calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「溺愛調教」 西野花 / ill.笠井あゆみ

恋人に振られ、職も失った夏乃のもとに、突然遠縁の了一が現れる。彼は有名なSM作家で、幼い夏乃に悪戯をし、その性癖を目覚めさせた男だった――。そんな彼に「俺の手伝いをしないか」と言われ、仕方なく居候を決める夏乃。ところがその邸宅には、了一のほかに二人の男がいて…!?

西野さんの初Chara作品^^
大好きな笠井あゆみさんとの初タッグというところも、とっても嬉しい!
4人なお話ながらレーベルカラーのためかいつもよりは薄味でしたが、胃もたれしないこのくらいの方が読みやすいかもと思ってしまいました(笑)。

恋人に一方的に振られた上、職も失ってしまった夏乃(受)。失意に沈んだ彼の前に、親戚で有名SM作家の了一が現れて「俺の手伝いをしないか」と手を差し伸べてきます。
了一は、まだ子供だった夏乃の性癖を目覚めさせた相手であり、夏乃の憧れの男。
その了一の誘いに夏乃はためらいながらも結局は乗り彼の家に居候することになりますが、そこで夏乃を待っていたのは了一のみならず宇崎と江里という男たちの性奴隷にされてしまう日々。
慣れた3人の男たちの手によって与えられる快楽に、いつしか夏乃はのめり込んていき…。

タイトルに「調教」とありますが、具体的な調教シーンがあるでもなく、ちょっと違うかな〜という感じです。
そこを期待して読むと肩透かしですが、でも面白いお話でした。
夏乃は複雑な家庭環境で育ったことが元で、感情を表に出さない素直ではないタイプ。
ずっと付き合っていた男は自分本位なセックスしかせず、夏乃は快楽も得たことない状態でしたが、3人の男たちの手によって開花させられ、欲望に素直になるように変わっていく、というのがお話のメインです。その過程が、まぁ「調教」なんでしょうかね。

そして、一見単純な4Pものなのかなと思いきや、そうではないのが面白いところです。
了一の性癖が大きなポイントになっていて、何と彼は、好きな相手が他の男にヤられているとこをと見て嫉妬、そして興奮するといういわゆる寝取られ性癖の持ち主(笑)。
宇崎と江里はそんな了一の欲望を満たすための存在で、彼らは夏乃を可愛いとは思っても愛してはいないんですね。
なので、4人いるけれど基本は夏乃と了一ふたりのラブのお話だと感じました。
複数ものは数あれど、こういうティストのお話は初めて見た気がしました。
複数ものって、一人の受けと複数の攻めがラブラブに〜な結末がお約束の作品が多いですが、いっつも受けはともかく攻め'sはお互いに嫉妬しないのか?? ともやもやしてしまいます;
結局、複数ものっていっても「愛のある関係」が前提で、モブ姦とかこのお話のようなプレイ的なものはNGということなんだろうなー…と。
無理矢理にでもみんなで仲良く終わる複数ものに違和感があった私は、この4人の関係はけっこう美味しかったです!

あと、西野さんはキャラがいつもテンプレだな〜と感じていたりもしましたが、今回はちょっと違って新鮮でした。
西野さんの描く受けって性格は男前なクールビューティー受けが多いと思うんですが、夏乃はちょっと不器用な感じで、そこが可愛くもありました。
了一も、自分が変態であることや長年の夏乃への執着を一方的に夏乃に押し付けるのではなく、「気持ち悪いよな」と配慮したりするところに好感が持てました。

ただ花丸BLACKの一連の作品に比べると、エロは抑えめです。そこを期待すると物足りないかもしれません。
4人でだけでなく、攻め'sそれぞれとのシーンやらギャラリーを交えて〜なシチュもありますが、わりとあっさりしているというか、いつもの西野さんに比べると控えめな印象。
ですが、これでエロこってりだったら胸ヤケ間違いなしなので、個人的にはこのくらいでちょうどいいと思いました。
でも笠井さんのイラストが素晴らしくてエロ倍増! 口絵×2なんて、もうくらくらです(笑)。

スポンサーサイト

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック