calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「一途な夜 陽生編」 砂床あい / ill.亜樹良のりかず

ごく普通の警備員の勇希は勤務先のビルで赤羽根ゴム工業の次期社長・陽生を暴漢から助ける。それ以来、陽生から一目惚れされてしまった勇希は、熱烈アタックされるハメに! 甘いルックスに優雅な物腰、見た目は完璧な王子なのに何で俺なんだ!? なぜなら陽生はルックスを裏切る筋肉男子が大好きな本物(ガチ)のゲイ、しかも勇希こそ理想の相手だったのだ? 駆け落ち・夢の四畳半同棲・初エッチ、濃くて胸キュンな愛とエロス満載!!

一途な夜シリーズの攻め・将吾の兄・陽生のスピンオフです。
陽生は、会社のことを将吾に丸投げして駆け落ち失踪したウワサの兄として話には出てきていたものの本編での本人登場はなかったので、いったいどんな人なのかと興味津々で読みました。
そして、陽生が男っぽい将吾とは真逆の乙女な王子さまタイプなのに攻めキャラなことにびっくり!
そんな陽生の相手となる受はガチムチな警備員(!)の勇希で、彼視点のお話でした。
雑誌掲載の二人の出会い編「一途な夜 陽生編」とその後のふたりを描いた描き下ろし「チョコレートな僕と、バニラなきみ」の二部構成。

警備員として一等地にあるオフィスビルに勤める勇希は、ビルに入っている赤羽根ゴムの次期社長・陽生を暴漢から守る手柄を立てますが、それがきっかけで陽生に一目惚れされてしまい、毎日熱烈アタックを受けるハメに。
ノンケで男には一切興味のない勇希はムリだと断り続けるも、理想の王子さまみたいなルックスながらいいヤツな陽生を嫌いにもなれず、ほだされ半分で仕方なく友達として付き合うようになりますが。

甘いルックスの乙女男子×ガチムチ男子って攻め<受けで体格差があると苦手になってしまうんですけれど、これは攻めの陽生が思考は乙女でも鍛えたいい体をしていたり勇希の背が低めだったりと、なんだかんだでフィジカル的には攻め>受けなので大丈夫でした(笑)。
そして、陽生がただの乙女なふわふわ天然さんでなく腹黒(変態)策士な部分があったのがいい感じw
ルックスに反してガチゲイで筋肉男児が好みだという陽生にとって、勇希は目の前に現れた理想の王子様だったのですね!(笑)
そんな陽生の策にハマり徐々にほだされていく勇希が見ものなのですが、根っからのノンケだった勇希が陽生と駆け落ちするまでの深みにはまってしまったのが唐突な感じでちょっと残念でした。
もともとは雑誌掲載作なのでページの制限もあったんだろうなーとは思うものの、勇希が陽生に恋していく様子をもう少しじっくり読みたかったです。

続く「チョコレートな僕と、バニラなきみ」は、駆け落ち後、陽生のたっての希望(笑)で「四畳半、裸電球、高架下」という如何にもな物件で暮らし始めたふたりのその後。
晴れて恋人同士になれたものの、実はまだ最後までするには至っていないふたりの奮闘(?)が面白おかしく描かれています(笑)。
いつまでたっても陽生を受け入れることのできない勇希が焦った末に思いついたのは、なんとズッキーニを使って慣らすことww
もちろん陽生にバレてしまうわけですが(笑)、ズッキーニに嫉妬するとかもう色々可笑しすぎます!(笑)
ズッキーニ見るたびに思い出してしまいますよこれww
そんなことの後でやっと最後までいけたHシーンは中々エロくて濃厚でした!

本編後には本編のふたり、泰斗と将吾のSS「おいしい夜」が収録されていて、そこでも何故かズッキーニが登場して吹きましたが(笑)、なんか続きがありそう…と思ったらあとがきで来春シリーズ新作が出るとの告知が!
今度はコンドームに戻りそうですねw
このスピンも含めてもはやギャグかと思うくらい笑わせてもらっているシリーズですが、実はキャラ的には本編のふたりよりも兄カプの方がお気に入りになってしまったので、いつかまた陽生と勇希のお話も読みたいです。

「一途な夜」
「不埒な夜」

「不埒な夜」 砂床あい / ill.亜樹良のりかず

恋愛に奥手な研究オタクの泰斗は、甘いマスクとセクシーな色気の社長・将吾と恋人同士。でも自分に自信が持てない泰斗は、研究の一環で作ることになったラブドール(高級性人形)を将吾そっくりに作り、人形にばかり本音を言うようになってしまう。急によそよそしくなった泰斗の態度に、超恋愛体質で嫉妬深い将吾の怒りが爆発! 浮気していると誤解された泰斗は、淫らすぎる愛撫で泣いて許しを乞うまで喘がされてしまい!?

お兄さんのスピンオフが出たので、積んでしまっていたのをやっと読みました。
まさかのラブドールとか、前作「一途な夜」り色んな意味でパワーアップしていて楽しかったです(笑)

晴れて将吾と恋人同士の関係になってから一年がたち、幸せの絶頂にある泰斗。
ところが将吾の秘書の浦上から将吾の仕事に差し障るからと腕枕禁止令を出されてしまったのがきっかけで、泰斗は将吾とすれ違いを起こしてしまいます。
おまけに将吾の長期海外出張が目前に迫っており、ひとり寝の寂しさに耐える自信のない泰斗は新たな研究の一環で作ることになったラブドールを、将吾には秘密で将吾そっくりにすることを思いつきますが…。

冒頭の甘々バカップルなふたりの様子にはスイーツを使ったりしているのもあって食傷気味でしたが、泰斗がラブドールを作り始めてからが俄然面白い(笑)。
ゴージャスなスーパー攻め様と見せかけて蓋を開ければ変態一歩手前の恋愛体質な将吾のギャップも意外ですが、このシリーズを面白くしているのはやっぱり泰斗の研究オタクっぷりじゃないですかね!(笑)
普段は奥手で恋愛事には疎すぎる泰斗が、将吾のラブドールの完成度を上げるためにと写真撮るとかパンツくれとかw将吾に大まじめにアレな要求をしているのが、理系ならではの天然っぷり炸裂で可笑しいです(笑)

で、真剣に作ったラブドールの存在はもちろん将吾にバレて(笑)、その後お仕置きめいたプレイになるわけですが、将吾がラブドール・ショーゴに気付いて真っ先に「(泰斗が)タチに目覚めたのかと」と疑ってその股間をチェックしたのには吹いてしまいましたw
お仕置き?のラブドールを交えた風変わりな3Pもそうきたかと愉しかったです(笑)
将吾が自分そっくりなショーゴにまで嫉妬するとか、もうどんだけなんだよとw
そもそも腕枕ができなくなることが原因ですれ違いを起こしてしまうようなこのふたりは、もうどちらもべたべたな恋愛体質人間なんでしょうね。

本編後の将吾視点のSS「幸福な朝」ではそんなふたりがやっと同棲するようになっていますが、そこにショーゴがいるのにまた吹いたww
将吾、もしかしてまたお仕置きにでも使う気なのか?!(笑)
あと、ベットに落ちていた髪をティッシュに…って、それもう乙女通り越して変態だと思うw

そんな感じで、全体通じてバカップルなふたりのやりとりにこれはもうギャグなのかと思うくらいでしたが(笑)、でもラブドール作りの裏側とかたかが人形されど人形な大変さとかもしっかり描かれていて、そのあたりも読み応えがありました。お仕事BLとしてもとっても楽しめます。

「一途な夜」(一作目)
「一途な夜 陽生編」(兄カプのスピンオフ)

「一途な夜」 砂床あい / ill.亜樹良のりかず

コンドーム開発のためにエッチをしてこいと命じられた研究員の泰斗。純情で根暗な泰斗は恐る恐る入った出会い系バーで、将吾と名乗るモデルのようにセクシーな紳士に一目惚れしてしまう! ところが優しい将吾はベッドに入るや一変、傲慢で鬼畜な荒々しい雄に! 一晩四回の激しい突き上げと濃厚すぎる愛撫に、泰斗の無垢な身体はすべて暴かれ泣くまで喘がされてしまい!? さらに、将吾は泰斗の研究を脅かす危険な存在で──!?

この間の新刊が面白かったので、色々と話題(笑)のこちらも手にしてみました。
エロあり笑いあり切なさあり、そしてお仕事ものとしても楽しい一冊でした!

コンドームが主力商品の会社で研究員をしている泰斗(受)は、新しい試作品の使用感をレポートにまとめることになってしまいますが、ゲイの上にそっちの経験がまるでありません。
悩んだ末に二丁目のバーで相手を探すというある意味暴挙に出るのですが(笑)、そこで将吾(攻)というかなり魅力的な男と出会います。そして自分の正体と試作品の実験という目的(笑)を隠したまま将吾と関係を持ち、気が付いたらすっかり将吾に惹かれている自分に気が付いてしまう。
でも魅力にあふれた将吾が自分を相手にするはずがないと思った泰斗は将吾とセフレ関係になり、試作品が出来上がるたびに寝るようになります。
けれども将吾の意外な正体が、泰斗の研究をピンチに追い込むことになり…。

最初のボタンの掛け違いですれ違う、みたいなのはBLではよくあるお話ですが、これは受けがコンドーム開発研究員というのが面白いです(笑)。
で、それだけにコメディ路線なのかと思いきや、けっこう切ない部分もありますし、お仕事ものとしての読み応えもありました。

泰斗は奥手なタイプですが、不器用というよりは如何にも研究者、というか理系なずれっぷりが何だかおかしいです。自分がゲイであることにコンプレックスを抱いてうじうじ悩むようなジメッとしたところがある一方で地味に無神経なところがあったりして、こういう人いるよね〜と思わせる部分ににやにやさせられました(笑)。
一方の将吾も最初こそクールで余裕のある大人の男でしたが、別の男と話していたいたというだけで泰斗を剃毛してしまうほど嫉妬深かったりと段々化けの皮がはがれて、最後にはどれだけべた惚れしてるんだと突っ込みたくなるほどの恋愛体質男であることが判明(笑)。この意外性はかわいくて好きです(笑)。

そんな将吾の真の姿(笑)はさすがに想像できなくても彼が泰斗を好きなのはわかるので、恋愛経験がなく自分に自信もない泰斗が勝手に思い違いをしてはすれ違っているのがじれじれもどかしいです。
そこに将吾の正体のことで起こる騒動が絡んできたりしてお仕事ものとしても楽しめるので、そこまでイロモノなお話という感じはしませんでした。

個人的にツボだったのは終盤の、他社のコンドームの使い心地はどうだの何だのやってるプレイ(?)です(笑)。
っていうか、ふと思ったんですけど、BLってコンドーム軽視というかナシでやるのが愛の証、みたいなところがありますよね。それだけにコンドームが出てくると何だか新鮮というか(笑)、これを使ったプレイとかまだまだ開発の余地があるのではとか、そんなしょうもないことを思ってしまいました!

かなり楽しめましたので、続編も購入決定です!(というか、一緒にまとめて買わなかったことに激しく後悔中なのでした;)

「不埒な夜」(2作目)
「一途な夜 陽生編」(兄カプのスピンオフ)

「調教は媚酒の香り」 砂床あい / ill.小山田あみ

主人に捨てられ身よりのなくなったM・潤音は、選ばれた者だけが集うSMサロンで、徹底したSと噂の調教師・宗司一鷹に預けられる。縛られたまま絶頂をむかえ続ける疼痛、全裸で外に出される屈辱、ローターを入れたまま長時間の勉強、仕置きのスパンキング…宗司だけが与えてくれる躾に蕩け始める身体。羞恥と欲望にまみれた潤音は、支配の先に宗司の狂おしい愛情を感じ取る。しかし暴力だけで潤音を束縛した前の主が、二人の関係を壊しに現れ―。

かなりインパクトのあるカバーイラストと調教やらSMやらのキーワードにすごーく期待していた作品、予想通りに面白かったです!
最近、20世紀初頭の娼館が舞台の映画やらバ○イユやらを観たり読んだりしていたところにこの間の山藍さんのマダム・キスミで完全にヘンなスイッチが入ってしまって(汗)、こうしたちょいアブノーマルな作風のお話がマイブーム(笑)。
そんな状態ですので、なおさら愉しめた気がします。高評価の原因はそれが大きいかも(笑)。
BLでは珍しくSMな世界が描かれていますがけっこう甘さもあって、全体的には読みやすいお話でした。

身寄りがなく売り専ボーイとして生きていた潤音(受)は、客であったS気質の男に拾われM奴隷として囲われていましたが、ある時その「ご主人様」が姿を消してしまう。
事業に失敗した主に捨てられたことを理解できないまま、潤音は主から何かあったらここへ行くようにと教えられていたSMサロンを頼りますが、サロンの主Qの采配でサディストとして名高いワインバーの経営者・宗司(攻)に預けられることに。
未だご主人様以外の人間を主と認められない潤音に宗司はお前は虐待されていただけだと告げて、潤音はそれに反発してしまいますが、そんな潤音を待っていたのは容赦のない調教の日々でした。
けれども、これまで痛みや苦しみでしかないSM行為しか知らなかった潤音はプロの調教師である宗司によって本当のSMを教えられ、徐々にその虜となっていきます。
また、潤音が異常な記憶力を持つことを知った宗司は、潤音をただM奴隷として調教するだけではなくワインの知識も教えていく。
本当のSMの快楽に目覚め、また初めてひとりの人間としてまともに扱ってもらったことで心が宗司に傾くほど、潤音はこれが仮初めの関係でしかなくいつかは前と同じように捨てられてしまうのだという怖れに捕らわれてしまう。

SMっぽい雰囲気のBLは時々見かけますが、このお話のように受けも攻めも始めからSM世界の住人だったりセーフワードなどのSM用語が使われているような作品は珍しいと思います。
プレイ的には、スカトロ、スパンキング、ローター、緊縛、ピアスなどいろいろやってますが、そこまで痛い感じではないです。SMといえば鞭ですが宗司は鞭を使わず素手で打つので、それがSM的な痛々しさを和らげている気がしました。
あとは、作品全体に甘さがあるからですかね。
個人的にこういう作風のお話は、ラブそっちのけでハードなプレイがてんこ盛りだとエロいですね〜とは思っても面白いとは思わないことが多いので、甘さや切なさもちゃんとあるこのお話は萌えもたくさんあり愉しめました。
小山田さんのイラストも素晴らしいです! 相乗効果とはこのことですね! 緊縛&ピアッシングのシーン、縄の描き分けまでされている芸の細かさには驚きました。

ほんの子供のころに捨てられてまともな愛情も知らないまま大人になって、前の主人の虐待でしかなかった行為にすらも愛されている証なのだという幻想を抱いていた潤音に、本物のSである宗司が真のSMは互いの深い信頼があってこそ成り立つことを教え、本当のMにしつけ直しながら前の主の呪縛を解いていく過程がお話のメインですが、潤音のそれまでの境遇がかなり切ないです。
そんな潤音をただのM奴隷として調教するのではなく、ちゃんとひとりの人間として認め可能性を伸ばしてやろうとしている宗司の姿に深い愛情を感じました。
宗司の、潤音の前の主に対する嫉妬や憤りの深さは、彼が真のSだからこそなのでしょうね。
そして、長い間他者から虐げられることしかなかったため卑屈になるばかりだった潤音が徐々に成長していく姿には、熱いものがこみ上げて来ました。
でも潤音は宗司の心がどこにあるのか解っていないし、宗司は宗司でそんな潤音をいつまでも前の主を忘れられない頑固者と思ってしまうしで、いつまでたってもすれ違ってしまうふたりにかなりやきもきさせられます。
ふたりの関係が「SとM」であるからこそすれ違ってしまうのかもな〜とも思ったり。
けれどもよくよく考えたら、深い信頼があって初めて成り立つSMの関係は究極の愛の形だと思わされました。

さて、際どいプレイは散々してきたふたりですが、体を繋げるのはお話の最後の最後にやっと、漸く、といった感じです。これは宗司の気持ちが通わないうちにMと体は繋げないという、プロ調教師ゆえのポリシーというかプライドのためですが(笑)、この一回の行為がすごーくエロくて甘くて、このお話が最初に無理やり…とかのありきたりな展開でなくて良かったと心の底から思いました(笑)。
っていうか、読んでいるこっちまで潤音同様宗司の調教にやられてしまった気が(笑)。
本格的なSM作を望むなら、案外甘いところのある宗司に物足りなさを感じるかもしれませんが、私は彼がサディストではあっても性格破綻者ではないところに救いを見た気がします。
潤音が最終的に辿り着いたのが彼の所でよかった。

あとがきによれば、初稿はもっとハードな内容だったそうですが、ストップの掛かったそのシーンは読んでみたかった(笑)。
というか、このあとがきとコミコミスタジオさんのSSペーパーの内容から察するに、元々は本編に身請け絡みでQのサロンでの際どいお披露目シーンがあったんだろうなと。インパクトのあったQが冒頭に出てきたっきりだったことも含め、なくしてしまうのはちょっと惜しい気がしました。
まぁでも、元主登場で一悶着、その後にふたりがくっつくという流れは王道ながらもBLらしくて読みやすい感じではします。
痛いのがダメな方はにはおすすめできませんがそんなBLらしさもしっかり押さえたお話なので、SMと気構えることなく愉しめるお話だと思いました。

| 1/1PAGES |