calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2012マイ・ベスト!

いろんなサイトさんで年間売り上げランキングが発表され始めましたね。
それらや前の「このBLがやばい!」を見ていたら、ちょっとやってみたくなりました、個人的2012年BLベスト!(笑)
好きなものに順位を付けるのが苦手なのでこういうことはこれまで全然やったことがなかったのですが;一年を振り返りながら記録しておくのもいいかな〜なんて、気持ちの変化が起こりました(笑)。
でも好みがマイナー路線まっしぐらなので、挙げている作品も巷のランキングとは全然違うと思います(笑)

…というわけで、まさにチラシの裏にでも書いておけよな内容ですが(笑)、2012年内に発売された小説、漫画それぞれのマイ・ベストです。
ところどころ鬱陶しい語り?が入っちゃったりしていますが、どうぞ生温かい目で見てやって(またはスルーして)下さいね(笑)。
◆ 小 説 ◆

昨年出た新刊で読んでいるのは57冊でした。2011年以前の作品を含めるともうちょっと増えますが、多読の人は一日一冊読んだりしているらしいので、そう大した数じゃないですよね。。
そんな、量も傾向も偏った中でのマイ・ベスト10です。

1位 「堕楽の島 〜狂犬と野獣〜」 沙野風結子/イラスト:小山田あみ
4812490979堕楽の島 狂犬と野獣 (ラヴァーズ文庫)
沙野 風結子 小山田 あみ
竹書房 2012-09-25

by G-Tools

攻め×攻めが大好きな私には、シリーズ通してもたまらない作品でした。お話の読み応えはもちらん沙野さんならではのエロもたっぷりで、大満足の三作目でした。靫と峯上はBL一の理想のカプかも。
このシリーズにすっかりはまって漸く気がついたんですけど、私の求めているBLってこういうのなんだなーと。
BLにどっぷりはまるより以前、この手のジャンルに入る作品で読んでいたのは山藍紫姫子さんの作品だけでした。濃厚エロスに酔いつつも、受けがもうちょっとでも男っぽかったらなーとそこばかりが不満だったのを覚えてします。まぁ、山藍さんが追求しているのは男でもあり女でもある両性具有的な美しさを備えた受けだそうなので、彼女の作品にそれを求めるのがそもそも間違いなわけですが(笑)、ここ数年BLを読むようになり、特に沙野さんの作品と出会ったことでこの辺の物足りなさが満たされた気がします。
その中でもこのシリーズはまさに理想のお話。靫と峯上のような、男女の関係では無理などこまでも対等な関係にある男たちのお話が激ツボなのです。
シリーズ終わっちゃうのが寂しすぎるので、せめて宮木と光のスピンオフは期待したいです〜〜。

2位 「地下室のワルツ―蜜と罰―」 華藤えれな/イラスト:周防祐未
489601846X地下室のワルツ ─蜜と罰─ (ルナノベルズ)
華藤 えれな 周防 佑未
ムービック 2012-06-06

by G-Tools
 
華藤作品は不幸ネタたっぷりの波乱に満ちた展開がこれでもかと続いた末に最後の最後で無理やりハッピーエンドに持っていく強引さに付いていけないことがよくありますが(笑)、そういう部分がありながらもこれは実際の内戦を絡めて描かれているため真実味があって、ありがちなつっこみどころなどない凄い作品でした。
そして華藤さんには珍しい男前な受け・夏生に惚れた一冊でもあります(笑)。
こんなに読み応えのある作品なのに、どこにも取り上げられていないのがもどかしい><

3位 「書生の戀」(「erotica」収録作) 榎田尤利/イラスト:今市子
4799711709erotica
榎田 尤利 中村明日美子
リブレ出版 2012-08-20

by G-Tools

丸々一冊の評価でないのが申し訳ありませんなのですが。
戦争前夜〜戦中を舞台にしていても、最近話題になっている尾上与一さんの「天球儀の海」のようにハッピーエンドに終わるのが常のBLにあって、珍しいことに悲しい結末になってしまったこのお話は読み終えてからもずーっと余韻が残りました。あの時代を書くのなら、これが「正解」だと思ったのは私だけでしょうか。
企画ものだからこそ許された作品かもしれませんが、たまにはこうした作品も読みたいと思いました。

4位 「おとしてやるっ!」 剛しいら/イラスト:石原理
481304106Xおとしてやるっ! (SHY文庫07)
剛 しいら 石原 理
大洋図書 2012-12-06

by G-Tools

2000年刊行作品の新装版なので含めるかどうか悩んだのですが、 あまりにも面白かったので入れました!
噂に聞いていた辰巳の男前っぷりが想像以上だしお話も読み応えがあるしで、この先の刊行も楽しみな作品です。

5位「天児」(「クリームな僕」収録作) 山藍紫姫子/イラスト:ぽ〜じゅ
4592850920クリームな僕 (白泉社花丸文庫BLACK)
山藍 紫姫子 ぽ〜じゅ
白泉社 2012-06-20

by G-Tools

懐かしの作品が収まったこの山藍さんの短編集、中でも「天児」は何度読んでもこれぞ山藍さん! と言いたくなるようなお話です。
先ほど山藍作品に対する物足りなさのことを書いちゃいましたが(汗)、でもこの「天児」なんかを読んでいると、あぁこれは山藍さんじゃないと描けない世界だな、と思うんですよね。時代物ならではの妖しさやめくるめくエロスの世界にはただただ圧倒されてしまいます。そしてこうした山藍作品でしか味わえないものがあるからこそ、ずーっと読み続けているしこれからも読みたい。
今年は新作も期待したいです。
 
6位 「薔薇の誕生」 夜光花/イラスト:奈良千春
4813012574薔薇の誕生 (SHYノベルス289)
夜光 花 奈良 千春
大洋図書 2012-06-28

by G-Tools

全巻揃えてから一気に読んだため、中盤以降引っ張った割りにはあっさり回収された部分や必要だったのか疑問な部分が気になってしまいましたが、さすがにこの最終巻は! 読み応えも萌えもたっぷりな大大円でした。
そういえばすっと待ってるこのシリーズの小冊子がまだ届かないー。年越し前に届いた方もいるという情報をキャッチしてかなり不安になっているんですけどー。っていうか、運輸業界が混乱しがちなこの時期に発送している編集部を疑うぜ…。

7位 「極道はスーツを愛で貫く」 中原一也/イラスト:小山田あみ
478160837X極道はスーツを愛で貫く (アズ・ノベルズ)
中原一也 小山田あみ
イースト・プレス 2012-08-31

by G-Tools

しばらくマンネリ気味だったものの諏訪と木崎の関係が進展し始めたあたりから俄然目が離せなくなってきたこのシリーズ、最新刊ではほんとにとんでもないことになってしまいました。続きが読みたくて仕方がないシリーズ癸韻任后
そして最後はどうかみんな幸せに終われますように…!

8位 「〜un petit nid〜」 凪良ゆう/イラスト:葛西リカコ
4829625384お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
凪良 ゆう 葛西 リカコ
フランス書院 2012-09-12

by G-Tools


コミュニケーション下手で後ろ向きな加瀬と飄々としたおっさんキャラ阿木の組み合わせが絶妙で、どこか可笑しかった一冊。
やっぱり凪良さんは、こうしたシリアスな中にもちょっと笑えるユーモラスな部分のある作品のほうが好きです。

9位 「双子の獣たち」 中原一也/イラスト:笠井あゆみ
4199006788双子の獣たち (キャラ文庫)
中原一也 笠井あゆみ
徳間書店 2012-08-25

by G-Tools

中原さん初の双子3Pものは、この手の作品が軒並み似通った印象に陥りがちな中、笠井あゆみさんのイラストも相まって美味しい読み応えでした(笑)。
極道スーツの最新刊といい、中原さんは昨年は読み応えのある作品が多かったです。

10位 「アウトフェイス ダブル・バインド外伝」 英田サキ/イラスト:葛西リカコ
4199006907アウトフェイス ダブル・バインド外伝 (キャラ文庫)
英田 サキ 葛西 リカコ
徳間書店 2012-11-27

by G-Tools

待ちに待った葉鳥&新藤編! 受けが脳内オトメ化&攻めに窮地を救われがちな英田作品では珍しく、葉鳥が自分の大切なものや抱えているものをちゃんとひとりで守っているのがいいですね。見た目はチャラっとしているくせに実はまっすぐ芯の通っている葉鳥がますます好きになりました。
あとは、このシリーズの番外編小冊子やらSSやらが乱発されないことを祈ります(苦笑・続編は大歓迎ですよ!)


◆ 漫 画 ◆

基本が小説読みの私は、漫画はほとんど読んでません…。昨年の新刊で読んでいるのも片手で足りる程度という。。
よって漫画はベスト5までしか選べませんでしたが(汗)、その少なさでベスト5!? ふざけてんの?? …なんていぢわるなツッコミは入れないでやってください。。

1位 「キャッスルマンゴー」2 小椋ムク/原作:木原音瀬
4864420602キャッスルマンゴー(2)(完) (マーブルコミックス) (MARBLE COMICS)
小椋 ムク 木原 音瀬
ソフトライン 東京漫画社 2012-09-30

by G-Tools

昨年は小椋さんの魅力にハマった一年でした。可愛らしさの中にもちゃんと男らしい絵柄が大好き。そして漫画もいいですよね。
このお話も、原作の木原さんの持ち味も生かしつつ、でも木原作品ほど重くなることもなくちゃんとBLとして楽しめる仕上がりになっていて、きっとそれは小椋さんの上手さなんだろうなと思いました。

2位 「In These Words」 Guilt|Pleasure
4799711822In These Words (ビーボーイコミックスデラックス) (ビーボーイコミックスDX)
Guilt|Pleasure
リブレ出版 2012-09-10

by G-Tools

まさかのアメコミ作家さんによるBLは、BL的甘さはほとんどありませんでしたが圧倒的な画力とお話そのものの展開にぐいぐい引っ張られてとても読み応えがある作品でした。漫画を読んでいるというより映画を見ているようなと言った方がしっくりしそうな感じです。
次が出るまでにはまだまだ時間が掛かりそうですが、首を長くして待っています!

3位 「」4 日高ショーコ
4199605193憂鬱な朝 4 (キャラコミックス)
日高 ショーコ
徳間書店 2012-07-25

by G-Tools

お話がだいぶ進みましたね〜。ふたりの自分たちのことだけではなく、地位のある人間としての責任を疎かにしない姿勢がすごくよかった。「愛が全て」が主流のBLでは、これはとても珍しいと思いました。
そして、クライマックスへ突入するだろう次回が楽しみで仕方がありません。

4位 「スタンレー・ホークの事件簿 仮面〜ペルソナ」  本仁戻/原作:山藍紫姫子
4832287923スタンレー・ホークの事件簿 仮面〜ペルソナ (花音コミックス)
本仁 戻 原作:山藍紫姫子
芳文社 2012-01-28

by G-Tools

何年も読める日を待ち続けたコミカライズ! さすが本仁さん、挿し絵担当だったとあって原作の雰囲気をそのまま再現されているのが嬉しいですね。そして本仁さんが私と同じくスタンレー贔屓で良かったなーと心から思ってしまったのでした(笑)。 
漫画としての見せ方がとっても巧くて、画面眺めているだけでも見応えがあり、できればこれ以降のエピソードも漫画で見てみたいと思わずにはいられない、レベルの高いコミカライズでした。

5位 「千―螺旋の錠―」 岡田屋鉄蔵
4592720458千 螺旋の錠 (花丸コミックス・プレミアム)
岡田屋 鉄蔵
白泉社 2012-04-27

by G-Tools

そういえばまだ感想書いていませんでしたが(汗)けっこうハマっちゃった作品です。
最近こうしたファンタジー要素のある時代物は、良くも悪くもパラレルでやりたい放題なものが多いですがこれは正統派な感じで、そこが時代物が好きな私には色々と美味しかったです(笑)。


◆ 挿 絵 ◆

BL小説を愉しむ上で欠かせない存在である挿絵。こちらもベスト5まで選んでみました。

1位 朝南かつみ 「〜アンダルシア〜」(華藤えれな)
4896018206神に弄ばれた恋 〜Andalucia〜 (ルナノベルズ)
華藤 えれな 朝南 かつみ
ムービック 2012-01-07

by G-Tools

まさかの訃報に涙してからもう一年が経つのですね…。年明け早々、この作品のカバー絵に何て凄いんだー! と感動したのが昨日のことのようです。
お話の方は正直苦手なカテゴリの華藤節(失礼;)で、たぶん朝南さんがイラストを担当していなければ手にしていなかったと思います。
荘厳なゴシックティストの、濃い目ではっきりしている色彩の中、人物の表情だけが見えないというのが意味深ですよね。で、つい彼らの見えない表情や感情が知りたいと思わずにはいられなくなって、たぶん合わないお話だろうなーとわかっていても読んでしまうという。こうした朝南さんのカバー絵の吸引力はBL一だと思っています(なにしろそれが元でBL読みになったので)。
本文イラストはそこまでこってりしていないので胸焼けすることもなく(笑)、なのに闘牛の臨場感や埃っぽいアンダルシアの気配をしっかり感じさせてくれました。大切にしたい一冊です。

2位 小山田あみ 「僕に愛を語るな」(結城瑛朱)
4896018303僕に愛を語るな(ドルチェノベルズ)
結城 瑛朱 小山田 あみ
ムービック 2012-08-25

by G-Tools

レーターさんではいちばん好きな方なので昨年もイラスト担当作品はすべてチェックしちゃっていますが(笑)、その中でもこのカバー絵のインパクトったらなかったです。カラフルなカバー絵の多いBLの中にあってこのシンプルさは斬新でした。お話の10年以上もぐだぐだな関係を続けることしかできなかったふたりに必要なの、は実はこのシンプルさだったんですよね。その辺りも読み取れる素晴らしさにやられてしまいます。そしてモノクロイラストも素晴らしい。
小山田さんは他にも、北風と太陽みたいなのがそのままふたりの関係性を表していた「カタギの分際」のカバー絵や、「堕楽の島」でのド迫力なイラストの数々も印象的でした^^
小山田さんの絵にどっぷりはまってからそろそろ丸3年、なかなか小山田さんで盛り上がれる方がいないのが寂しいんですが、今年も素敵な絵(と萌え)を期待しています!

3位 笠井あゆみ 「復讐は闇の果てに」(矢城米花)
4592850890復讐は闇の果てに (白泉社花丸文庫BLACK)
矢城 米花 笠井 あゆみ
白泉社 2012-03-22

by G-Tools

「麗人」の表紙イラストでおなじみだけどBL小説のイラストはほとんど担当されることがなかった笠井さん、この一年ほどの間にちょこちょこ描いてくれるようになり、もう嬉しい限りです! クールかつ耽美な雰囲気を湛えつつも同時にエロいところがたまらんですね!
この矢城さんのお話でも、悌毛シーンとか美味しいイラストがしっかりあったりして大満足です(笑)。ごちそうさまです(笑)。
個人的な希望としては、花丸BLACKで山藍先生と組んでほしい! 昔の山藍作品にぴったりだと思うのに意外にも一度も組んだことがないこのおふたりのコラボ、見てみたいです。
そんな希望も含めて(笑)、今年もたくさん描いてほしいと願うばかりです^^

4位 奈良千春 「薔薇の誕生」(夜光花)
4813012574薔薇の誕生 (SHYノベルス289)
夜光 花 奈良 千春
大洋図書 2012-06-28

by G-Tools

好きな作家さんや作品やレーターさんの傾向からファンだと勘違いされているかもですが、実は私、今も昔もこの方の絵(というか絵柄?)は苦手です。。
ここ数年のもう何処を目指しているのかわからなくなってきた絵柄だけではなく、きれいと言われている初期〜中期も唇が分厚すぎたり目が爬虫類みたいで怖かったりと何かしらデフォルメやクセがきつくてあまり…。
でも、苦手なんだけれどもこの薔薇シリーズの最終巻のカバーイラストなんかがそうなんですが、やっぱり凄いレーターさんなんだなと思うのですよね。お話を読み終えた後に見たときの、「そうか、これは…!」な部分には感動してしまいました。カバー裏にエリック&マリアを登場させているのも、このふたりが大好きなだけに嬉しかったです。
絵柄が苦手だ〜と思い続けてきた絵師さんですが、最近の、って言っても英田さんの「ヘブンノウズ 足跡」ですが、あ作品のモノクロの雰囲気はけっこう好きです。
ここ数年のぐちゃぐちゃごちゃごちゃ書き込みすぎ(の割りに人物の顔は不明瞭…)なのやその前の目が爬虫類の時期のリアル路線なのか漫画調なのかはっきりしないバランスの悪さがなくなって、より漫画っぽい絵柄になられたような。 短期間でどんどん絵柄が変わっていく方ですし、この先どう変化していくのかは予想がつきませんが、個人的にはこれをベースにしてほしいかも(笑)。
まぁ、昔の絵柄が好きな方にはカジュアルダウンしたというか、BLっぽい隠微さはなくなったので物足りないかもしれませんね。

5位 王一 「偽る王子 運命の恋の物語」(矢城米花)
4576120514偽る王子 運命の糸の恋物語 (二見シャレード文庫)
矢城 米花 王一
二見書房 2012-04-24

by G-Tools

台湾の漫画家&イラストレーターの王一さん。日本ではまだ矢城さんの作品を手掛けているだけですが(っていうか矢城作品は挿絵が豪華ですよね!)、この方は猛プッシュです!
こういうきれい目の絵柄の方ってただ「きれい」なだけで表情や動きがなかったりカラーとモノクロの印象が全然違ったりしがちですが、さすが人気漫画家さんとして活躍されているだけのことはあってそういう不満が一切ない、とてもレベルの高い作家さんだと思います。
トーンやCGに頼ることなくまるで水墨画のように線画と黒一色のみで構成されている画面も、不思議と古臭さは一切感じられずむしろ斬新でした。絵柄がシャープだからでしょうかね?
そしてこんなにきれいなのにエロシーンも躊躇なくがっつり描かれるところに惚れています(笑)。個人的にここ重要だと思っているんですが(爆)、案外満たしている方いないんですよね〜。
絵付け作品は限られるかもしれませんが、今後も登場してほしい作家さんです。



あ〜〜やっと終わりましたーー
本当はBL読みとして昨年感じたことなどもちょこちょこ書きたかったのですが、…ちょっと気力体力ともに限界ですのでまたの機会(あるのなら;)にします(笑)。
さてと、ここのところちょっといろいろあって本を読む余裕もなくて、BL非BL問わず積読が溜まりまくっています。
ので、これから片付けにかかりまーす!

スポンサーサイト

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
初めまして。
久しぶりにBLが読みたくなってこのサイトにたどり着きました〜
好みが似てることと、aliciaさんの文章がうまいせいで、とても読みたくなってしまって、ランキングされてる小説のほとんどをネットで大人買いw
aliciaさんの書かれている文章だけでも、とても楽しく読ませていただきました〜
本も読むのが楽しみです。

  • yuduki
  • 2013/08/31 9:45 PM
yudukiさま

初めまして!
ご訪問&コメントありがとうございます^^
思うままを書き散らかしているだけなので(汗)、
そんなふうにおっしゃっていただけるなんて感無量です!
ブログやっててよかった!(笑)
ありがとうございます^^

そして好みが似ていらっしゃるとのこと、
実はあまりそういう方に出会うことがないので
純粋に嬉しいです^^

購入されたBLもお楽しみ頂けますように…☆
  • alicia
  • 2013/09/01 12:12 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック