calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「初恋姫」 凪良ゆう / ill.街子マドカ

華族の流れを汲む企業グループ、佐治家の末っ子、花時雨は、蝶よ花よと育てられたまさに深窓の“お姫さま”。祖父の命を受け、ご先祖さまの主筋となる下町の定食屋の危機を救うために、住み込みで手伝いに入る。とはいえしょせんはお姫さま育ち。慣れない仕事に失敗ばかりしてしまう。さらに若主人の上月一心を好きになってしまい…。お姫さまの初恋。だが一心には秘めた想い人(しかも♂)が。

少女マンガっぽいイラストや如何にもな設定やこれまた「花時雨」なんて如何にもな名前にどうなんだろうと思ったのですが、主人公のキャラが立ったラブコメで予想以上に愉しめました。

元華族の企業グループ一家の末っ子として育った花時雨(受)は、昔気質の祖父から今は凋落している君主筋の上月家に仕えるよう言い渡され、上月家の主筋・一心(攻)が細々と経営している小さな定食屋に居候してその仕事を手伝うことに。
末っ子として蝶よ花よと可愛がられ何不自由ない生活をしてきた花時雨は最初は庶民の生活とのギャップや慣れないことだらけで驚いてばかりいましたが、自分におもねることのない一心にいつの間にか恋をしてしまう。けれども一心は店のアルバイトで高校時代の後輩・ラブのことが好きだということが判明。更には店の土地をめぐって不穏な気配も起こりはじめ…。

あらすじだけ見るとよくあるすれ違いBLなお話なんですけれど、キャラの持ち味が上手く使われたちょっと変わったテイストの作品です。というか正直、最初はいかにもな設定や判で押したような花時雨の深窓の姫君キャラや一心の頑固な江戸っ子ぷりに、最初はこれは間違えたかな? と思ってしまったのですが、意外や意外、このちょとやり過ぎ感すらある設定が見事に生きていて、とても面白かったです。

まず、ただ可愛いだけのとんちんかんな姫君だと思っていた花時雨のキャラがいいです。
一心にラブをオカメと呼ぶなと叱られても変わらすオカメと呼ぶ世間知らずっぽい天然な一面ももちろん可笑しいのですが、世間知らずと思いきや肝心なところではしっかり者で、人が弱っているときにはさらりと心に沁みる言葉や行動で相手を勇気付けられる。おまけに武術の心得もあって、危険な場面でもかなり活躍したりします(!)。
一方の一心はちょっと頑固すぎる性格で、そのために損をしてしまっているタイプ。しっかりしているようで実は何でもかんでもひとりで片付けようと無理をして、いろいろこじらせてしまっているんですね。蓋を開ければ実は花時雨の方が男前だったという(笑)。
そして当て馬キャラのラブ! 「楽歩」と書いて「ラブ」と読む名前にもびっくりですが(笑)、当て馬がオカメなんて呼ばれちゃうようなウーパールーパーなブサキャラってどういうことですか! イラストもすごいし(笑)、こんな当て馬キャラ見たことがないですよ(笑)
容姿端麗な花時雨が、そんなラブを好きな一心に振り向いてほしいともっとぶさいくに生まれてくれば良かったと思う場面があって、すごく切ないんだけれども面白いなと。普通はもっと美しく生まれていればと思うところなのに、とっても美人の花時雨は、一心好みのラブみたいになりたいと思うのですね。
何事にも恵まれた花時雨のライバルにこのラブを持ってきたというのが上手くてやられた! という感じです。
でもラブの、お人好しもほどほどに言いたくなってしまう最後の選択にはあんたそれでいいの?? と心配を通り越して呆れてしまいましたが。

そんな、他の男どもはちょっとは花時雨を見習え! と思えてしまう、読み終えてみればいちばんの男前は花時雨だった作品(笑)。
基本はラブコメ、でも意外と深みもあるお話しでした。

スポンサーサイト

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック