calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「忘れないでいてくれ」 夜光花 / ill.朝南かつみ

他人の記憶を覗き、消す能力を持つ清廉な美貌の守屋清涼。見た目に反して豪放磊落な性格の清涼は、その能力を活かして生計を立てていた。そんなある日、ヤクザのような目つきの鋭い秦野という刑事が突然現れる。清涼は重要な事件を目撃した女性の記憶を消したと詰られ脅されるが、仕返しに秦野の記憶を覗き、彼のトラウマを指摘してしまう。しかし、逆に激昂した秦野は、清涼を無理矢理押し倒し、蹂躙してきて―。

もうじき花吹雪先輩編が出るので、久々に読み返してしまいました。
夜光さん作品ではダントツに好きなお話です^^

人に触れることで相手の記憶を覗くことができ、更にその内容を書き換えるという不思議な能力のある清涼(受)は、その力を使って怪しいクリニックを経営しています。
ある時、清涼は偶然自分の受け付けた男が強姦の常習犯であることを知ってしまい、セラピーと見せかけて破滅させてやろうと企み実行するのですが、男を追っていた刑事の秦野(攻)がことの成り行きに不審を覚え、清涼のもとへとやって来て詰ります。
それに苛立ちを覚えた清涼は腹いせに秦野の心を覗き込み、そこに潜んでいた過去のトラウマを曝しますが、逆上した秦野に犯されてしまい…。

最初は無理矢理な関係からスタートするお話ですが、漫画チックな受けの能力と清涼と秦野のキャラが絶妙にマッチしたとても面白いお話です。
こういう特殊能力モノで事件絡みのお話って、ラブ面よりもそっちの方に重点が行きがちでBLとしては物足りないものがよくありますが、これはキャラの魅力も相まってその辺りのバランスが絶妙(エロも含めて・笑)でした。

清涼みたいな能力持ちってミステリアスなキャラが多いと思うんですが、清涼は何だかふてぶてしい(笑)。
秦野に無理矢理やられてしまうも、彼をを煽った清涼の性格がそもそもの原因のような気がして、あまり気の毒に思えません(笑)。からっとした性格なので、その後引きずることもないのがいいです。
このお話は、もう何よりそんな彼のキャラにヤラれましたね!
そして最初は傲慢な奴なのかと思った秦野も、刑事をやっているだけに清涼よりはるかに常識人で、その後清涼のもとに花を持って頭を下げに来きたり(笑・男相手にやることなのかそれはw)面と向かって「好きだ」と言い出せなかったりと、実はヘタレな面のあることも判明してなんだか可愛い印象になっていきます。
彼らは始まりは最悪でしたが、何だかんだと馬が合い、徐々に気の置けない存在に、そして恋人同士になっていくわけですが、そこに至るまでのやり取りが漫才みたいでかなり可笑しいです。
いちばんツボにキたのは、ふたりが付き合ってる付き合ってないの言い出すあのシーン(笑)。BLでこんなに可笑しい告白シーンがあっただろうか…(笑)。

清涼の過去とともに、実はその能力が彼が抱えていた過去に起因していたことが判明するあたりからスリリングな展開になって目が離せなくなります。
悪人は「目には目を」で裁こうとする清涼なりのやり方と、刑事として悪は法のもとで裁かれるべきだという秦野の主張との対比も興味深かったです。
図太そうに見えながらも武装することでしか自分を守れなかった清涼が、自分と同じように子供の頃のトラウマを抱えながらもそれを自分の一部として受け入れている秦野の強さに惹かれた、というのも、ノンケが男を好きになる理由としてとても自然な流れだなと思いました。自分の想いを素直に受け入れるに、もの凄く時間がかっているのが清涼らしいですが(笑)。
けっこう重いものも含んでいるお話ですが、清涼と秦野のおかしな掛け合いが最期まで健在なこともあって、暗い印象にはなっておらず読みやすいのがまたいいですね。

清涼と秦野以外にも、清涼の友人で良き理解者なんだけどとってもうさん臭い塚本や、その彼女で怪しさでは更に上を行っている黒薔薇さん(お気に入りはベットの下ってww)などなどかなりインパクトのあるキャラがお話を盛り上げてくれています(笑)。
朝南かつみさんのイラストも素晴らしくて、キャラがそれぞれに魅力的なのはイラスト効果も大きいです。
そしてお話には登場しなかったけれども、ある意味清涼の恩人でもある花吹雪先輩が気になって仕方がない! スピンオフ読めるのが待ち遠しいです〜

スポンサーサイト

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック