calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「鎮守の杜の虜囚」 西野花 / ill.鵺

『神の愛する巫女を手に入れた者は必ず成功する』奇矯な伝承のある村に、一人の美貌の宮司がいた。三神初雪―信仰心篤く、その願いはただ村人が幸せであること。しかし彼自身は、欲に目の眩んだ村の上役たちに、弄虐の限りを尽くされていた。ある夜初雪は「その身で客を歓待しろ」と、体に薬を仕込まれる。ところがそれが、客・八嶋伊吹の逆鱗に触れ…。エキセントリック・ロマンス。

西野さん作品が続いたので、これも。
西野さんの商業デビュー作。いわゆる因習もので、私は西野作品ではこのお話がいちばん好きです。
鵺さんのイラストもとても素敵です^^

若くして飲食店経営として成功している伊吹(攻)は、離婚後疎遠になったままだった資産家の父親が亡くなり遺産整理のために子供時代を過ごした村に滞在することになります。
村には重役たちに凌辱され続けている若き美貌の宮司・初雪(受)がいて、伊吹からこれまでと変わらぬ援助を期待している重役たちによって餌として伊吹に差し出されてしまう。
歓待のためにクスリを仕込まれ伊吹の寝所に差し向けられた初雪に憤りながらも、そんな立場にある初雪に同情もした伊吹は打算で初雪を抱きますが、その後は初雪の置かれた異常な状況をどうにかしてやりたいと思うようになる。
一方の初雪も、最初こそ伊吹に反発を覚えていたものの、やがて自分のことを真剣に考えてくれる伊吹に惹かれるようになりますが。

このお話、設定や展開はよくあるタイプですがひとつだけ違うのは受けが攻め以外のオヤジどもにしっかり陵辱されている点です。
長年に渡って慰みものにされ続けた受けの躰はすっかり淫らなものになってしまっていて、そういう設定があってもそのもののシーンはあっさりしていたりする作品が多い中、凌辱シーンもたっぷり濃厚です。縛られたりクスリや道具を使われたりと、かなりエロい。
苦手な方は避けた方がいいですが、こういうところで物足りなさを感じている方にはオススメです。

そしてエロ面でだけではなく、初雪は神社を守りたいという想いだけでそんな目に遭いながらも村に残っているような生真面目な性格なのでそれだけに苦しみも深くなるという効果を生んでいます。
村のオヤジどもが初雪を陵辱するのには理由があって、村に伝わる「神の愛する巫女を手に入れた者は必ず成功する」という伝承のためなのですが、それに囚われている初雪が切ない。
初雪を救うことになる伊吹は若くして成功しているだけあってかなり前向きな性格で、ともすれば後ろ向きになりがちな初雪に引きずられて暗くなりそうなお話を明るくてらしてくれる印象。初めはヤな奴だと思っていましたが(笑)、かなり好きです。
盤近くで初雪に離れていた間に自慰をしたのかどうなのかを言わせるシーンとかツボなんですけど、初雪に悪戯する伊吹には、あんた子供かよと思ってしまう(笑)。
あと、このお話、伊吹視点と初雪視点とが交互にあるんですが、伊吹視点で見る初雪がいじらしくて萌え! です!
普段はツンとクールなのに実は健気で一途な姿がとってもよくて、やっぱ攻め視点で読むBLは美味しいわと思ってしまいました(笑)。
もうひとつ、ずーっと小さな村の神社の宮司として生きてきただけにものすごく世事に疎いところのある初雪と、如何にも世慣れた感じの伊吹のやり取りが何だか可笑しくて微笑ましい。こういうほっこりするところがすごく好きです。

村のオヤジどもを初雪があっさり許したことにはちょっと疑問でしたが、色んな面ですごく愉しめる一冊でした。
ラストの囚われているのは初雪ではなく彼に群がる男たちの方なのかもしれないというオチも、因習もののほの暗さが感じられて面白かったです。

スポンサーサイト

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック