calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「エンジェルヒート 〜Blood〜」 西野花 / ill.鵺

愛する主人・景彰と漣に身も心も可愛がられ、幸せ絶頂の七瀬。3人での恋人関係は濃密で心地よく、七瀬はそれが壊れるなど考えたこともなかった。―その日までは。「二人ともは欲張りだろう。景彰か漣か、どちらか選べ。二人のうちお前さんが選ばなかった方に子供をつくってもらう」北城剛成。景彰らの兄であり桔梗会次期会長が突きつけた究極の二者択一。二人の男を同時に欲することは、やはり絶対に許されないのか!?特別掌編『天使たちの宴』は背徳の5P。エンジェルシリーズ第4弾。

「エンジェルヒート」シリーズ第三弾。
相変わらずエロいんですけど…、何だかマンネリ化してきた?? と思ってしまった一冊でした。

景彰と漣に可愛がられ3人で仲良くしていた七瀬のもとに、ふたりの兄で時期組長の地位にある剛成が姿を現します。
どちらかに組のことを任せたい剛成は、七瀬にふたりともを求めるのは贅沢だからどちらか一人を選べと迫りますが、七瀬にとってふたりはどちらも欠けてはならない存在。ひとりを選ぶことなどできません。
そして景彰と漣も同じ思いでいるはずと思いきや実はふたりはどちらも七瀬を独占したい想いを抱えていたことが判り、ふたりからもどちらか選べと言われた七瀬は困惑してしまい…。

景彰と漣のお兄ちゃん登場で兄弟のお家騒動が絡み三人の関係を引っ掻き回すという今回の展開、微妙に思ってしまったのはなぜだろうかと考えて、そもそもがエロ先行でストーリーは二の次のお話なだけにこんな風にキャラのバックグラウンドに踏み込んだことに違和感があったのかなと。正直、あまりこのお話にこういう部分は求めてなかったもので。。
今回に限っては、エロのためにあるお話がエロを盛り上げていたのとは違い、お話の展開が突き抜けたエロ作品にすることの足を引っ張っていた気がします。

そしてエロ面も、ちょっと失踪気味? というかマンネリ化してきたのかなぁという印象でした。
景彰と漣が七瀬にどちらかを選ばせるためのそれぞれとのデートシーンがあるんですが、これまでもひとりずつとのシーンありましたしあまり新鮮味がありません。
エロ部分そのものよりも、彼らが選んだシチュがそれぞれの性格を表していることが面白かったかな。漣ははハプニングバーの覗き部屋で〜というまさに変態丸出しな方向で、景彰は星空の見える場所にドライブ、そして車内でという正統甘々モード(笑)。
因みに、私はこのふたりなら景彰派です(笑)。漣も変態キャラ(笑)としては面白いんだけど、景影の2作目でのあの懐の深〜いセリフを前にしては霞んでしまう。強面武装派と見せかけて案外正統派なところとか、ギャップもイイです(笑)。

この他もちろん3人のシーンもありますが、これまでの2作で慣れたのもあるのか今回はちょっとインパクトに欠けました。
あと、七瀬が剛成に抱かれるエピソードは微妙です。そうなる流れも納得できるようなできないような感じだし、これは…ない方が良かったかなー。
そこがすっきりしないので、お話の収束もなんかすっきりせず…。うぅーん…。。

本編後の「天使たちの宴」は、何とスピンの鴫原×鴫原を加えての5Pです(!)
それもただの5Pではなく、七瀬と雛希の百合プレイつき!
双頭淫具なんて山藍さんの「とりかえばや」でしか見たことありませんでしたが、とにかく5Pが霞むほどの勢いで、っていうか作家さん今回は何よりこれを描きたかったんでしょ、と思ってしまったくらい(笑)。
なにしろ、二人以外の男に躰を許したことへの「罰」ですからね、これw うん、そうか、全てはここに辿り着くための下準備だったのか! と(笑)。
あまりないプレイなだけに、好きな人は凄くはまると思います。
私は百合にはそれほど興味ないので実はそれほどでもなかったんですけれどもね(汗)。
肝心の5人でのシーンは、さすがに人数が多いのがアダになったか、攻めの中には参加しているのかどうなのかよくわからないのもいたりで、百合プレイほどのインパクトはなかったのが残念でした。

そしてシリーズ新作はイラストレーターさんが変更になるそうで…。
鵺さんは、「エンジェルヒート」といえばいつも期待の半分はイラストというくらい大好きだったのでとても残念です。もう商業では描かれないんですかね…T T
鵺さんのイラストは、描線や絵柄は硬質な印象なのにエロシーンでのキャラの表情が絶妙に卑猥ですごくエロく見えるんですよね。
そして正確なデッサンで描かれる裸体や3人の絡みのシーンは安定感と迫力があり、とてもお話を盛り上げてくれていたと思います。
そればかりじゃなくシリアスなシーンも素敵ですが、でもやっぱりBLのレーターさんってかっこいい男子が並んでいるキメ絵は描けてもエロシーンになると途端に残念になる人が多い中、この画力は貴重でした(っていうか、エロシーンや裸体をちゃんと描けるか描けないかで作家さんの力量が知れますね)。
そうじゃなくても最近は雰囲気イラスト増えてきたし、鵺さんいなくなってしまったのは私の中ではものすごい損失なんですが。。
新生エンジェルヒート、どうなることやら期待と不安でいっぱいです。

「エンジェルヒート」シリーズ
 ・「エンジェルヒート」
 ・「エンジェルヒート 〜in Love〜」
 ・「ストレイエンジェル 〜天使志願〜 」(鴫原×雛希のスピンオフ)
 ・「エンジェルヒート 〜Blood〜」
 ・「エンジェルヒート 〜Devil〜」

スポンサーサイト

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック