calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「In These Words 2」 Guilt|Pleasure

精神科医・浅野克哉に届いた警察からの極秘要請…それは、連続殺人鬼・篠原のプロファイリング。しかもその任務は、殺人鬼からの逆指名だった! そして任務の日から、浅野は悪夢にとりつかれる。顔の見えない男に監禁され、犯される夢。交差する夢と現実。そしてある夜、ついに殺人鬼は牙を剥く――! アメリカ・アジアで大活躍中のアメコミの超人気作家・咎井 淳が描く衝撃の官能BL!!

GWですね。今年も遠出の予定もなく4月がなぜか飲み会続きでフトコロ寒いし(仕事のストレスが…)、家で大人しくたまりにたまったBLを消化中です(笑)。
待ちに待った「In These Words」の第二巻です。いろいろと予想外でびっくりでした。
感想はかなりバレてしまうので、未読の方はくれぐれもご注意ください!!

殺人鬼・篠原によって密室に閉じ込められた精神科医・克哉は悪夢のような過去を暴かれていのか、それとも? ―…とかなりはらはらさせられるところで終わってしまった前回。
雑誌の連載は追っていなかったのでその気分のままこの2巻を読みました。
前回から続く冒頭からしばらくは前回同様張り詰めた雰囲気の中、克哉がどうなるのか篠原の真意は何処にあるのか目が離せなくなったのですが、中盤にさしかかろうかというところでまさかの展開に。

この展開、嫌いではないですが前回の期待からすると肩透かしでした。
というのも別に猟奇が好きだったからというわけじゃなく、前回での張り詰めた気配と謎に満ちた雰囲気がかなりツボだっただけに衝撃の事実が明かされた後に続く過去編の雰囲気が、それまでとはまるで違ったコミカルテイストになってしまっているところに違和感がありまして。
そして、これまでの何を考えているのかわからない不気味さから一転してコミカルになった篠原もですが、なにより克哉のビッチな女王受けっぷりに戸惑います。彼は「アイスクイーン」のイメージが合ってるのにな…。
そういえば同人誌で出た「First, Do no harm」での違和感もこれが原因かもしれません。
でも過去の克哉が一貫してそういうタイプに描かれているということは、こちらが本当の克哉の姿ということなんでしょう。
殺人犯によって監禁された壮絶な時間が本来の彼を崩壊させていた、ということですかね。
そう思うと、それがどのくらい酷いものだったのかが窺えて苦しいし、やはり狂気の沙汰から愛は生まれないんだな、と。
病んだ側の一方的な執着ものが何より苦手な私はこの点に関しては賛同しましたが、でも実はあそこまでくると猟奇殺人犯相手にどうラブに転がらせるつもりだろうかと期待していたところもあったりして、個人的にはそんな話が読みたかった気もします(でも全く想像ができない・笑)。

いろいろ考えるに、私は前回までのこの作品をあまりBLとして読んでなかったんだなと思いました。
だからこそBLでは考えられないような展開や、猟奇殺人犯相手のラブがどう描かれるのかを期待しちゃったのかもしれません。
でも今回、このお話はあくまでもBLなんだなと実感しました。

それにしても篠原…、そうと判ってから1巻を読むと、彼の意味深なセリフの意味するところが見えてきてけっこう切ないですね。どんな思いで克哉を見ていたんだろうかと。BLな部分で求めるとしたら、この辺りをじっくり描いてほしいです。
でも、このまま過去の出来事を連ねて犯人つきとめて終わりではないだろうなと思うので、私はもう一回はどんでん返しある気がします。というか期待しています(笑)。
犯人も、顔を見せはしたもののまだ登場していませんしね。っていうかすみません彼のヴィジュアルがかなり好みで困るんですがw
そして、初回版特典小冊子にもなっている同人誌「New York Minute」と、その続きの「First, Do no harm」で描かれている克哉とデーヴィットの関係は、もう完全に過去のものなのかそれともこのお話に関わってくるのかも気になるところ。
もし前者だったら、それを描いた著者の意図がさっぱりわかりません;

今回は猟奇的じゃない普通の濡れ場もがっつりありますが、アメコミ作家さん故なのかBLというよりどちらかというとゲイ向け作品を読んでいる気分です。
同人誌の「First, Do no harm」と同じ感じで情緒に欠けるかなぁと思っちゃいましたが、この辺は好みによるでしょうかね。
あと、やっぱりこのお話はアメリカを舞台にした方がよかったなとも思いました。日本の女子学生はあんなこと絶対しませんて(笑)

初回特典小冊子になっている「New York Minute」もですが、国内で同人誌発表された「Wrapped Around Your Finger」が巻末に収録されています。
私はこれは2巻を読んでからじゃないと見てはいけない気がして入手してなかったんですが予感は的中で(笑)、克哉と篠原の過去編のこぼれたエピソード。かなりコミカルです。

…というわけで、ちょっとまだギャップについていけてないのでした…。

 ・「In These Words」
 ・「New York Minute」(番外編同人誌)
 ・「First, Do no harm」(番外編同人誌)

スポンサーサイト

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
初めてコメントさせていただきます。

私もこの作家さんのファンで、
このシリーズ第一巻目を読んだときの衝撃は
まさに身震いがしたほどでした。

二巻目は少々コミカルになって残念な感は否めません。
ですが好きな作風でもありますので
温かい目で今後を見守るるもりでおります。

どうも私の嗜好はBLというよりML(メンズラブ)に
近いような気がいたしますが、
日本にはML分野の作品がまだまだ少なくて
ちょっと寂しいですね。

ちなみにこちらの作家さんの作品ですが
国内同人誌5冊はもちろん、読めもしないのに
英語版まで持ってまして・・・笑
 (Ama*onバンザイ! (^^;) )
画が綺麗なために無修正でも全然やらしくない。
残念なのかはたまた喜ばしいのかフクザツな心境です。

二巻を読み終えてみると、一巻目だけが独立した作品と
そう考えても無理はなさそうな気もしてきますが、
一巻が非常においしい設定でしたので
何やらもったいないような・・・。

次巻の展開は、案外フツーに恋愛だったりして?

でも大人のオトコ同士での「恋の駆引き」は
それはそれでものすごく萌えて困ります。

ヴィジュアル的にはどストライクな作品です。
  • ANZY
  • 2014/05/21 11:19 AM
ANZYさま

コメントありがとうございます〜^^

1巻ほどの衝撃はなかったものの、あいかわず読み応えのある作品ですよね。
洋書版まで持ってらっしゃるなんてすごいです! 

ANZYさんと同じく続きを楽しみにしているんですが、仰るとおり、次はさらにラブ度が上がりそうな予感ですね(笑)。
筆ペンの勢いよタッチで描かれるサイコスリラーな展開にすっかりはまっていた私としては、やっぱり前回の雰囲気が懐かしいんですけれども…。

おっしゃるとおりこれは、1巻を独立した作品として楽しむ方が正解かもですね。。

でもなんだかんだで早く3巻出てくれ〜と続きが気になって仕方がないです(笑)。
  • alicia
  • 2014/05/27 1:44 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック