calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「黒き異界の恋人」 遠野春日 / ill.笠井あゆみ

魔界を追放された皇子の従者として、地上で暮らしていたサガン。暇を持て余した彼がある夜、出会ったのは、不思議な眼力を持つバーテンダーの桐宮。実は桐宮は、真の名前をラグエルといい、正体を隠し、天界から地上に派遣されてきた天使だった!? 己と敵対する身分と知らないまま、惹かれていくサガンだが……!?

年末からずーーっと積んでいたお話、やっと読みました。
前に出ていた「蜜なる異界の契約」スピンオフで、個人的に主役ふたりよりもはるかにお気に入りだった攻めの従者サガンが主役です。
…実は前作は内容がどんなだったかもう全然覚えていないのですが; これははからずも触手バンザイ! な内容でとても愉しめました!(笑)

人間の世界とは別の次元にある「我々の世界」から追放された皇子ベレトの従者として人間界で暮らしているサガン(受)は、ベレトに泰幸という恋人ができてからはもともとが世話焼きな性分のためにひとりの時間をもてあますようになっていました。
そんなサガンは、ある夜立ち寄ったバーで不思議な魅力のある桐宮というバーテンダーに出会い興味を持つようになりますが、桐宮の正体は「我々の世界」とは別に存在する「もうひとつの世界」の監視者ラグエル(攻)。
ラグエルの正体に気付かないままサガンは彼に惹かれ、そしてまたラグエルも「闇の貴公子」と称されるサガンの魅力に囚われていきますが、サガンに異常な執着を見せる異母兄のアイムが現れて波乱が起こります。

「我々の世界」とか「もうひとつの世界」とか、ファンタジーな設定が面倒くさいと思う向きもあるかもしれませんが、要するにサガンたちの属する「我々の世界」=悪魔たちの世界で、ラグエルの属する「もうひとつの世界」は天使たちの世界。このふたつの世界は敵対しているわけではなく、お互いに不干渉という設定です。
けれども天使たちは悪魔を自分たちを堕落させる存在と認識していて、悪魔に魅入られた者には厳しい制裁を与えています。
ラグエルは人間界でそれに目を光らせる「監視官」―というからにはかなり潔癖なんだろうなと思いきや、最初の方からわかりやすいほどサガンにはまってしまっています(笑)。それを頑なに認めないのが何だかもうw
前回からツンなキャラだったサガンに関しては予想通りだったからさほど新鮮味がなかったですが、個人的にそんなラグエルがツボにきました(笑)。
ところでサガンに関して意外だったのは、てっきりベレトを想っているんだろうなという予想が外れて従者として彼を敬っているだけだったという。

ふたりが惹かれ合う理由が弱いというか描写不足な気のするところが残念ですが、後半からの触手プレイが圧巻でした。作家さん、もうこれが描きたかったんだろうと思ってしまったくらいw
サガンを何としても自分のものにしてしまいたいアイムはサガンを浚い、ムリにでも契約を誓わせようと触手にサガンを責めさせるのですが、これが凄いの何の、サガンが人間だったらもたないよねと思うほど。久々に触手もの愉しめた気分です。
その後、ラグエルによって救われたサガンは、今度はラグエルによって触手状態の水で責められ(いや洗われてるんでしょうが)て、これはもうファンタジーものならではの美味しさでした(笑)。
前作ではこうしたファンタジー設定を生かしたエロがなくそれも消化不良の一因でしたが、今回は大満足です!
短絡的で容姿も魔獣みたいなアイムは全然好きじゃないですが、でもいちばんイイ仕事をした(そしていい状況を提供した)のはもしかして彼かも?(笑)
その一方で、ベレトもっとしっかりしろと何度思ったか知れませんが。サガンの身に起きた災難は、ベレトがもっとしっかりしていれば全て防げたものなんですよね。泰幸といちゃいちゃしてばかりいるってのはどうなんだろうかと。。
泰幸も所々で顔を出していますがやっぱりどこに魅力があるのかわからなくて、本編カプがますます苦手になってしまいました。

お互いに不干渉でありながら惹かれ合うことの許されないサガンとラグエルに待っていた結末は、こうなる以外にどうしようもなかっただろうなと思うものの、けっこう切なかったです。
ラグエルを救おうとサガンが翼を出そうとして出すことのできなかったシーンは泣けました。
…そしてここではちゃんと間に合ってくれたベレト、やっと面目躍如でしたね。
ハッピーエンドなんだけれどもそれからふたりはどうやって生きていくのか、果たして奇跡は起こるのか、その後がすごく気になって、エロ度の高いお話でしたがそれと同じくらい切ない読後感が印象的な作品でした。

「蜜なる異界の契約」(ベレト×泰幸の本編)

スポンサーサイト

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック