calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「闇を断つ者たちの夜」 矢城米花 / ill.えまる・じょん

平凡に暮らしていた薙を突然襲った悪夢。得体の知れないものに家族を殺され陵辱された薙の前に現れたのは、紅蓮という男だった。「毒抜き」と称し、さらに薙を犯す紅蓮に復讐を誓うが…。

矢城さんの新刊は、ラノベ風なノリの作品でした。まぁでも矢城さんなので、闘う相手は触手のバケモノというエロい要素満点の内容(笑)。苦手な方はご注意下さい!

美人だけれどもツンと愛想のない大学生の薙(受)は、形喰という触手のバケモノに家族を惨殺され、その上に犯されてしまう。そこに現れた形喰を倒す特殊能力を持つ太刀錐という存在の紅蓮(攻)に助けられますが、紅蓮はその場で薙を犯してしまう。
それはバケモノの毒素を抜くために必要な「毒抜き」行為なのですが、粗雑な紅蓮は説明もそこそこに乱暴に薙を犯してしまって、自尊心の強い薙は当然紅蓮を憎みます。
更に薙はその前の夜に紅蓮によく似た男が繰る触手のバケモノに犯される夢を見ていて、紅蓮がその男なのだと思ってしまったことも憎しみを増す一因になる。この思い違いがふたりの間に険悪なムードを作ってしまいます。
その後、薙も紅蓮と同様の太刀錐であることが判明してその組織に入ることになり、家族への復讐を誓うのですが能力はなかなか目覚めず、組織にも馴染めない日々が続きます。
そして、形喰と紅蓮に何やら因縁があるらしいことを知り…。

太刀錐VS形喰というちょっとラノベ感覚な特殊設定に、形喰は太刀錐の精液を能力増大の滋養にするとか太刀錐には男しかいないとか、エロ設定を上手く取り付けているのが矢城さんらしい(笑)。
この作品、冒頭から触手プレイで始まって、その後も触手が登場しまくります。薙と紅蓮のエチが遠く霞んでしまうほどです(笑)。
今回の触手は意思のないバケモノではなくて人間にとり憑いてその意思やら記憶やらを繰る能力まで持つので、普通の触手モノ(どんなのだ)とは一味違っています。触手好きにはたまらないでしょう(笑)。
この上輪姦シーンまであるハードさなので、苦手な方は避けたほうがいいです。
…でもこの作品の中でいちばんキたのは、…陥没乳頭でした(笑)。

ただ、個人的には萌はあまりなかったかな。。
全体的に特殊設定の説明とエロにページを取られて、キャラの心理の掘り下げが足りなかったためですかね。
そのために終盤で誤解が解けた後にふたりがお互いを意識し合うのもちょっと唐突な感じがして、このふたりならここにいたるまでにもうちょっとラブがあっても良かったんじゃないのかと思ってしまいました。そのきっかけとなったあの「読み違い」は可笑しくて好きなんですけれど(笑)。紅蓮、どれだけおめでたいんだよと(笑)。

あと、太刀錐一の能力を持つ紅蓮が粗雑でやんちゃで子供っぽすぎるのがどうにも合わなかったです。。
これ、もしも薙が年上のツンツン美人だったら萌えたかもしれないなぁと思いました。両方ともがまだまだ子供な感じなのでちょっとバランスが悪い気がしてしまって…。でもそれは、ラノベ風な作風を考慮してのものかもしれませんね。

ともかくもうちょっとページがあれば良かったのになぁと。
結局決着がついておらずどう考えても続編がある終わり方をしているので、これ一冊で完結しているお話だと思っていたからもやもやしてしまいます。それならもう最初から上下巻のボリュームで出したほうが良かったのではと思わずにいられませんでした。

えまる・じょんさんのイラスト、濡れ場もばっちりありますが何故かあまりやらしくない(笑)。絵柄がラノベな感じだからでしょうか。ここもそれっぽいのを狙った?
で、本屋さんでカバーかけて下さいと絶対に言えない口絵、モザイク修正なのが卑猥〜(笑)。
これ、無修正の方が絶対やらしくないでしょ(笑)。っていうか、BLでモザイク修正なんて見たの初めてですよ。
これってやっぱりわざとなんだろうか???