calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「捜査官は愛を語らない」 義月粧子 / ill.朝南かつみ

「その高いプライドをへし折ってやりたくなる」捜査局に配属された櫂が出会ったのは、ワイルドで飄々とした上司・久慈川。幼い頃から幸せには縁がなく、あまり人と接することがなかった櫂にとって、性的に奔放でセクハラ紛いの言動をとる久慈川の存在は驚きでしかなかった。だが彼のチームで共に事件を追ううち、捜査に対する真摯な姿を知り、久慈川を意識するようになる。この男に惹かれてはいけない―自分を抑えていた櫂は、ある夜久慈川に抱かれる淫らな夢を視てしまい…。

重大犯罪捜査局という警察とは別の架空の組織を舞台にしたお話でした。
捜査官の久慈川(攻)の元に、捜査局に入ってきた副局長・桜小路の弟、櫂(受)がやってきます。
櫂は、若いわりに腐乱死体を前にしても動じないほど場慣れしていて優秀だけれども表情に乏しい美青年。そんな彼の目に、男女を問わず性的にだらしのない自分とはまるでタイプの違う久慈川は最初戸惑いでしかありませんでしたが、彼が仕事には真剣に取り組む人間だと知り徐々に久慈川への感情が変わっていきます。それが上司への単純な憧れではなくて性的な意味での好意なのだと気が付いて、櫂は自分が久慈川に抱かれる夢を見てしまう。
そしてそれは、実は特殊な体質である櫂に変化を起こしてしまいます。
櫂は人の思念を読むことのできるいわゆるサイキックで、能力をコントロールできるようにしていたのですが、久慈川への想いが引き金となって、ふとしたきっかけで事件の被害者の思念を読んでしまう。
それが元で事件は解決に向かうんですが、極秘にされている櫂の能力のことなど何も知らない久慈川は、この唐突な展開に不審感を抱き始めます。
なのに仕事で出張した先で、久慈川は強引に櫂と関係を持ってしまう。
一途で健気な櫂に対して久慈川はその後も他の女と寝たりして、結局は手頃なセフレがほしかったのかというろくでなしぶりで、だいぶイライラしてしまいました。BLでも、ここまでだらしのない男も珍しい気がします。
そしてこんなどうしようもない男に櫂がなぜ惹かれたのかが説明不足で、いくら自分とは違うからといってあそこまで性的にだらしのないろくでなしを好きになれるのかなぁという疑問が終始残ってしまう。櫂の心理描写があまり書きこまれていないためにその感情が追いづらかったです。

そんな特殊能力者の櫂と、貞操概念のまるでない久慈川というややこしいふたりを主役に、事件が3つも起こったりするので、全体的にページが足りていない印象です。絡む事件はひとつに絞ったほうがまとまりが出たんじゃないのかな?? だってこれ、ふたりの恋だけでも納得のいくような収まり方をするのが大変なお話ですから。
そして最後の事件が完全な解決を見ないまま幕となってしまっているのが尻切れトンボな印象で残念。
あとがきによれば別レーベルからこの作品のスピンオフが出る予定らしいので、この事件はそちらで解決するということでしょうか? でも…、事件を追う者たちが主役のこのお話にこのラストはあまりに中途半端な気がして消化不良です。もう少し考えてほしかったかも。

そして。去る1月7日にご逝去された朝南かつみさんのイラストがどれも素晴らしすぎて涙が出てきました。口絵がエロすぎるのにもくらくら来ましたが、登場人物それぞれをしっかり押さえている挿し絵が素晴らしい。
櫂の兄・遙翔が主役になるというスピンオフ作品の相手役らしい人物も少しの登場なのにちゃんと描かれていて、それがまた素敵で、この絵で見られなくなってしまったことが本当に残念です。
いま現在この作品以降の刊行作で朝南さんイラストの作品は見付けられていませんが、これが最後の作品になるのでしょうかね…。
これのスピンオフも含め、もっともっと見たかったです。

| 1/1PAGES |