calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「僕の愛する執事へ」 秀香穂里 / ill.高崎ぼすこ

「お帰りなさいませ、ご主人様」その日、出版社の営業部に勤める葉鳥が、疲れた身体でアパートに戻ると、燕尾服を纏った美貌の男が恭しく彼を出迎えた。驚く葉鳥に男は九識と名乗り、存在も知らなかった遠縁である大富豪の遺言状を彼に手渡す。そこには、執事である九識を遺産として葉鳥に相続させる旨が書かれていて…。独り暮らしの狭いワンルームには不釣り合いな謎めいた執事に甘やかされ、淫らな悪戯で翻弄される日々に、初めて戸惑っていた葉鳥だったけれど―。

秀さんの新刊、激ツボか全然ダメかどっちかだろうと思っていましたが、…案の定、見事に合わなかったです…。

出版社で営業をしている葉鳥(受)がある日自分のワンルームマンションに帰ると、燕尾服に身を包んだ男・九識(攻)に恭しく迎えられるというびっくりなことが起こります。
聞けば九識は、遠縁の富豪の遺産(?)として葉鳥の元にやってきた執事。
新手の悪徳商法かと最初こそ怪しんだ葉鳥でしたが、生真面目で年の割には世間知らずな雰囲気のある九識を放っておくことができず彼を執事として住まわせるのですが、夜の世話までし出す九識に翻弄されてしまい…。

…という、かなりぶっ飛んだ感じで始まるお話ですが、読み進むうちに何というか全体的にバランスの悪い作品だなーと思いました。
原因その一は、これが主人公・葉鳥による一人称であること。
秀さんは文章の巧い作家さんだと思います。これまでもお話にのめりこめなくても、文章は好きだと思うことがよくありました。
…が、それはあくまで三人称で書かれたものの話で、一人称になるとこうも疑問だらけの文章になるものなのかとびっくりです。
というか、どっちかというと硬質な書き方をされる作家さんなのに、何だか無理してライトな感じにしてみた、という印象が拭えない。秀さんならもっと自然な感じの一人称が書けると思うんですけどねぇ。。

そして原因その二は、執事にお仕事にエロにと、お話が色々とてんこ盛り過ぎるところです。
何よりフツーの主人公(って言っても実家は会社経営していてそこそこ裕福の出ですが)のとことにある日執事がやってきて…な、どこのラノベだよなベタな設定にいっそ焦点を合わせたらよかったのに、出版社で働く受けのお仕事パートが入っているので何だか散漫な印象になってしまってます。
お仕事BLを書かせたら定評のある作家さんですが、萌系レーベルの売込みを担当しながら肝心な萌がわからない葉鳥が九識の協力を得て萌とは何かを知ろうとしたりするのも何だかなぁだし(それがふたりの距離を近付けてはいるんですけど)、葉鳥の仕事の先輩やらが登場するのも明らかにスピンオフ用なんだろうなーと思ってしまうしで、今回は蛇足では?と思ってしまいました。
それから、後半の九識の正体が明らかになっていく過程そのものは面白いんですが、中途半端に物騒になるのには戸惑いました。

そして何より、九識という執事キャラに萌えられませんでした…。
ゴールデンレトリバーのイメージだそうですが、ちょっと一途過ぎるというか。。
なのにいざHになると、最初からどこのエロおやじだというくらい卑猥な言葉攻めを始めて、真剣にそんなことどこで覚えた??と引っかかって何だか愉しめません。ギャップがあるのは好きなんですが、これはちょっと違いましたねー…。
…因みにお話のわりにはエロ度は高めかも。
彼に癒されるならきっと愉しめると思うんですが、そもそも私はあまり執事に興味がないので、もしこんな素敵な執事が甲斐甲斐しく世話をしてくれたら…なんて妄想が働かなった…。

ここまで書いておいてですね、なんで私この作品を手に取ったんだと今更突っ込んでしまいました;
…なんでって、そりゃ久々にがっつり秀さん読みたかったからなんですが。。ここまで見事に外れてしまうとは…。
とか言いながら、ツンとした印象なのに萌キャラを熱く語る驚異のギャップキャラ瀬ノ尾がかなり好きなので、スピンオフ出たらやっぱり読むと思うんですけどね。もうほぼ彼に持っていかれた感じすらします(笑)。
そして今度はがっつりお仕事ものにしてほしいです…!

「烈火の契り」 秀香穂里 / ill.彩

思い出が眠る島を守りたい!!リゾート開発の視察で、離島を訪れた斎たち不動産会社の一行。案内人は褐色の肌をした島の青年・高良―18年前、この島で夏を共にした相手だ。しかも高良は「おまえは俺のつがいなんだ」と謎の言葉を告げ、斎を無理やり抱いてきた!!拒みながらも、高良の愛撫に囚われていく斎…。けれど突然、チームの一人が謎の死を遂げ!?因習と伝承が息づく島のミステリアスLOVE。

気が付いたら8月も3分の1近くが終ってるんですねー。このひと月ほどBLの新刊で購入する作品がほとんどなくて;たまってきた積読消化月間状態です。
というか、今年も半分以上終ったというのに、まだ「これは!」と思える作品に出会えていない…(新刊に限る)。たいした数を読んでいない上、巷で流行っている作品とは違うものにばかり惹かれてしまう偏った人間なのでそれも仕方がないんですけれどね。ちょっとさみしいです。
今月の後半から好きな作家さんやシリーズなど色々楽しみな刊行が続くので、そこに期待しています!

…なんてぼやきはさておいて、積んでいた秀さんの「烈火の契り」を読んでみました。夏らしく、南の孤島が舞台のミステリーです(笑)。

子供の頃のひと夏を父親の出身地である南の離島で過ごしたことが忘れ難い記憶として残っている斎(受)。勤めている不動産会社で、今は無人となったその離島のリゾート計画が持ち上がり、何とか阻止しようと視察チームの一員として18年ぶりに島を訪れることになります。
斎たちを待っていたのは、現地の案内人・高良(攻)。彼はあの夏を斎とともに過ごしてくれた人でした。
高良との再会を歓ぶ斎ですが、高良は「あのとき血を交わした」とか「お前は俺のつがいだ」と謎めいた言葉を言いながら斎の躰を求めてくる。斎は困惑しながらも、高良に惹かれていきます。
一方、視察チームの面々は生活インフラのない島での滞在にストレスを溜め始め、もともとが意見を対立させているようなまとまりに欠いた集団でしかないために一触即発の気配を帯び始めます。更に島に伝わる不可思議な伝承や因習が一行を増々不安にさせていく。
そんな不穏な空気が流れる中、チームの一人が不審な死を遂げ何者かによって船と無線が壊されるという事件が起き、斎たちは島に閉じ込められてしまい…。

読んで一番感じたのは、作家さんが沖縄好きなんだなーということ。彩さんの濃い目のイラストも作品によく合っています。
一行に起きた殺人事件と斎と高良の因縁という2つの謎が、島に伝わる伝承や因習と絡みながら明かされていくお話で、これは人の心が見せる恐怖なのかそれとも人智を越す力が働いているのかと、最後までどきどきしながら読みました。
便利な文明社会から切り離され人に牙を剥きさえする自然の中に取り残された時、人もまた剥き出しの本性を露わにしてしまう、ということですかね。

そんな、シチュや設定だけをながめているととてもおいしそうなのに、BL的にはいろいろ惜しいところが多くて萌えきれなかったのが残念。
その原因は、BLというよりはミステリーを読んでいるような気分になる内容だったからでしょう。そう、焦点が斎と高良のラブではなく、事件とそして島にまつわる謎解きの方にいってしまっているんですよね。
いっそがっつり因襲ものとして描かれていたなら、BL的には面白かったような気がします。
で、そんなふたりの秘めたやり取りが事件後のチームの人間のエスカレートしていく疑心暗鬼やいがみ合いから遠く離れている感じがして、ちょっとふたつの要素が上手くまとまっていない印象です。

因みにエロは、島のあちこちで隠れてはやらしいことに耽りながら繋がるのは最後の「儀式」までおあずけという、焦らしプレイの連続です(笑)。

ミステリーとしては楽しめましたが、BLとしてはちょっとツボから離れたお話でした。

「ディープフェイス 閉じ込められた素顔 下」 秀香穂里 / ill.奈良千春

都内で起きた不可解な殺人事件。新聞記者の貴志誠一は、問題の裏側を探るべく、事件の関係者である警視庁の篠原に近づくが、篠原の影には、闇に潜む凶暴な男が存在していた。『リョウ』と名乗るその男に拉致された貴志は、そこで陵辱の限りをつくされ、二度と篠原の事件に関わらないことを約束させられる。しかし、残酷にも事件は新たな展開をみせ、貴志の不安を大きく揺さぶった。事件の真相を知る人物は篠原の他にもう一人。危険と知りながらも貴志はリョウを呼び出し…。

上巻「ダークフェイス」からの続きです。
上巻で、篠原には凶悪な双子の兄がいること、そしてその兄・竜司こそが篠原の家で起きた殺人事件の犯人であること、さらには謎の男リョウが竜司からの暴力から自身を守るためにつくり出した篠原の別人格であることが判って、貴志はこれまで追っていた真相に近付くと同時にそれの持つ想像以上の暗い深淵にも気が付き始めます。

この作品の最大の見所は、貴志が愛した男がその人そのものではなくて彼の第二の人格であること。
貴志は、篠原亮司ではなくて、彼の別人格であるリョウを好きになってしまうんですね。けれどもそもそも作られた存在であるリョウという人格は、篠原本人の精神が安定すればいずれ統合されて消えてしまう存在でしかない。リョウは確かに「いる」のに、やがてはそういうかたちでいなくなってしまうというのは、例えば相手と死別するとかいう以上に哀しいことのように思えて切ないです。
貴志がリョウを好きになってしまうまでの経緯はちょっと説明不足な気もしますが、リョウが実は篠原の、本人さえ知らない別人格だったということが大きく働いているのかもしれませんね。
そしてリョウもまた、自分自身の存在を初めて明かした相手でもあり篠原と自分を理解してくれた貴志を愛しいと思うようになる。
上巻ではエロも殺伐とした感じでしたがふたりの気持ちが通じ合った下巻では、ハードだけれどもけっこう甘い感じです。上巻に引き続いての尿道攻めや剃毛プレイなどなど内容も濃ゆいです(笑)
あと、ただ傲慢で冷たい男なのかと思っていた篠原が意外に脆い人間だったことが判明して、いまいちつかめないなという印象だったのが一気に愛おしくなってしまいました(笑)

竜司の顛末は、作中で執拗なくらい残忍で凶悪な男だとされてきたにもかかわらず肩透かしなくらいあっさり終わってしまいます。事件に関わるヤクザたちや貴志の同僚のエピソードは無駄とはいいませんがお話の展開にどうしても必要なものとは思えず、ここにページを割くならもっと篠原と竜司の対決や顛末を作り込んで欲しかった気がします。
それから上巻読んでた時から物凄く気になっていたのが、屈指の名家であるはずの篠原の家の人間がその気配すら出てこないこと。未だに影響力を持つ大物政治家だった祖父とか、この事態に一体何をしているんだろう?? …と、首を傾げてしまいました。
事件面ではそういう甘さが目について、貴志たちが日本がひっくり返るようなスキャンダルが起きている、と大騒ぎしているわりにその臨場感を欠いている印象が最後まで拭えませんでした。
上下巻のボリュームでせっかく記者が主役なのだからもっと深く掘り下げてほしかったし、秀さんならきっともっと骨太なものが書けるはず、と思わずにいられません。
それから、秀さんの作品は攻め視点で書かれたものの方が萌える気がします。。

ラストは素晴らしいと思います。単純なハッピーエンドではないけれども、読み手の取り方によっては希望の持てるような余韻の残るこんな終わり方、BLではあまりないですものね。
私は篠原の中に「いた」リョウが抱いた愛しいという想いは、きっと篠原自身のものでもあると思っています。

 ・「ダークフェイス 閉じ込められた素顔 上」

「ダークフェイス 閉じ込められた素顔 上」 秀香穂里 / ill.奈良千春

新聞記者の貴志誠一は、ある殺人事件の記事に疑問を覚える。閑職に追いやられ、暇を持て余していた貴志は、その秘密を一人で探ることにするが、事件において重要な鍵を握っているのは、警察官僚の篠原亮司だった。怜悧で冷たい雰囲気をまとう篠原は、貴志にまともに取り合おうとせず「関わるな」と忠告する。しかし貴志は、高慢な篠原に憤りを感じ、事件の裏側を探ろうと躍起になった。だがある夜、危険な匂いを漂わせる黒獣のような男に拉致され……。

発売が延期になっていた秀さんの新刊は上下巻のボリューム。
新聞記者の貴志(受)は社会部で仕事をこなしていたが上司の失態に巻き込まれて閑職に追いやられている。
暇を持て余していた彼の目に、偶然ある殺人事件の記事が留まります。それは警察官僚で有名政治家を祖父に持つ男・篠原に関わるもので、そのわりには大きく報じられていない、というかそこに触れることがタブーのようになっていることに疑問を持ち、貴志は持ち前の好奇心の赴くまま独自に調べ始めます。
篠原本人に接触するも、如何にもエリート然とした彼は一介の記者、それも閑職に左遷されている貴志をまるで相手にせず冷たくあしらわれただ関わるなと言ってくるだけ。
それでも食い下がる貴志の身辺に不穏な気配が立ち込め、ある夜彼は篠原に関わりのある凶暴で危険な男・リョウ(攻)に拉致され陵辱を受けてしまう。

その後も貴志は篠原という男に惹かれて事件の真相を追うことにのめり込むんですが、そうまでさせる最大のキーパーソンのずの篠原の魅力が伝わってこないのが残念。
というかこのお話、全体通じて貴志がなぜこの事件を、拉致監禁の末に嬲られもなお追おうとするのかその動機や理由付けが弱い気がします。
記者魂で事件を追う貴志のキャラも、正義感からではなくてただ真実を知りたいという思いから動いているというのは伝わるんですが、冒頭の、出世欲の強い野心家的な感じが後まで尾を引いてしまって共感できませんでした。
その後も篠原に関係しているヤクザが登場したりしますが何だか魅力不足。彼らの関わり方も、BLだから当然そうなるんだろうなというお約束的な印象です。
そんな中、ただひとり謎の男リョウの存在感だけが他を圧倒しています。得体の知れない彼は篠原の何なのか、それが最大の見せ場でしょうか。

ラヴァーズなので監禁、陵辱と甘さのまるでないハードな濡れ場が多いです。
乳首を輪ゴムで縛られて攻められるシーンがいちばんやらしかったです(笑)
あと、最後まではされていませんが攻め以外の人間との絡みもありますので、苦手な方はご注意ください。
 
貴志の執念で徐々に篠原の抱える闇の部分とリョウの意外な正体明らかになり、もうちょっとで決定的に見えてきそうな事件の真相は下巻に続くかたちで上巻は終わっているので、これをどう展開させていくのかが気になります。

 ・「ディープフェイス 閉じ込められた素顔 下」

| 1/1PAGES |