calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「エンジェルヒート 〜Devil〜」 西野花 / ill.DUO BRAND.

賭博から人身売買まで、あらゆる犯罪を手がける非合法組織『ヘヴン』。そのトップである氷室景彰と青葉蓮に手ずから調教され、身体だけでなく心までも奪われてしまった宗谷七瀬は自ら、彼ら専有の性奴隷(エンジェル)となった。さまざまな事件や苦難を経て愛と絆を深め、三人で、また時には二人きりで、息もつけないほど甘く狂おしく肌を合わせる耽溺の日々。ところがそんな折、商品として出荷された『ヘヴン』のエンジェルたちが次々に刺殺されるという陰惨な事件が起きて……。この上なく淫らな天使たちの決死の戦い――エンジェルシリーズ第5弾!!

約3年ぶりの「エンジェルヒート」シリーズの新刊です。
久々なだけに楽しみにしていた半面、正直シリーズ重ねるごとに尻すぼみ感があったのも事実で; 果たしてレーターさんを変更してまで新刊を出すのはどうなんだろうかと不安もあったんですが、、
…不安の方が当たってしまったかも。。

違法組織「ベヴン」のマスター、景彰と漣の兄弟の「エンジェル(=性奴)」として、相変わらず可愛がられている七瀬。
けれども巷でエンジェルばかりを狙った殺人事件が起こっており、やがて犯人の目的はヘヴンマスターのエンジェルとして「大天使」に祭り上げられている七瀬であることが判る。
自分と同じ立場にある他のエンジェルが殺されているなか自分は安全なところに隠れているのが許せない七瀬は、景彰たちが止めるのも聞かず単独で犯人を追いますが、逆に犯人の罠にはまり捕らえられてしまう。

今回、殺人事件なんて物騒なものが絡んでいますがお話のメインは3人のイチャイチャ(笑)、いつも通りの「エンジェルヒート」です(笑)。雛希と鴫原や、ちょっとだけ剛成も登場しています。
冒頭から、衆人環視の中で七瀬が景彰と漣によって新タイプのエンジェルヒートのデモンストレーションをされていたりとすっ飛ばしていますw
3人のシーンでのこうしたシチュはシリーズのいちばん始め以来でしたので、なんだか新鮮でした(笑)。
その後も七瀬は景彰、漣それぞれに愛されまくり、でも事件のことが去来する胸中はどうしても晴れず…という前半はけっこうハラハラさせられつつ引き込まれたんですが、七瀬が単独で犯人捜査に乗り出す後半からの展開がどうにも…;

いや、他のエンジェルのことを思うと安全なところでじっとしていられないという七瀬の思いは解るんですが、でもはっきり言って無力の彼が単身動いてどうするんだと;
これまでも散々色んな目に遭ってきたんだから学習しようよ、というかそんな自ら敵の手中に飛び込まんでも、…といろいろ突っ込まずにはいられない。。
結局敵の手におちて輪姦され…な展開に、ここまでの七瀬の行動がもうそうさせるためにあるようにしか見えなかった。。

というわけで、今回もあります、攻めたち以外による陵辱・輪姦シーン。
前の時と違うのは、今回は七瀬だけでなく同じく拉致されたエンジェルの雛希も同時に、というところですね。
その雛希という守らなければならない存在が前のときはただヤられているだけだった七瀬に、相手の男3人に「(自分を)満足させられるとは到底思えない」と挑発してみせるような大天使さまの貫禄(笑)を与えています。
他にも七瀬と雛希のちょっと百合なプレイもあったりで、これを期待している方は愉しめるかも。
(それにしても、今回いちばん割を食ったのは七瀬の囮として敵に捕まってしまった雛希でしたね。。ちょっと気の毒)

けれども、これまでとはちょっと違った趣向で来たとはいえ、こう毎回こういうシーンが出てくるのもどうなんだろうかと。。
「in Love」の時は、その後の景彰と漣が七瀬を受け入れる流れに3人の絆がより深まった感じが伝わってすごく好きで、それこそ意味のある輪姦(あるのかそんなもんw)だったと思うんですが、今回は七瀬たちが救出されたあともやっつけ感が漂っているし何だか必要あったのかどうなのか本当に微妙でした。
まだシリーズがまだ続くとしたら、まさか今後も同じような展開ばかりが待っているんじゃあるまいかと思うと、…それはマンネリもいいところな気がするんですが。
そもそもこの作品は、お話は二の次でエロを愉しむ向きが強い内容なので、シリーズ化して何作も出すほど物語に深みも厚みもないのが致命的なのかもしれない。
ここまで読んでみて、二作目の「in Love」まででやめておくべきお話だった気がしました。

尿道攻めや二輪挿しなどなど3Pならではのプレイは健在なので、そこは愉しめるかと思います。
個人的にはこういうエロてんこ盛りな内容は、時間を置いた方がマンネリを食い止められるというか、新鮮な気持ちで愉しめると思いました(笑)。
このシリーズは一気読みしない方がいいのかも。

それから、今回からイラストが鵺さんからDUO BRAND.さんに変わっています。
私は鵺さんのイラスト込みでこの作品が好きだったので本当に残念…。もう商業では活動されないのですかね(涙)。
キャラのイメージはそのまま受け継がれてはいるのですが、馴染んでいたものを今更変更されるとどうしても違和感が拭えません…。
というかすみません私この方の汗とか濡れた感じの描き方が苦手だ;
レーターさん交代で何だか一区切り付いた気もして、このシリーズはもう読まないかもです;;

「エンジェルヒート」シリーズ
 ・「エンジェルヒート」
 ・「エンジェルヒート 〜in Love〜」
 ・「ストレイエンジェル 〜天使志願〜 」(鴫原×雛希のスピンオフ)
 ・「エンジェルヒート 〜Blood〜」
 ・「エンジェルヒート 〜Devil〜」

スポンサーサイト

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック