calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「薔薇の陰謀」 夜光花 / ill.奈良千春

薔薇騎士となり、薔薇騎士団の本部を訪ねた啓は、そこで新たな仲間たちと出会った。高潔なはずの薔薇騎士団。けれど、そこには欲望と謀略、そして、裏切りが渦巻いていた。薔薇騎士である啓を守るため、命を賭ける守護者のレヴィンとラウル。彼らは求め合う運命にあった。薔薇騎士だから、守護者だから惹かれるのか?自分の心がわからず戸惑う啓だったが、新たな薔薇騎士が誕生して―。

「薔薇」シリーズ第三弾。
前回で啓は、薔薇騎士団の本部があるマルタ島で正式な「薔薇騎士」として認められました。けれども今回、その薔薇騎士団の、陰謀や権力争いや裏切りの渦巻くかなり腐敗した内部が明らかになっていきます。
今回はこれまでの主軸だった「不死者」との闘いそのものよりも、薔薇騎士団内部についてがメインになっており、その実態に薔薇騎士団って高潔で名高いんじゃなかったのかよーと突っ込みたくなるほど。結局ある程度の人間が固まるとどんな組織もそうなっちゃうってことですかね。。
そして更にもうひとりの「薔薇騎士」ルイスの登場が、啓たちに暗雲を呼びます。
啓は図らずも薔薇騎士団の総帥の座をルイスと争うことになるのですが、それまでの薔薇騎士団内のドロッとした権力闘争のいざこざも吹っ飛ぶくらいとんでもない展開が待っていました。

もうこれ、ラブよりも物語そのものの方に目が離せなくなってしまいました。
いやラブももちろんありますが、それよりもお話の面白さに惹きこまれてしまうというか。
これまでもそうでしたが序幕と終幕に別軸からの謎や告白が差し込まれて、それが続く本編と次巻それぞれの伏線になっているのが秀逸。夜光さんは面白いエンタメを作るのが上手いですね。

でもでも! ラブ面も美味しいところがちゃんとありましたよ(笑・当たり前だ)!
啓は相変わらずレヴィンとラウルが同じくらい好きで、これは自分が「薔薇騎士」で彼らが「守護者」だからなのか答えを見付けられずに悩んでいます。
その啓を巡ってレヴィンとラウルが決闘すると時代錯誤なことを言い出し(結果啓には親代わりの文也にばれ・笑)、そんなふたりに啓はもうどちらとも寝ないと決意し、そんなことを承知せず迫ってくるラウルに啓が「ラウルがするなら、この後レヴィンともする」。
…。
いちばんヒドイのは啓ですね(笑)。
今回はっきり分かったことがあるんですが、啓って無自覚に残酷だな〜と(笑)。今回はこんなののオンパレードだった気がします。レヴィンやラウルはもちろん、気持ちに全く気付かれていない雄心が憐れで何だか泣けてくる…。

そのレヴィンもラウルも終盤で危機にひんしてしまい、いったいどうなってしまうんだというところで幕。
本作で少年時代編は終了とのこと、次回はこのお話のラストから2〜3年後になるのだそうで、そうなるとラウルがどうなってしまうのかと気が気じゃないです。
つくづく、完結するまで読んでなくてよかったと思ってしまいました(笑)。

「薔薇」シリーズ
 ・「薔薇の刻印」
 ・「薔薇の血族」
 ・「薔薇の陰謀」
 ・「薔薇の奪還」
 ・「薔薇の守護」
 ・「薔薇の誕生」

スポンサーサイト

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック