calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「猫耳探偵と恋人 猫耳探偵と助手2」 愁堂れな / ill.笠井あゆみ

猫耳カチューシャを頭につけ、高級スーツを着こなす美貌の変人探偵??そんな羽越(はねこし)の恋人兼助手になって三ヶ月。無茶な要求に振り回されつつも、同棲生活は順調そのもの? そんな中、新たな事件が発生! なんと羽越の元同期・等々力(とどろき)刑事が、殺人容疑で逮捕されたのだ!! 親友の無実を信じ、真相解明にのめり込む羽越。けれど環(たまき)は、親友同士の強い絆に嫉妬の気持ちが止められなくて…?

もしかしてシリーズになるのかなと思っていたらやっぱり出ましたね、猫耳探偵第二弾です。

環が猫耳カチューシャを装着した美貌の変人探偵・羽越の恋人兼助手となって3ヶ月。
羽越の奇行?に振り回されながらもラブラブ甘々な毎日でしたが、羽越の元同僚の等々力刑事が殺人容疑で逮捕されてしまい等々力を慕う刑事の箱林から捜査を依頼されることに。
等々力の無実を信じる羽越は事件の真相に挑みますが。

事件そのものは、最初にこれが犯人だろうなと思った人がやっぱり犯人だったりして、良くも悪くも二時間サスペンスみたいです。
環は前と変わらず終始傍観しているだけで事件を追うのは専ら羽越なのですが、前回ほど猫耳も「にゃー」も印象的ではなかったような。
一方でに羽越の意外な面が明かされていますが、…うーん。。
正直、猫耳取るとこれといって目新しいところのないお話なので、もうちょい面白い使い方してくれればいいのに…。
前回は棚上げされた憎い相手に痛手を負わせられたのが進展といえば進展でしょうか。

事件面はそんな感じなので、そっちよりも事件に巻き込まれた等々力と彼を慕う箱林の方に目が行ってしまいます。
特に箱林、等々力の前では猫を被っているけれど環には容赦がない毒舌美形…というところは前回同様ですが、今回さらに元ヤンらしいことが発覚(笑)。もうなんか、ギャップがいろいろと凄いなw
っていいうか、もしや「(は)こばやし少年」って書きたかっただけなんじゃと邪推ww
色々とアレな面を見せてくれる箱林ですが(笑)、等々力には正真正銘一途で、なのにそんな箱林の心中にまったく気が付かない等々力の鈍さに同情してしまいました。
このふたり、一枚目の口絵イラストまんまですね。次回(あるのかな?)はもうちょっと関係が進展していますようにと願うばかりです(笑)。
それにしても、箱林は、環同様に小憎たらしいと思いながらも何故か恋の応援をしたくなるから不思議(笑)。

等々力&箱林のことばかり書いちゃいましたが、主役カプにもちょっと面白い波乱?が終盤にありました。
今回の事件で、環は羽越と等々力の間にある深い絆に嫉妬するんですね。もちろんそれは友情以上のものではないのですが、長年の付き合いの中で築き上げられた信頼関係というのは、ある意味恋人へのそれよりも深いのかも。
私は羽越が環に惹かれる理由がいまいち解らないので、ついつい羽越×環よりも等々力×羽越(ん? 逆??)に萌えてしまいました(笑)。あーそれだったらこのお話かなりはまったかもしれない(笑)。
まだまだ見習いな環ですが、いつか羽越と肩を並べるほどの活躍ができる日が来たらいいですね。

「猫耳探偵と助手」

「猫耳探偵と助手」 愁堂れな / ill.笠井あゆみ

平凡なサラリーマンの環は、ある日、理不尽な理由で突然会社を解雇されてしまう! 呆然とする環がフラフラと辿り着いたのは、ボロい雑居ビルにある探偵事務所だ。 そこで待ち構えていたのは、三つ揃いのスーツを着こなした美貌の探偵・羽越。なぜか警察とパイプを持つ羽越は、事件現場に呼ばれては名推理を披露する。そんな時、環のアパートが謎の火災で炎上! おまけに元上司が殺害され、その犯人と疑われてしまい!?

BL業界ではダントツで多作なことで有名な愁堂さん、これまでお気に入りのレーターさんがイラスト担当したものくらいしか読んでなかったりしますが(汗)、今回もやっぱり笠井さんのイラスト目当てで購入です。
タイトルにあるとおり猫耳。しかも猫耳攻め(!)。どんなのだよと心の準備をしなかったといったら嘘になってしまいますが(笑)、けっこう楽しかったです。
でも猫耳っていってもカチューシャなので、もふもふ期待して読んではいけません(笑)。

理不尽な理由で会社を解雇された環(受)は、その帰り道に偶然ある探偵事務所の見習い募集の記事を見付けます。
渡りに船とさっそく事務所に向かった環を待っていたのは、モデル並みのルックスをした探偵・羽越(攻)。突然猫耳のカチューシャを装着して「にゃー」と鳴いた羽越に環は唖然としますが、その反応に羽越はなぜか「合格だ」。
晴れて(?)探偵見習いとなった環でしたが、自宅のアパートが全焼した上に放火犯の疑いをかけられ、さらに解雇された会社の元上司が謎の死を遂げてこちらでも疑われてしまう。
次々に身の回りで起こる不可解な事件への疑いを晴らすため、環は羽越とともに真犯人探しを開始しますが。

…事件の犯人に仕立て上げられかけた主人公が他に頼る当てがなくて知り合ったばかりの探偵(や刑事)を頼りに真犯人を探し出す、みたいなお話は、なんか最近似たようなのを読んだ気がしますが(笑)、このお話は攻めの羽越のフシギさと奇抜さが突き抜けていていい味出しています!(笑)
男前が猫耳のカチューシャを装着して「にゃー」と鳴く…このギャップ、この脱力感(笑)。
BLで猫耳っていったらもふもふ系の可愛らしい受けが相場な感じなのに(そうでもない?)、その真逆というか考えもしなかったトコロを突いてきたのがたまらんです(笑)。
笠井さんのイラストも(羽越同様・笑)真面目に猫耳やっちゃってるのが実にイイです(笑)。さすがギャグ漫画家さん!(笑)

環が会社を解雇されたのは、実は会社社長の息子で跡取りでもあった元上司と付き合っていたことが関係しています。その元上司がお見合いすることになり、環は一方的に捨てられた上に体よく解雇されたのです。
そして環が探偵見習いになろうとしたのは思い付きなのではなく、自分を捨てた相手の弱みを握ってやろうというちょっと後ろ暗い動機があったりします。

事件に関してはフツーな感じですが(犯人もすぐにわかります)、羽越とともに事件を追ううち、環が捨てられたとはいえかつては付き合っていた元上司に対する感情が希薄であることに気が付きます。
そもそも何かに執着することのない性格で、遂には羽越に「恋したことがないだろ」と突っ込まれてしまう。そしてその通り、環はこれまで誰かに恋焦がれることがなかったんですね。
終盤の家財一式燃やされたことへの対応にはどれだけ執着心がないんだと呆れてしまうほどでしたが、恋の相手にはこの性格はかなり厄介なんじゃ…と思ってしまいました。
そんな恋も知らない環が羽越とどうラブを育てていくのかと思っていたら、そのあたりはこれからという感じでかなり薄〜い印象になってしまったのが残念。
羽越が環に一目ぼれっていうのも、ちょっと都合がよすぎるような。。
キャラクターが面白かっただけに残念というか、もうちょっとふたりの関係の変化を描いてほしかったです。

猫耳のナゾは意外な感じでしたが、それに関することが全然解決していないのは、もしかして続編狙いなのでしょうか。そういえば、個性的な脇キャラもいろいろ登場していますし。
…っていううか、BLで探偵もの流行ってるんですか??

イイ男が猫耳つけて「にゃー」と鳴く、そのシュールな姿がすべてなお話だったかも。

あと、文章は読みやすかったのに会話文の中で時々?が縦にいくつも並んでいるのを目にするたび違和感が。。あんなに何度もあるとくどいですってー

| 1/1PAGES |