calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「未完成(新装版)」 凪良ゆう / ill.草間さかえ

教師の阿南が男とキスをするのを見た高校生の瀬名は、学校とは違う艶めいた表情を見せる彼に興味を持つ。素っ気なくあしらわれても阿南の傍は居心地良く、瀬名は彼の部屋に通うようになる。そして自覚した恋心。がむしゃらに迫り阿南を抱くことはできたが、その心を手に入れたとは思えなかった。「俺のこと好き?」懇願するような瀬名の問いに、いつも阿南の答えはなくて……。文庫未収録の『Young Swallow』と書き下ろし『さなぎ』を加えた待望の新装版!!

2009年に花丸blackから出ていた作品の新装版。
今月もう一冊過去の凪良作品がこのレーベルからでるようですが、なぜ重版じゃなく別レーベルから出るのかちょっとフシギです。
それはさて置き、本編にドラマCDブックレットに収録されていたSS「Young Swallow」と、書き下ろしSS「さなぎ」を加えた内容です。
高校生×教師の愚直なまでに青くて痛い感じがたまらなくいいお話でした。

離婚寸前の親のいる荒れた家や友人たちとの空虚な付き合いに苛立っていた高校生の瀬名(攻)は、暇つぶしに立ち寄ったクラブで偶然、英語教師の阿南(受)が男とキスしているのを見てしまう。
冷やかし半分にからかうも、阿南は学校で見る時とは別人のような色気を漂わせながら瀬名をあしらい、その様子に瀬名は興味を惹かれます。
そんな、最初は興味本位で近付いた相手だったのに、阿南は瀬名を特別構うわけでもありませんが突き放しもせず、その距離間が瀬名に不思議な安堵感を与えます。
やがて瀬名は阿南に恋をしていることに気がついて阿南に想いを伝えますが阿南は全く取り合わず、瀬名はどんどん深みにはまってしまい…。

瀬名が等身大の高校生だったのが何より良かったです。
何故かBLには年の差のある年下攻め、それも十代攻めをよく見かけますが、十代にもかかわらずやたら世慣れてスペックの高いすでにスーパー攻め様状態なのが多くて、その現実味のなさにもやっとしてました。学生×社会人でそれはドリームすぎるだろ、と。
でもこれは瀬名がとても年相応で、青春真っ只中にある焦燥感やジタバタしている様子が伝わってきてすごく良かったです。十代ならではの愚かさにあふれているというか、高校生って見かけは立派でも子供なんだなと思わせてくれるところがいいんです。
攻め(瀬名)視点なので余計ですかね。
そして瀬名が、荒れていた自分を唯一受け止めてくれた阿南に恋をするのもとても自然でした。

恋をした後、いつまでたっても「先生」の立場を崩さない阿南にじれて(それゆえに更に深みにはまっていくのですが)半分ストーカー状態になったり、教師である阿南の立場を理解することなく突っ走る瀬名の姿は若さ故の暴走だなぁと。
年を重ねた瀬名はそのあたりのことにちゃんと気がつくわけですが、その姿にあぁ彼は決してヤンデレ執着男じゃなかったと安堵してしまって(笑)、これは瀬名の成長の物語なんだなーとしみじみ思いました。

二転三転した終盤、一度は離れたふたりが再開を果たし今度こそちゃんと向き合えるようになるあたりはお話のキモに思えるのに、少々ドタバタ駆け足な印象だったのが残念。もう少しじっくり読みたかったです。
そしてもうひとつ物足りなかったのは、もう少し阿南その人に関することが読んでみたかったな、と。
いつの間に瀬名をここまで思うようになっていたのかが見えづらかったですし、何より大河内との関係を含めてどんな過去があったのかがすごく気になる。その辺りのことを少しでも憶測できる手立てが書き込まれていれば萌えまくれただろうなー…と。

本編後のSSは両方とも阿南視点です。書き下ろしの「さなぎ」がすごく良かったです。
付き合い始めてから3年経った頃のふたりを描いているんですが、かつてのぎりぎりで痛かった瀬名がしっかり成長していて、その姿に涙。立派になったね、ともう子を見守る親の気持ちでした(笑)。
そしていつまでも「先生」呼び名のかなとちょっと疑問に思っていたことが解決?していて、そこもとても良かったです。

スポンサーサイト

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック