calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「個人秘書」 高岡ミズミ / ill.奈良千春

警視庁公安部に刑事として勤める草間柊一は、久世義嗣という名前で議員秘書として潜入捜査をしていた。ターゲットは深澤トラストホールディングスの社長、深澤泰久。惚れ惚れとするようないい男だが、黒い噂が絶えない男だ。草間は深澤の亡くなった秘書が持っていたあるものを手に入れなくてはならなかった。深澤と知り合い、彼の個人秘書として働くことになたものの、深澤から一目惚れだと宣言され!? 男同士の恋だから、手強ければ手強いほどいい…。追う男と追われる男と、プライドをかけた駆け引きが始まる!

「ワイルド&セクシー」のスピンオフ。久世という名で登場していた攻め桐谷の同僚・草間が主人公です。
前作で受けの一宮を口説いていたりしたのでてっきり攻めだと思っていたら、草間はなんと受けでした。いや、もともと攻め属性なんですが、成り行きで受けになってしまっているという、攻×攻が大好きな私には嬉しすぎる設定(笑)。受け攻めふたりともが身長180オーバーなのもポイント高い!
そんな個人的激ツボな設定と前作が好きだったので期待したんですが、…ちょっと、前半と後半の印象が変わりすぎて戸惑ってしまった;

公安の草間(受)はある過激派組織の情報を探る目的で、若き会社経営者の深澤(攻)に近付きます。
深澤は若くして成功しただけあって風格のある男。その彼がなぜか草間を「一目惚れ」したからという理由で自分の秘書に引き抜きたいと言い出してきます。
深澤の真意が見えず警戒する草間でしたが、結局は渡りに船と彼の個人秘書になりすまし潜入捜査を開始。
けれども完璧に見えていた深澤の意外な面に振り回され、次第に放っておけなくなってしまいます。

かなりスリリングな始まり方をするので全体がそんな感じなのかなと思いきや、草間が探っていた事件そのものは前半であっさり解決をみるのでちょっと拍子抜けしてしまいました。
で、草間の本性が出てきて一気にコミカルになった残り半分を読みながら、冒頭の事件はふたりが出会うきっかけにすぎず、これはふたりの男が惹かれあう過程がメインのお話なのかと思い至りました。

潜入捜査を専門とする草間は仕事中は自分が創り出した「久世」という男を演じていて、時々本当の自分を見失いそうな感覚に陥ったりしています。
最初、草間が「ワイルド&セクシー」の時とは印象が全然違って戸惑ったんですが、あの時も彼は「久世」を演じていたんだなと納得できました。
そして深澤に対してももちろん個人秘書の久世として接していたわけですが、草間が握っている情報を狙った何者かに襲われたことがきっかけで正体がばれてしまい、以降は久世ではなく草間として接するようになり、ある意味仮面を被ることなく素の自分でいられることに開放感を覚えるようになっていきます。
それまでの如何にも秘書らしい几帳面な対応から一転、素のけっこうぞんざいな感じになる草間がとってもいいです。
秘書のときも、マイペースな深澤にこっそり毒づいたりしていたりしてますけどね(笑)、なんかギャップ萌です(笑)。
深澤は完璧なタイプと見せかけて、実は朝が弱かったりゴルフが苦手だったりと色々残念な部分のあることが段々と判明して、最後は何だかただの一途な男になっちゃった感じです(笑)。
でも、個人的には作中に何度か出てきた「映画スターみたいな」華やかなイメージから外れることはなくて、草間ほどギャップが出てくる感じでもなかったかも。

結局そんなふたりの間にラブができるまで(笑)がメインな内容なんですが、…肝心の深澤が草間に惹かれた理由が全然わからない。
このお話、本来キモはそこだったと思うんですよ。なのに、絶対に正体がバレてはならない緊張感の中で生きてきた草間が自分の正体を知った相手を信用するにはそれなりの理由がないと納得できないはずなのに、そこがなおざりなのはどうなのかと。
そこを含め、キャラの造形の深みをあまり感じられないのがネックです。

他にも、唐突に出てきた深澤の少年時代のエピソードはイラスト共々全体から浮いているし、終盤近くになって草間が深澤にキレた理由もよくわからなかった…。たぶん深澤に彼女扱いされたのがカチンときたんだろうと思うんですが、それだけで別れてしまおうと思ったりしますかね?? なんかすっきりしないです。
せっかく攻×攻でリバにもなりそうなカプのお話なだけに、こうした惜しいところが多くてちょっと残念でした。

イラストは故・朝南かつみさんから奈良千春さんへ。
連続したカバーイラストと中表紙にニヤリとさせられましたが、この方のイラストだとどうしても「その作品のイラスト」というよりは「奈良さんのイラスト」になってしまう感があるので、最初からそうだったならともかく、もうすでに他の方のイラストでイメージが固まっていた作品ではやめてほしかったかも(すいません、ファンじゃないもんでこう感じてしまうのかも。ファンの方だとまた違った印象になるかもですね)。
作中、草間が一宮のバーに立ち寄るシーンがあって(桐谷も顔を出しています)、そこでの草間はどうしても朝南さんの描いた久世でしかイメージできなくて、哀しさが募ってしまいました(因みにここ、草間はふたりの前でも久世を演じていたんだなと思えて、ちょっと切なくなるシーンでもありました)。
今更ながら、イラストの影響って大きいのだなと思わせられました。

「ワイルド&セクシー」(スピンオフ)

「ワイルド&セクシー」 高岡ミズミ / ill.朝南かつみ

二十八歳になる一宮悠介は、これまでいい恋愛をしてこなかった。だから、今度恋愛をするなら長く付き合える相手がいい、ずっとそう思っていた。そんなある夜、傲慢なまでに自信にあふれた男、湯川と出会う。二度と会いたくない、そう思わせるほど第一印象は最悪だった。それなのに気がつくと一宮は湯川のものになっていた。「俺と寝ながら、他の奴とも寝るなよ」好きとも愛してるとも言わないくせに、湯川は独占欲を見せる。しかし、湯川には人には言えない秘密があるようで・・・。甘え方がわからない猫と、不遜な男の恋が始まる!!

傲岸不遜で謎めいた男と孤独なバーのオーナーのお話。
とっても面白かったです。

バーを経営している一宮(受)は、天涯孤独で甘え下手な性格。彼はゲイで、その美貌に言い寄ってくる男も多くいるのですが、男を見る目のなかったこれまでの経験から恋愛事からは遠ざかった生活をしています。
ある時一宮は、湯川(攻)と名乗る傲慢で謎めいた男と出会います。湯川は男の色香を放ち人目を引きますが、ゲイを蔑視する発言を平気で吐くようなデリカシーを欠いた男。一宮は若いころならきっと惹かれただろうけれども、今の自分は関わりたくない男だと思う。
けれども何故か湯川の方から一宮に近付いてきて、一線を超えてしまう。
一宮は湯川の行為が恋愛感情からくるものなのか確証が持てず、もやもやした思いを抱えますが…。

この作品のキモたる湯川の正体(ここでは敢えて書かずにおきます)、それが一宮に明かされないためにふたりともが色々思い違いをしてしまうんですね。タイミングが悪かったり悪い偶然が重なったりで誤解は重なるし、更にある事件が関わってきてふたりの関係をややこしくしていきます。
一宮も湯川も互いにひかれ合いながらも相手の本性を解っていないからさぐりさぐり…という状況で、読んでいる側には二人の状況がわかるものだから、すれ違いを重ねてしまうのにじれじれしてしまいました。事件の謎を追うミステリーというよりは、唐突に降ってきた恋に戸惑うふたりの心情を追う感じの作風です。
そしてページが進むに従って徐々に明かされていく事実や各地に配置されていた脇キャラたちの役回りにぐいぐい引き込まれて、ラストまで一気に読んでしまう面白さでした。

それにしても一宮が、たまたまそのポジションにいただけで裏でいいように利用されていたのは酷いですね。あの経歴でひねたところのひとつもないのはなかなか神だと思うのですが(笑)、だからこそ湯川は彼に惹かれたんでしょうね。
その湯川も、最初は一宮同様ヤな奴にしか思えなかったのに、実は一宮に一目惚れしていたとかキス魔だったりとか徐々に意外な面が出てきたのが良かったですね。
ツンとしているようで実は甘え方の分からない寂しがり屋な一宮には、湯川のような、ゲイでもないのに男にも手が出せてしまうような強引さのある男がぴったりなのでしょうね。とってもお似合いだと思いました。まぁ、ノンケの男がそんなにあっさり男相手にできるのかという疑問は残りますが;
兎にも角にも、キャラも魅力的で読み応えのある作品でした。

| 1/1PAGES |