calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「夜明けには優しいキスを」 凪良ゆう / ill.高階佑

朝なんて来ないと思ってた―。フリーターの西塔要はある秘密を抱え、自分には幸せになる権利はないと日々ひっそり生きてきた。バイト先の無茶なシフトや恋人の加瀬からの暴力すら黙って受け入れる要を、バイトの後輩である池上公平はなにかと気にかけてくれる。最初は苦手だったのに、公平の明るさと優しさに触れるうち、要は次第に惹かれてゆく。けれど受け入れられない。公平を好きになってはいけない。過去の秘密が要を縛りつけ、二人の仲を疑う加瀬の執着も日毎にエスカレートしていき…。

凪良さんのディープな作品として有名な、そしてどこを見ても好評な作品ですが、、ちょっと合わなかったです。ゆえにかなり辛口評価です。。

フリーターの要(受)は、過去に犯した過ちのために自分に幸せになる権利はないと自分を罰するかのように過酷な環境で働き詰めている日々。更に恋人である加瀬からのDVも甘んじて受けている状態にあります。
そんな彼の生活に、バイトの後輩で明るくおせっかいな公平(攻)が関わってきたことで要の気持ちが動き始める。そして公平に惹かれていくようになるのですがそれが加瀬に気付かれてしまい…。

あとがきで蟹○船と言われているような現在の労働問題やらDVやらを取り上げた、BLには珍しい重たい内容もしんどいですが、この作品、何より受けも攻めも苦手です。
まず、要が背負っている過去というのが辛いことには間違いないのですが何かすっきりしません。
彼が直接手を下したわけでもなし、要の家族がそこに住めなくなるほど周りが過剰反応してしまうことなのかなと疑問に感じます。相手の遺族がそう仕向けたとかなら納得ですがそういうこともなく、最後は和解しているのを見ると何かそこまでしなくてもなーと。要という不幸なキャラを作るための演出が中途半端に過剰なのですよね。そのことが公平にバレるシーンも都合良すぎて気になりました。
で、それゆえに幸せになってはいけないとフリーターとしてぎりぎりの生活を送っているわけですが、それは仕方がないとして、自分を罰するために加瀬という他者を利用しているのが何だか許せなかった。
加瀬は愛情の足りない環境で育ったために愛情表現の上手くできないDV男ですが、その彼の暴力を要は利用しているんですよね。加瀬はそら酷いDV男ですが何だかとても同情してしまいますし、贖罪するのならこんなかたちで他人を巻き込まずにひとりでやれよという気分になってしまいます。それはただの自己陶酔なのでは? と。
そして本当に駄目だと思った決定打は、女子高生の遺影を拝みに行った後の要の「ずっと怖がっててごめん」というセリフ。これでは罪を償っていたのではなくて単に逃げていただけなんじゃないのかとさえ思えてきました。こういうのがいちばんダメなんですよね。。
そんな要に手を差し伸べる公平は、いいやつなんだけれども善意の押し付けがもうひたすら鬱陶しい。彼くらい前向きでアクティブな人間がなぜフリーターなのか、根本的なところで疑問を感じてしまいましたよ(笑)。

で、あのタイミングで公平ではなく加瀬を選ぶというのがまた…。最終的には要は公平とくっつく結末が予測出来るだけに、そこは加瀬を選ぶところなのかとまたひっかかり…。というか、加瀬がひたすら気の毒でした。ほんと、とことん合わないですね〜;;
これ、公平抜きで要と加瀬がくっつくお話だったなら良かったのかもなぁと思ってしまいました。

今回はっきり思ったのは、凪良さんはコミカルな作品の方が好きだなぁと。「全ての恋は病から」しかり、「初恋姫」しかり。重い内容でも「真夜中クロニクル」のようにどことなくユーモラスな雰囲気があればいいのですが(というかそれが凪良さんの持ち味な気が…)、ただ重いだけだと読んでいて疲れます。
その上主役カプが全く好きになれなかったりしたら、もうどうしたらいいのかと。。
このお話は、そういうのが全部揃ってしまっでダメでした。
あと、131ページ以外のイラストの加瀬が公平と見分けがつかなかった。。よく見たら髪の長さが違っていたという。なんだろう、キャラ云々と言うよりは表情が均一なせいなのかな??

 ・「お菓子の家 〜un petit nid〜」(加瀬が主役のスピンオフ作品)

スポンサーサイト

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック