calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「金のフォークに銀の匙」 かわい有美子 / ill.麻生海

有名な監査法人の看板公認会計士・不破はルックスもよく肩書きだけなら満点だが、性格は合理的で冷たい「観賞用」の男。ある日、交通事故に巻き込まれ、はずみで顔見知りの大学生・三谷に怪我をさせてしまった。世間体から仕方なく彼の面倒をみることになった不破。そんな裏など読みとれず、不破の社交辞令を優しさと勘違いする三谷の鈍さに初めは苛立っていたはずが、いつしか可愛く思えてきて―!?

タイトル、カバーイラスト、口絵ともどもどこか童話っぽい雰囲気が漂いますが、魔法とか小人とかは出てこないふつうの現代モノBLです(笑)。でも全体的に寓話っぽくて、ふんわりした雰囲気の漂うハートウォームなお話しです。

傲岸不遜で徹底した合理主義者の公認会計士・不破(攻)は、ある時交通事故に巻き込まれて大学生の三谷(受)を怪我させてしまう。
三谷はほんわかした天然タイプの男の子で、偶然にも不破が時々使っているカフェでバイトをしていて不破のことを知っているんですが、もちろん不破は言われるまで気が付きません(笑)。でもこのちょっとした縁がきっかけで、しばらく片手が使えない三谷の食事の世話をすることになります。
初めはただ世間体のために三谷の面倒を引き受けた不破ですが、天然な三谷はそれを額面通りに優しさだと思って疑わない。そんなある意味予想外な反応を返してくる三谷に、不破は知らないうちにペースを乱されて苛立つのですが、いつしかそれを心地良く思うようになっていきます。

三谷はただのぼんやり天然さんではありません。タイトルにもありカバーイラストでも手にしているのでわかると思うのですが、要するに「銀の匙」を持って生まれた子なんです。実は、育ちがいい部分がぼーっとしている天然さんに見えているのかも? と思えてきました。
対して不破は人生と一度マイナスから始めてここまで来た努力の人。周りに親の金で好き放題やっている連中がいたりするために少々ひねたところやコンプレックスを持っているんですね。
「金のフォーク」とは、そんな不破に三谷が言った言葉で、要するに彼なりの最大級の賛辞なんです。この言葉が不破の心を一層三谷に傾かせるようになるんですが、すごく印象深いシーンです。
BLでは受け攻め問わず「金のフォーク」を持った男が登場するお話が多くて、最近は少々食傷気味(もうふつうでいいじゃん…と思ってしまう;)になっていたりするんですが;この作品は、その設定を上手く使っているなと思いました。

この作品ふたりともがノンケなんですけれども、そのふたりが徐々に惹かれ合いその想いが「恋」になっていく過程も不思議と違和感がなくて、それと平行して不破が三谷の温かさにほぐされていくのがじんわりといいです。
不破と三谷の視点が交互に変わる形で進んでいくお話ですが、全体的に不破への比重が大きいのでその様子がよく伝わってきて、見方を変えれば不破は三谷に救われたのかなと思えてきます。

終盤はそれまでの雰囲気から一転して危険な展開になったり、不破の仕事関係や三谷のバイト仲間などなどキャラが多く登場したりで若干バタバタした印象があるものの、最後はちゃんと収まるところに収まったという感じ。
そして三谷のキャラに負うところの多いと思われる全体を覆うほんわかした雰囲気が、少しの不思議さもない現代モノなのにも関わらず、童話や寓話を読んでいるみたいな気分にさせられました。
それから最後の最後でやっとエッチシーンが出てくるんですが(笑)、ここにきて不破の意地の悪さが発揮され、とっても濃ゆい感じでそれも大満足です(笑)。

「Under The Heaven」上下 かわい有美子 / ill.立石涼

両親を失い、施設で育てられた史貴は妹と、同じく施設育ちのアレックスと一緒にマフィアの帝王・ハーベイに引き取られる。ハーベイの実子・イェインと共に成長していく中、史貴は寡黙だが頼れる兄的存在のアレックスにほのかな想いを抱くようになっていた。しかし、イェインの歪んだ欲望のはけ口が史貴へと向けられ、その秘密をアレックスに知られてしまい…。

1997年刊行のノベルズ「MIKAD」の新装版。今年の2、3月に刊行上下巻で刊行されて、下巻には書き下ろし「花婿介添人」を収録。まとめて感想を書きます。

事故で両親を失った史貴(受)と麻里絵の兄妹(4分の1だけロシアの血が入っている)と、不幸な事件で両親を失ったアレックス・カイナル(攻)が、マフィアのボス・ハーベイに養子として引き取られる。彼らはハーベイの実子・イェインと共に育っていくんですが、その中で史貴と麻里絵はアレックスに、そしてイェインは麻里絵に惹かれていきます。
けれどもある日、まだ12歳という幼さの麻里絵が数人の男たちに拉致され、レイプされてしまう。この事件が、兄妹の関係に影を落とし始め、そして史貴の過酷な運命の始まりになります。
麻里絵に一方ならぬ想いを寄せていたイェインは、事件のあと極度の男性恐怖症に陥った彼女に触れるどころが姿を見ることもままならない。彼はその劣情を、麻里絵とうりふたつの史貴に向けてしまいます。
それに気づいたアレックが事態を収束させ、更には史貴とアレックスの仲を近付けさせるんですが、正直、妹の代わりとして扱われてしまう史貴が哀れ。
その後も史貴の不幸は続き、敵対するマフィアのボスに、やはり麻里絵の身代わりに捕えられて取り返しのつかないことになってしまう。
こうした一連の出来事が、史貴とアレックスを近付けさせ結びつけていくんですが、史貴が可哀想でしょうがないです。

母の最後の言葉「麻里絵をお願いね」を忠実に守りぬいた結果なんですが、なにもそこまで自分を犠牲にしなくても…、と思ってしまったほど。
妹が大事なのは分かるんですが、見ていて気の毒になってしまいました。お陰で、酷い過去を背負っていると分かっていても、麻里絵に好感がまるで持てない(苦笑)。イライラしてしまうばかりでした。。
そして史貴が受ける陵辱の数々が哀れなほど痛々しいだけで、割とこういうシチュが好物なのに萌が拾えませんでした。
史貴の感情や状況を追うのではなく行われていることが淡々と俯瞰されるように書かれているために、中々感情移入ができないんです。

おはなしの展開や構成も、ちょっと無理があるのでは、とも感じます。ニューヨークのマフィア間の抗争が関わるだけに、大げさな事件の連続なんですが、それらに必然性を感じないというかただ次から次に起こる事件を並べているだけの印象。アレックスの両親の仇が実は養父ハーベイであるとかサウフォンのこととか麻里絵に執着してるヴィンセントとか、物語の伏線か? と思ったら不発というか消化不良のまま終わった感じのエピソードもちらほら。肩透かしでした。

で、色々考えたら、この作品は10年以上前のものなんですよね。よくよく振り返ってみれば、当時のBL、というかジュネ系の作品の雰囲気なんですねこれは。主人公の不幸オンパレードみたいなの、当時は多く見た気がします。<今のBL作品に慣れていたら、違和感覚えても仕方ないのかも。

旧作を読んでいないので、どこがどのくらい変更になったとか分からないんですが、本編のラストは変わっていないみたいです。これだけだとバッドエンドっぽい印象ですが、新たに書き下ろされた「花婿介添人」では、四兄妹が幸せな再会を果たしています。
…けれども、こんなパッピーエンドになるお話なら、イェインのあの悲劇は必要なかったのでは。彼のその後の回復っぷりを見て、余計にそう思ってしまいました。。
あと、イラストの立石涼さん、クールでかっこいい絵柄なんだけどちょっと固いのが惜しいですねぇ。
 
色々期待しただけに、うーん、ちょっと残念な作品でした。

| 1/1PAGES |