことを気にして密かに筋トレを趣味にしている千歳(受)は、新しく入ってきた会社の後輩の桐生(攻)にコンプレックスを抱いています。
桐生は、千歳が羨む長身と立派な筋肉をまとった男。近くにいるだけでも劣等感を刺激されるのに、なぜか桐生は千歳に必要以上に懐いてくる。
その桐生がゲイであることを知り、更に千歳を好きだと告げられ千歳は困惑しますが、桐生が秘密であるドラァグクイーン姿で千歳の前に現れて…。

BLで女装といったら美しかったり可愛かったりする受けがするものと相場が決まっていますが、それを敢えて攻めにさせているのが面白かったです。しかもただの攻めではない、身長186僂離泪奪船臾醢困任垢茵(笑)
女装ものってBLジャンルの中でも群を抜いて興味が無いんですけれど(汗)、この意外性にはやられてしまいました(笑)。
そしてそんな奇抜な趣味を持った攻めが、受けの前では完全に年下ワンコなので可愛らしさもあってあまり違和感を感じさせないのがまたいいです。
そしてお互いに素の自分をさらけ出せるようになるのには、じんわりきました。
あとあと! まさに適所適材な鬼嶋兵伍さんのイラストに拍手です!

「クリスタル」 ill.中村明日美子
★★★★☆ ※アンソロジー「エロとじ」掲載
密室+スカ○ロプレイ(!)

父親の経営する会社の跡取りとして27歳の若さで取締役の立場にある狩野(攻)は、秘書の芳原(受)とともに故障したエレベーターの中に閉じ込められてしまいます。
怜悧な芳原とは若い頃からの仲で、彼に認められたくて狩野はこれまで努力を重ねてきていたのですが、ちょっとした勘違いが元で芳原に不審感を抱いている―そんな微妙な関係にある相手と思わぬ事態に陥ったことで、狩野の嗜虐心がくすぐられます。
しかも、芳原が尿意を堪えていることに気付いて…。

単純に「エロさ」でいうならこれがいちばんエロかったかもしれない。
スカ○ロというか放尿プレイで絶頂という感じです(笑)。
でもそれだけではなく、短編にもかかわらず切なさやキュンとくるもどかしさまであるのだから凄いですね。そいうい部分があるからこそ、際どいプレイも受け入れられるというか。
これは、キャラふたりに愛着や共感が持てたからこそエロスも倍増した作品かもしれません。

「書生の戀」 ill.今市子
★★★★☆ ※書き下ろし
戦争前夜〜戦中の昭和を舞台にした小説家×書生の、本書では唯一のプラトニックな内容。
作家の廿楽の元に、ある熱心な文学青年からの熱烈な手紙が届きます。手紙の中には青年・松岡の習作も同封されていて、廿楽は最初は文学青年にはありがちなこと程度に思っていましたが、徐々に松岡の習作にそして手紙に没頭していきます。
ふたりは互いに逢うこともないまま書簡のみの不思議な交流を続けていくのですが、徐々に不穏な気配を漂わせ始めた時代に、ふたりも呑み込まれてしまう。

本作は松岡が廿楽に宛てた手紙と彼の習作、そして廿楽の日記のみで構成された、いわゆる「書簡小説」のスタイルです。一応ラストに「現代」という視点が出てきますが、本編はあくまで書簡小説。
書簡小説には、書簡と書簡の「間」があるんですね。でもそこは描かれないから、読んでいるこちら側はそこに何があったのか、人物の感情がどう動いたのか想像してしまう。
この作品にはその「見えてこない」部分へのもどかしさがどんどん募って、そこにエロティックな気配が漂います。
そして何より巧みだな〜と思ったのは、松岡の習作の扱いです。
手紙の内容だけで、松岡が廿楽に熱心なファン以上の想いを抱いているのは伝わってきます。松岡は手紙でそれを直接語りませんが、習作で激情を綴っている。
そしてそれに気が付き困惑しつつも受け入れようとする廿楽も、やはり直接ではなく彼の物語の続きを書く形でそれを告げている。
書簡小説ならではの、もの凄くエロティックな行為だと思いました。

時代背景を思えば多分そうなるんだろうなという予想はついたんですが…、途中で読むのが辛くなってしまったほどです。
ラスト、廿楽の子孫が全てを見届けるシーンはいいなと思っていたんですが、何も彼までそうじゃなくても…な部分が個人的にマイナス。これで、それこそ純文学を読んでいたような気分が一気にBLになってしまった感じがして、何だか惜しいと思ってしまいました。

…というわけで、それぞれにティストの違う作品の味わえる贅沢な短編集でした。
装丁もBLらしからぬハイセンスぶり(笑)。きれいなので大好きです。
ただ、本体の紙質かしっかりしていて全体に重いわりに見返しが2枚とも遊んでいるので、本体表紙が折れそうというか脆い感じがして何だか残念。せっかくここまでデザインの凝った装丁に仕上げそれなりのお値段にするのなら、そこもしっかりしてほしかったなー。

「まばたきを三回」 凪良ゆう / ill.円陣闇丸

幼馴染で恋人の四ノ宮 令が事故で亡くなって二年、斎藤一佳は山間の田舎町で一人静かに暮らしていた。一日の終わりには令の住んでいた家に行き、その日の出来事を彼に語りかける。孤独を紛らわす一佳の習慣だった。ある日、いつものように令の部屋にいた一佳は突然大きな揺れに襲われる。そして次の瞬間、驚きに息を呑んだ。目の前に令が立っていたのだ。綺麗で意地っ張りなままの、幽霊となった令が――。

あらすじを読んだ時に、恋人が亡くなっていて幽霊って一体どういう作品なんだろうかと期待半分不安半分だった凪良さんの新刊。とてもいいお話でしたが、すごく評価の難しい一冊でもありました。
因みにちゃんとハッピーエンドで終わるお話ですので、あらずじで不安になっている方はご安心下さい。

田舎で陶芸家として生計を立てている一佳(攻)は、2年前に最愛の恋人・令(受)を事故で亡くしてから抜け殻のようになっています。ある時地震に見舞われた一佳の前に、幽霊となった令が現れて―。
…というプロローグから始まる幽霊が出てくるお話ですが、ホラーテイストではないです。そしてファンタジーですがエンタメ系の内容でもなくて、これまでの凪良さんの作品が好きな人ならきっと好きになれるお話だと思います。

一佳は令のみならず肉親を全て喪っていて、若くして天涯孤独という哀しい境遇にあります。けれども昔から前向きで誰に対しても優しくて暖かい性格の持ち主。
令はそんな一佳とは逆に、資産家の息子で美しい容姿をしていますが不器用で素直ではないタイプ。
BLとしては衝撃のプロローグの後、お話はそんな彼らが出会った9歳の頃まで遡りふたりが恋人同士になって行く様子を描き出して現在に至るのですが、想像もしていなかった予想外の展開が待っています。
令に関してはいつまでも「そう」だと言い切られなかったのでだぶんこうなんじゃないかなと予想できて、なのでそれに沿ったかたちでハッピーエンドなのかなと思っていたら、見事に裏切られました。凪良さん凄すぎます!
そういうわけで私は作者が巧みに張り巡らせている罠にかかってそこに至るまでまるで気が付きませんでしがたが、勘の良い人なら丁寧に読めば気が付くかもしれませんね。

ノスタルジーに溢れる舞台設定や田舎で陶芸暮らしとか、悪人がひとりも出てこないとか、お話を覆う雰囲気は現実とは絶対違う理想化されたもののはずなのに、そこでシラケたりしないのは凪良さんの上手さだと思います。
そのある種の「リアリティのなさ」が、このありえない、ある意味完全ファンタジーな物語を「ありえそうな話」にしているというか、そんな感じでした。

ラストはきれいなハッピーエンドですが、私はエピローグ以降はなくてもいいと思いました。途中から頭の隅で予想できていた通りのラストで、意外な展開を繰り広げてくれたここまでの内容に、私なぞの頭で想像ができてしまうようなありきたりな終わり方に物足りないものを感じました。ただ「泣ける」だけの作品になってしまっているというか、あのまま終わったほうが作品としての完成度は高かった気がします。
手紙の部分もじわんときましたが、小説であるなら小説でしか表せない文章を用いて表現してほしかったです。凪良さんの表現力をもってすればきっと素晴らしいものになると思うので、余計にそう思いました。

でもまぁ、これはBLで読み手のほとんどがこういうラストを求めているのでしょうね。
で、エピローグなしであのまま終わっていたなら、BLとは違う風合いの作品になっていた気がします。私はその「BLではない」ところに期待してしまったのです。。
そしてこの作品の面白さは、BLに求める萌えがあるとかないとかそいういうところじゃなくて、これ、もしかしたら一般文芸(それこそエンタメではなく純文学よりの)だったら良かったのかもと思ってしまいました。
でも、エピローグなしで終わっていたら一佳がとても孤独な人になってしまっていたことに気が付いて、やっぱりそうならなくて良かったんだとも思ってしまいました。一貫性のない人間ですね〜;スミマセン;;

とか何とか言いつつも、本編後のショート「夏より」はこれ単体でも凄くいいお話で、ふたりのあの結末はありだと思ってしまいました。
ええ、またうっかり凪良さんの策略にかかってしまいました(笑)。こっちはさすがに途中でもしかしてと気が付きましたけれど。

ふたりの結末に泣けたというよりは、作中のほんの些細な部分に涙腺を緩められた作品でした。そういうさりげない部分に「温かさ」や「愛情」がこもっているなーと思いました。

小説リンクス 2012年4月号

普段雑誌は読まないんですが、全サ応募のために購入です。そして買ったからには全部読んでしまう(貧乏性なので)。

今月の特集は「相棒」。
…相棒。とっても好きですこの響き(笑)。でもこれ映画やドラマの世界で見たらめちゃくちゃオイシイんですけれど、BLになってしまうと何だかおいしさが半減してしまう。。
何故だと考えて、要するに私は相棒関係にある男たちのニアホモっぽさに萌えているんだなーと。BLだと、本当にデキてしまっちゃうから魅力が半減してしまうのですね。
というわけで、巻頭特集はそれほどでもありませんでした;

以下、小説と漫画の感想です。

◇ 小 説 ◇

「ファラフェイ(前編)」 英田サキ / ill.円陣闇丸
 ★★☆☆☆
…相棒特集号だからてっきり刑事とかが出てくる内容だと期待したのに、何故かファンタジー;
高級ホテルで清掃アルバイトをしている珠樹(受)は宿泊していた高飛車な世界的セレブのユージン(攻)とひょんなことで顔見知りになり…、といういつもの英田さんらしからぬ突飛な始まりにまず躊躇い、最後の最後で悪魔って…。
これ本当に英田さん?! …な作品でした;全サ企画の他ではこれに期待していたんですけれども私にはちょっと合わなかったです。次号の後編に続くので最後まで読んだら印象変わるのでしょうかね? とりあえず一冊にまとまるのを待ちます。
円陣さんのイラストが見開きカラーのみっていうのも残念でした。

「永田町の常識では」 深沢梨絵 / ill.香咲
 ★★★☆☆
急死した父親の看板を引き継ぐかたちで議員になった直人(受)ですが、お坊ちゃん育ちでそれまでメディア業界で仕事をしてきた華やかな性格のために悪戦苦闘。生真面目な秘書・木佐貫(攻)の下で父のかつての仕事を見ていくうちに変化が現れますが、それと同じく木佐貫への気持も変わっていき―というお話。
政治的なやり取りにページが多く取られていて、ふたりが近付いていく過程の説明が不足していた気がします。そのためにふたりができちゃう必然性があまり感じられなかったのが残念。

「夜を越えていく」 高塔望生 / ill.乃一ミクロ
 ★★★☆☆
警視庁の刑事もので相棒ものです。
憧れの捜査一課に異動した倉科(受)は、厄介者扱いされている反町(攻)とコンビを組まされ振り回され、気が付いたら恋をしていて…な展開で、何故ふたりの関係が恋愛になったのかがちょっと突飛だった気がします。事件の謎解きはなかなか面白かったんですけれども、BLだからくっついた感が強いなーと思いました。

「眠り姫とチョコレート」 佐倉朱里 / ill.青山十三
 ★★★☆☆
バーを経営する黒田(受)はオネエなキャラで常連たちの世話を焼いているいいひとだけれども、実はその裏にある素顔をさらせない臆病な性格。ある時バーでシェフとして働く関口(攻)にオーナーとシェフ以上の関係になろうと迫られますが、黒田の性格がそうはさせず…。
黒田のオネエキャラは新鮮だったのですが、何か足りないんですよねぇ…。
黒田が誰とも付き合ったことがないくらい世間体を気にしているのは、それだけの理由があるんだろうと思ったのにたいしたことなかったり、そんなに親に引け目を感じているならそもそもゲイバーの経営とかするかなぁとキャラ付けが中途半端な気がしなくもなかったです。
これ「唇にコルト」のスピンオフのようで、朝南かつみさんのイラストで見られないのが哀しいです…。

「キミにつながる恋の手錠」 御月幸 / ill.なるせいさ
 ★★☆☆☆
大学生の希(受)は飲み会で女装させられた翌日、見知らぬ男の部屋で手錠につながれた状態で目が覚める。由隆(攻)と名乗った部屋の主は女性がまるでダメなゲイで、自分の婚約者のふりをしろと脅してきて…。
読んでいて作家さん若いんだろうなと思いました。
攻めも受けも若くて年とった私にはちょっとついていけない、というか萌えられなかったです;
主人公が大学のどうしようもない同級生たちの間で孤独を覚える描写は上手いなと思ったんですが、後半がドタバタご都合主義な感じなのも残念。

「夏の雪」 葵居ゆゆ / ill.雨澄ノカ
 ★★★★★
これが今号でいちばん好きです。
弟を交通事故で亡くして以来家に居場所のない高校生の冬(受)は、喜雨(攻)という男との出会いをきっかけに、徐々に変わっていきますが…。
主人公が薄幸の少年だったり攻めとかなり歳の差があったり、設定だけで見ると好みじゃないタイプのお話しなのに、全体に流れというるノスタルジックな雰囲気とか、じんわりと心に滲みました。
そして冬と喜雨のその後はもちろん冬の家族のこととか脇キャラたちの恋の行方とか未解決なままのことが多くて、すごく続きを読みたいと思った作品でした。
猫のまあこに癒されました(笑)

「君とみる夜明けの空」 篁麗子 / ill.かつらぎ
 ★★★★☆
智巳(受)は自分にも他人にも完璧を求めるタイプで会社の同僚や部下から冷たい人間だと思われていますが、実は捨てられていた犬を拾ってしまうような優しい顔を持っています。彼の日々の楽しみは、拾ったまま飼っている犬のハルとの触れ合いと、秘かに恋している係りつけの獣医・宇多川(攻)と会うこと。
最初ヤなヤツだなーと思った智巳が、実はとても不器用な優しい心の持ち主だとわかった途端にかわいい! と思ってしまいました(笑)。宇多川も智巳に気があることは読んでいる側には早い段階でわかるので、幸せになってくれー! と応援せずにはいられなかったです(笑)。
最初はリーマンが主役のお話しにしてはほのぼのしすぎなんじゃないのか思ったイラストも、最後にはぴったりしていると感じられました。
そして今度は犬のハルに癒されてしまいました(笑)

「オトナの本音」 火崎勇 / ill.緒田涼歌
 ★★★★☆
これも警視庁の刑事同士の相棒ものですが、受けが事件被害者の身内という意外な設定がスパイスになって、事件も恋愛面も面白く追うことができました。火崎さんさすが。
ラストはちょっと勢いのまますぎるだろーと思ってしまいましたが、弟くんは最初から兄を好きだったと思うので(笑)、今後は攻めと火花を散らしたりするのかなと思ってしまいました(笑)。そういうのを見てみたいです(笑)。

◇ 漫 画 ◇

「サトウくんのお宅訪問」 端縁子
 ★★★★★
ものすごく面白かったです!
究極の甘党の主人公が擬人化したむしばに犯され…というテンデモな展開なんですけれども、かわいいオネエ系(でいいのかな??)と見せかけてドSなむしばのキャラが個人的に激ツボ(笑)。だってこういうの、ありそうでないじゃないですか!
端さん、イラストでは幼い感じが気になってちょっと苦手だったんですけれど(汗)、漫画だとこんなはっちゃけたのを描いちゃうんですね(笑)。これからは要チェックな作家さんになりそうです(笑)。

「騎士と誓いの花(第6回)」 九重シャム / 原作:六青ミツミ
最初の方を読んでない、原作も読んでいないので飛ばします;

「もう一度くちづけて」 長門えりか
 ★★☆☆☆
大正期の執事×病に臥している主人もの…なのですが、受けのモノローグで進んでいく全体の雰囲気がちょっと合いませんでした…;そして病気のことを考えると、切なくなってしまいます。

特集の「相棒」関連は(個人的な好みもあって)ふつうかなという感じですが、意外な発見もあったりと、全体としてはけっこう愉しめる内容でした。