calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「エンジェルヒート 〜in Love〜」 西野花 / ill.鵺

一度手を放してくれた景彰と漣への想いを捨て去れず、再び性奴隷として彼らの懐へ飛び込んだ七瀬。けれど、彼らはまるで恋人にするかのような甘やかな態度で溢れるほどの快楽を注いできて……。

「エンジェルヒート」第二弾。
前作で景彰と漣のドS兄弟の性奴隷になることを選んだ七瀬のその後のお話。
続編が出ると知った時は、一作完結のお話としてまとまっているしどう見てもシリーズ化する予定ではなかった感じだったので蛇足にならないか不安だったりもしましたが、さすが西野さん読み応えもエロもたっぷりでした(笑)。特にエロは前回よりもヒートアップ。一作目とこれとの間に、花丸BLACKのリミッターもいろいろ外れたんだろうな(笑)。

性奴隷になったといっても七瀬は可愛がられまくりで、景彰と漣にものすごく愛されていることがわかります(笑)。
のっけからピアッシングプレイ(エンゲージリングw)があったりしますが、前半はもう甘々すぎてちょっと食傷気味だったくらい。
3人だけでなく景彰、漣それぞれとのシーンもあるんですが、なんかもうフツーの甘い恋人のHシーンみたいでした。
七瀬が景彰と漣がマスターとして他の奴隷に触れることに嫉妬して、彼らの奴隷以上の存在になりたいと思うのも、何だかもう今更(笑)。

そんな感じで前半はお腹いっぱいで胃がもたれそうなくらいでしたが、後半、七瀬が景彰たちの転覆を狙う男に拉致されて以降の展開はたまらなかったです…!
今回、未遂で終わった前回と違い七瀬はふたりに救出されません。複数の男たちに徹底的に輪姦されてしまう。
BLではこういうことになっても攻めへの操立て(?)なのか受けは攻め以外には感じないとか不快感が〜とかになりがちだというのに、すっかり調教されてしまった七瀬の躰はしっかり快楽を得てしまっているのがいっそ清々しいくらいでした。
躰が心を裏切ることに煩悶しながらも躰は苦痛ではなく快楽に流されドロドロになっていくので、かなりハードなシーンなんだけど痛さがなくて、すごくエロい。
しかも、最後にはエンジェルヒートを使われてしまってヒートアップ。
苦手な方は避けた方が無難ですけれど、ココを読み手に「愉しませる」のってすごいなと思ってしまいました。

そして輪姦シーンががっつりあったからこそ、その後の展開をいっそう印象深いものにする効果を上げていると思いました。
何とか救出された七瀬に景彰が言った「何も気にせず、帰ってこい」という言葉といい、景彰と漣の七瀬を想う気持ちの深さに感動です。
その後「お仕置き」と称して七瀬はふたりに罰をねだるのですが、それが緊縛+蝋燭プレイ!
3Pもののお約束といっていいラストの二輪挿しが霞むほどでしたけれど(笑)、それよりも萌えたのは、景彰と漣が輪姦された七瀬を洗うお風呂のシーンでした。清めているうちに興奮してきて…なのは期待通りでしたが(笑)、七瀬がふたりからかけられるところは、挿し絵ともどもエロすぎますね!

前作以上にハードな内容でしたが前作よりも3人の絆が深まった内容でした。
脇役で登場した鴫原もイイ味を出しています。彼は後半はかなり美味しいところを持って行きましたね。
ところで、七瀬が「大天使」だとか「アークエンジェル」とか称されているのには吹いてしまったw

「エンジェルヒート」シリーズ
 ・「エンジェルヒート」
 ・「エンジェルヒート 〜in Love〜」
 ・「ストレイエンジェル 〜天使志願〜 」(鴫原×雛希のスピンオフ)
 ・「エンジェルヒート 〜Blood〜」
 ・「エンジェルヒート 〜Devil〜」

スポンサーサイト

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック