calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「蝶宮殿の伽人」 沙野風結子 / ill.稲荷家房之介

「せいぜい俺を愉しませるといい」学生時代から恋情を抱く友人・ベノール王国の第一王子であるナイルスに請われ、王国に赴いた望。そこで頼まれたのは、離宮に囚われた第四王子・ムスタファの無聊を慰める仕事だった。鬱屈に荒んだムスタファは手負いの獣のようで、淫らな行為をも強いる。初めはナイルスの役に立ちたい一心だったが、ムスタファの優しさを垣間見るうちほだされていき―。想う男と戯れを許す男―二人の王子の間で心は惑い…?囚われの王子と美貌の翻訳家―淫靡なアラビアンロマンス。

2008年にアルルノベルズから出た「蝶宮殿の王子様」の改題新装版。
囚われの身のアラブの王子様×日本人翻訳家の、沙野さん初のアラブものです。
前に何かの新装版で沙野さんが「新装版でタイトルが変更になっているものは内容も大幅に変わっています」的なことを言われていましたので、けっこうな変更があるのかなと思いきや、そんなに変わっている印象はなかったです。
書き下ろしのSS「蝶宮殿の魔人」も収録されて、ボリューム感はたっぷりです。

私、BLでアラブものっていまいちよさが分からなくて苦手なんです。
如何にもな王道設定に惹かれないのもありますが、やっぱりいくら大富豪だからってむこうの戒律無視して男を(しかも日本人限定で)囲うのはナゼだとか、ハーレクインをそのまま男×男にしたあり得なさについていけないのが大きな要因ですかね。そこをファンタジーとして割り切れないというか…。。
なので、正直なところいくら大好きな沙野さんとはいえアラブものかぁ…と思ってしまったりもしたんですけど、そこはやっぱり沙野さん、アラブものとはいってもハーレクインな王道ものとはちょっと違いました。
アラブものではすっとばされがちな宗教面や背景が丁寧に書き込まれていて、ちゃんとアラブの世界を堪能できました。
キラキラゴージャスじゃなくてエキゾチックでアラビアーンなアラブなのも私的にはポイント高いところですが、典型的なアラブものを求める方からすれば肩透かしかもしれませんね。一応アラブもののお約束は踏襲しているものの、好みの分かれそうな作品かも。


翻訳の仕事をしている望(受)は、学生時代に知り合い友情以上の想いを抱き続けてきたベノール王国の第一王子であり時期国王でもあるナイルスに請われて急遽ベノールへ向かいます。
ナイルスに会いたい一心の望でしたが、国王が倒れて国政に携わっているナイルスは多忙でちゃんと話すこともままならない状況。
いったい何のために呼ばれたのか分からなくなっていた頃、望はナイルスから弟である第四王子のムスタファ(攻)の相手をするようにと命じられますが、過去のクーデターの影響で蝶宮殿と呼ばれるところに幽閉されているムスタファは、母親が日本人であるためなのか望に異常に興味と執着を示してきて望を戸惑わせる。
けれどもムスタファを知っていくにつれ、望は彼の孤独や苦しみが解ってきて、次第にムスタファを幽閉するナイルスのやり方に疑問を持つようになり…。

旧版と大きく変わっていたのは、ナイルスのポジションですかね。旧版ほど存在感がなくなってしまって、彼が優しそうな仮面の下に非道さを持っていたということは伝わったものの、何だかよけいによくわからない人になってしまいました。まぁ望とムスタファふたりの関係性により絞り込んだ内容になっていると思えば、BL的には読みやすいのかな。
でも正直、この三角関係なら逆にナイルスに踏み込んでも良かったんじゃないのかと思ってしまいましたが。。その方が、内容はより濃くなりそうな気がします。
せっかく攻めが望がずっと想い続けてきたナイルスではなくその弟のムスタファというユニークな設定だったので、余計でしょうか。
あと、望がゲイ設定になっていましたね。これは別にバイである必要はなかったようなものなので気にならなかったです。

ちょこちょこ引っかかる所はあるものの、望とムスタファが段々惹かれていく過程はよかったです。
傲慢なのに囚われの身でけっこうな寂しがり屋さんのムスタファ(年下らしいかわいらしさもアリ)は、これまでの伽人のように望が突然姿を消すかもしれないという焦燥と不安のまま望に無体をしてしまいますが、それが階段プレイだったり宙吊りプレイだったりと沙野さんらしいハードさで、切ないながらも愉しめてしまいます。
でも案外印象に残ったのは、噴水でのちょっと和むシーンのほうだったかも。

望とムスタファが徐々に距離を縮めていく前半はいい感じだったんですが、ベノールの行く末を巡っての騒動がメインとなる後半は何だかあらら? という展開になってしまったのがちょっと残念。
まぁこの設定なら最終的には政治的な決着を付ける付けないになるのは仕方がないにしても、ちょっとそれが前面に出過ぎちゃったような。。こういうのはあくまでお話の背景にとどめてほしかったかも;
というか、望がベノールの国政にそこまで関わっちゃうのはどうなのかと、そこがいちばん釈然としなかったです。

望が翻訳家であるためかアラビアンナイトよろしくお話を空想したりとか、夢の中で行きたい場所に連れて行くとか、全体に漂うほのかに不思議な雰囲気がいちばんのツボだったかもしれません。

書き下ろしのSS「蝶宮殿の魔人」は、世俗にもまれた?本編とは打って変わって、幻想的なお話。
本編から5年後、若き青年王としてベノールを導くムスタファを変わらず支えている望の耳に「蝶宮殿に魔人が出る」という噂が届き、望は真相を確かめに蝶宮殿に向かいますが、そこに現れたのは少年ムスタファ。
それは、どうやらムスタファが切り捨てようとしている過去が形となったようで、望は連日彼に会いに蝶宮殿を訪れるのですが…
―という、そこれこそアラビアンナイトにありそうな不思議なお話でちょっと怖さもあったりするんですが、最後は少年ムスタファの幻?を交えた3Pみたいな展開になったりしています(笑)。これはけっこう萌えた(笑)。こんなシチュ、よく思い付きますね!
こういう、ちょっと不思議でアラビアンなBLを、もっと読んでみたいかもと思ってしまいました(笑)。

「したたかに愛を奪え」 藤森ちひろ / ill.稲荷家房之介

十億の借金のカタに九曜会の若頭・多岐川に買われた凛。彼からの借金を苦に亡くなった両親の復讐を誓うが──「摘んで、擦ってみろ。そうだ、感じるんだろう?」支配者の傲慢さで命じる多岐川に、淫薬に侵された粘膜を玩具で嬲られ、淫らな体に躾られた。恥ずかしくて、怖くて、屈辱だった。けれど無慈悲に苛まれた夜、抱きしめられて慰撫するように撫でられると心地いい。酷い男のはずなのに、眩しいものを見るかのようなまなざしが、くちづけが、甘く優しく思えて…。愛を奪う、征服欲。

九曜会シリーズの一冊目。
大学生の凛(受)は、借金が原因で両親が自殺してひとり残されてしまう。途方に暮れているところに、父の仕事の取引相手でどうやら自殺の元を作ったらしいヤクザの若頭・多岐川(攻)が現れます。傲慢な多岐川は、凛に10億の損失の変わりに俺のものになれと言い出してその場で凛を犯し、その後も凛を自分のマンションに連れ帰って監視下に置き淫具を使ってさんざん弄ぶ。その仕打ちに凛は多岐川を憎みますが、ともに暮らすうち多岐川の優しさや意外な一面を知り徐々に心を傾けていくようになります。
けれども多岐川の同業者で無二の存在である九重を知り、彼がどことなく自分に似ていることに気がついた凛は、多岐川にとって自分は九重の代わりなのではないのかと思い始め…。

という、借金の形にヤクザに買われてとか身代わりとか話自体はよくあるパターンなので新鮮味はないですが、エロシーンがどれもねっとりエロくて読み応えがありました(笑)。ページも回数も多くて、毎回あの手この手で攻めてくるので「ああまたか」的なマンネリズムがまるでないのがすごい(笑)。
そんな読み応えたっぶりなエロシーンに対して、キャラの心理描写がやや不足しているのが惜しいところですね。凛にしろ多岐川にしろなぜ惹かれ合うようになったのかが解りづらく、ここがしっかり描かれていたなら、エロでの萌も倍増したと思うだけに残念です。
あと凛が、ヤクザの若頭をモノにしてしまうにしては如何にも大人しい感じだったので、もっとやんちゃだったりしたたかだったくらいのほうが良かったかな。ってこれは個人的な好みかもですが。。
続編は九重サイドのお話らしいので愉しみです。

「ガラスの匣」 沙野風結子 / ill.稲荷家房之介

糸瀬紺が俳優として生き残る為に出された条件は、屋敷にいる男達の一人を誑し込むこと―華族の末裔で画家の那智、F1レーサーのグレン、パティシエの京、医師の長田…そして自身の新たなマネージャーである真岡との奇妙な共同生活の中で、潔癖に生きてきた紺は男達との倒錯的な痴戯によって、己の動揺とは裏腹に背徳的な行為を受け入れ溺れていく…。だが躰がどんなに淫佚に塗れようと心はただ一人に、ひたむきな想いを抱くようになって―。

狙ったつもりはなかったのに、沙野さん作品が続いてしまいました。年内に新刊が読めるなんて嬉しいです^^

主人公の紺(受)は俳優なのですが、一般的には目を引く容姿をしているけれども華のある者ばかりの芸能界の中では本人の生真面目さのせいもあって印象に残りにくい存在で、いまいちぱっとしない。そんな彼に、敏腕マネージャーとして有名な真岡(攻)が新たなマネージャーとして付くことになります。
真岡は俳優生命の崖っぷちに立たされている紺に、俳優として生き残るためにある条件を出します。
それは、華族の末裔である画家・那智の屋敷に一ヶ月滞在し、これからそこに訪れる3人の男たちのひとりを夢中にさせること。
紺はためらいながらも俳優生命維持のために条件を呑み、訪れてくる男たち―F1レーサーのグレン、パティシエの京、医師の長田―の誰かを誑し込もうとしますが、その過程で真岡への恋愛感情を自覚してしまい…。

…という、ゲームっぽいお話です。っていうかBLゲームってやったことがないんですけど(汗)、こんな感じなのかなと思いながら読みました。もしもこれがゲームだったらここやあそこでこんな選択もアリなのか、とか色々妄想してみたり(笑)。受けのつもりが実は攻めでもいけそうでした、とか美味しすぎるんですけど(笑)。
でもこれはひとつの完結したお話なので行き着く結末も当然決まっているんですけれども、さすが沙野さんというべきか単純な方向には進みません(笑)。お話が進むにつれて登場人物たちが孕む狂気など暗い部分が覗き出して、ちょっとハラハラさせられました。

さてさて、BLゲームっぽいだけに登場するキャラクターもラインナップに富んでいます。
グレンは華やかで明るい、京は可愛らしい感じ、長田は神経質そうで爬虫類めいている。実直そうな真岡も、何でもない面の裏で嫉妬したりする男です(笑)。
でも圧巻は「女王様」那智でしょうか。彼は性別不明のアンドロギュヌス的存在(稲荷屋さんのイラストが素晴らしい!)で、まるで山藍紫姫子さんの作品にでも登場してそうなキャラ(!)。沙野さんの作品で中性的なキャラといったら「タンデム〜狂犬と野獣〜」に登場した櫟がいますが、彼はもっと少年っぽかったし女装している時と普段との境界線がはっきりしていました。けれども那智は存在そのものがアンドロギュヌス的なんですね。ここまで耽美なキャラの登場は何だか新鮮です。
まぁでも、櫟もそうでしたが那智も実は攻めだったというのが沙野さんらしくて物凄くイイですね。犬とか(笑)登場したときはびっくりしましたが「女王様」はこうでなくてはっ!(笑)

沙野作品の割にはエロ度は控え目な印象です。とはいえ先ほどちらっと触れた「犬」(獣姦じゃないですよ! 調教です・笑)とか、ラストの複数プレイ(ただし攻め以外の挿入はなし)とか、免疫のない方には充分ハードかもしれないですね。それにしても最近の沙野さんは、こういう複数プレイがブームなんでしょうかね。
私は今回は、複数とかよりも色んな意味での衆人環視プレイの方に萌えました。人に見られている、というのはやらしいですね(笑)。沙野さんには是非是非今後も衆人環視を掘り下げてほしいです…!

というわけで、ちょっと今までにない感じの沙野作品でした。欲を言うなら、その後紺が成功したのかどうなのか、そこが知りたいですね〜。
それからそれから、グレンと長田が気になります…! 個人的には主役カプよりこのふたりの方が好みでしょうがないのですが;スピンオフ出ないかな、とつい期待してしまいました。。