calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「エンジェルヒート」 西野花 / ill.鵺

母親の治療費を稼ぐため、巷で噂の媚薬・エンジェルヒートの秘密を探ることになった七瀬。通称ヘヴンと呼ばれる非合法組織に潜り込んだまではよかったが、逆に策にはまり、不定期に開かれる秘密クラブの見世物として、初めての身体をさんざんに嬲られてしまった。「極限までいやらしい身体に仕立て上げて、男なしではいられないようにしてやるよ」その日から七瀬は、ヘヴンのトップである景彰と漣の性奴となり、絶え間ない淫虐に晒される。しかしどこか甘いそれに、心まで酔わされて…。

久しぶりのシリーズ新作発売日が迫ってきたので、おさらいを兼ねて読み返してみました。

倒れた母親の医療費を負担してもらうことを条件に巷で噂になっている媚薬「エンジェルヒート」の情報を盗みに非合法組織に潜入した七瀬が、逆に組織のトップ景彰と漣の兄弟に囚われ彼らの性奴隷(=エンジェル)として躾けられてしまう、言わずと知れた西野さんのエロエロ3Pなお話(笑)。数ある3Pものの中ではダントツに好きな作品です。
鵺さんのイラストも卑猥さたっぷりでたまらないです!

のっけから非合法クラブのステージに上げられた七瀬が衆人環視の中で景彰と漣に犯されたりして、ハードなのかと思いきやそこは「天使も発情させる」というほどの効果のある媚薬・エンジェルヒートの効果でむしろ七瀬感度良すぎだろというくらい気持ちよさそうで、痛さは全然ありません。
というか、最初から攻めふたりが七瀬を気に入っているのがわかるので、全体を通じて酷い感じはせずむしろ甘いくらい(笑)。

七瀬は普段はクールな美人だけれど快楽には弱いタイプで、攻めふたりの性奴としてどんどんエロく躾けられていくギャップがイイです。でも、時々いくら媚薬が効いているとはいえ…と思うことがないでもないですが(笑)。
ひとでなし兄弟(笑)は、兄の景彰は外見は強面系だけど案外面倒見のいいところがある男で、弟の漣は甘いマスクをしているけれど酷薄系とそれぞれにタイプが違います。基本は3Pだけど景彰、漣それぞれとのシーンもあるので、そこでも愉しめるかと。
この他、尿道攻め、自慰、もはや3Pもののお約束(笑)の二輪挿しなどなどエロ面はこれでもかというくらいの充実ぶりです(笑)。
いちばんエロいなと思ったのは尿道攻めのところでしたw攻めふたりが七瀬の口を割らせるためにエンジェルヒートを使いながらやっちゃうんですが、このあたりがエロもお話もいちばん盛り上がってたかな。
ラストを飾る二輪挿し3Pもエロエロですが、実は二輪挿しプレイにあまり萌えないのでそっちよりもこっちの尿道攻めで異常に盛り上がってしまったわけですが、もしかしてそれって私だけですか?(笑)
ところで、二輪挿しってあれですか、受けが攻めふたりを同時に感じるってところがイイんですか?? 私、どうしても裂けないかとか括約筋緩まないかとか余計なことが気になってイマイチ愉しめないんですが;
でも、3Pものには必ずっていうほど出てくるのを見ているとかなり受けているんでしょうね。

ストーリーそのものは、はっきり言ってエロのためにあるようなものなので期待するとアレですが、でも一度は兄弟から解放された七瀬が自らの意思で彼らのもとに戻る決断をしたことろは良かったです。
気が付いたら躰のみならず心も彼らに調教されて、彼らなしでは生きていけなくなってしまったという(笑)。この3人はこの先フツーに甘々な日々を送るんだろうなと思わせられました。

ただ、途中お約束のように七瀬が拉致されあわや輪姦…な展開になるんですが、直前で攻めふたりが登場して救出されているのにはなんだかなーと思ってしまいました。
私がこの作品を読んだのはBLを読み始めたばかりの頃で、それ以前にBL(っていうかやおい)といえば山藍紫姫子さんしか知らず、受けが攻め以外に凌辱・輪姦が当たり前の山藍作品に慣れていたのですごく肩透かしだった記憶が。
それから段々BLでは受けが攻め以外にヤラれるのは基本的に御法度なんだと気が付いたんですけれども(汗)、エロ特化を謳うレーベルでもダメなんだなーとつくづく思ったものです。
というかこういう直前で攻め登場のパターンをよく見かけますが、結局寸止めにしてしまうならもういっそ最初からなくていいのにと思ってしまうのは私だけでしょうか。。
まぁ、このシリーズに限って言えば、2作目以降はそのへんのリミッターもなくなってより振り切った内容になっていくのでOKですけれど(笑)。
エロ特化と言いながらもそこがどうしてもすっきりしなかったので★ひとつマイナス。

「エンジェルヒート」シリーズ
 ・「エンジェルヒート」
 ・「エンジェルヒート 〜in Love〜」
 ・「ストレイエンジェル 〜天使志願〜 」(鴫原×鴫雛希のスピンオフ)
 ・「エンジェルヒート 〜Blood〜」
 ・「エンジェルヒート 〜Devil〜」

スポンサーサイト

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック