calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

latest entries

categories

category 2

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.07.28 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「夜より深く」 藤森ちひろ / ill.蓮川愛

「君が隠しているものをすべて、見せてごらん」母を事故で失い、ジュエリーショップを引き継いだ水本愁一の前に一人の男が現れる。それは、以前、母の葬儀の場にいあわせ、愁一に冷ややかな視線を向けてきた男だった。遠山紘貴と名乗るその男は、ある指輪を探してほしいと愁一に依頼する。―はたしてこれは偶然の出会いなのか。だが、愁一の本能が告げていた。この男は危険だ、と。やがて愁一は遠山の手によって自分の裡に潜んでいた欲望を知ることになり―

久々にゴージャスな攻めの出てくるBLを読みました(笑)。けっこう面白かったです。

母親を事故で亡くし彼女が経営していたアンティークジュエリーの店を引き継ぐことになった愁一(受)。その彼の前に遠山(攻)という男が現れて、希少なことで有名なある指輪を探してほしいと依頼します。
実は遠山は愁一の母親の葬儀に姿を現していて、その時に愁一に冷ややかな眼差しを向けてきた男でした。父親と早くに離婚し以来奔放な男関係をつくっていた母親と何かあった相手なのではと愁一は警戒しますが、そんな愁一に遠山は指輪が見付かるまで君の躰で楽しませてもらうと言い出す。愁一はいつの間にか遠山の手練手管に溺れていきますが…。

愁一は子供の頃に母親の情交の現場を見てしまったことでその淫蕩さを疎み、また自分にも同じ血が流れていることを過剰なまでに嫌悪しています。そのため、母に似たとても美しい容姿をしているけれどもその美貌をメガネで隠し性的なことには特にストイックな生活をしているほど。
そんな愁一の仮面を、遠山という男が剥いでいくのですね。
遠山は若くしてコンサルティング会社を経営している才のある、非の打ち所のないゴージャスな男。
先程も書きましたが、こんなにゴージャスな攻めの出てくるBL読んだのは久しぶりで、何だか新鮮でした(笑)。まぁ、個人的には攻めはただゴージャスなだけじゃなく、ちょっと残念だったりスキのある方が好みなのですけれどもね。

けれども愁一が最初に警戒した通り、遠山にはウラがありました。
実は遠山の父親はかつて愁一の母親と一緒になるつもりでいたほど深い関係にあり、その時に遠山家に代々伝わる指輪を愁一の母親に渡してしまっていたのですね。遠山の母親は彼が子供の頃に亡くなっているのですが、それから程なく他の女性とそういう関係になった父親を遠山は許せず、今までほぼ疎遠の状態になっています。
いわば、愁一の母親は遠山の家族をばらばらにした存在で、愁一は遠山にとって憎い女の息子でしかなかったわけです。
遠山は指輪を取り戻すために愁一の前に現れ意趣返しに彼を弄んでやろうと考えていたわけですが、愁一の魅力に遠山自身が惹きこまれてしまうという誤算が生じてしまう。そして徐々に愁一を欺いていることに後ろ暗さを覚えるようになっていく。
お話は愁一視点と遠山視点が交互に入れ替わるかたちで進んでいくのでどちらかの思惑や感情がわからないというやきもき感はありませんが、お互いにすれ違いを起こしている切なさがあります。

親の因縁がもたらした関係がどうなるのか目が離せなくなるお話でしたが、終盤がちょっと疾走気味だったのが惜しい。でも件の指輪も上手く使われて、きれいなハッピーエンドは読後感が良かったです。
エロ方面もねっとりと濃くて満足(笑)。性的にまっさらな愁一が遠山の手練手管に堕ちていく姿がやらしいです(笑)。でも普段はツンとしたクールビューティで、そのギャップがまたいですね。
あとがきの「モ○プチしか食べないようなプライドの高いお猫さまを捕まえて、無理やり手懐ける話」というのに納得です(笑)。

「愛執の褥―籠の中の花嫁」 藤森ちひろ / ill.小路龍流

白河伯爵嫡男の美紗緒は、少年とも少女ともつかぬ美貌の持ち主。体の瑕疵ゆえ隔離されて育てられてきたが、父の思惑により景山家へ引き取られた。豪奢な打掛を纏わされ、体の秘密が知られているのではないかと不安に駆られる実紗緒の前に現れたのは、庭の迷い猫を助けてくれた黒衣の男・征爾。彼は白河家への復讐のため、実紗緒の二つの性を開花させ激しく陵辱していく。だが、あのとき触れられた指先のやさしさが忘れられなくて―。

昭和初期の華族もので、なんとフタナリ設定です(!)。苦手な方はご注意下さい!!

美紗緒(受)は、白河伯爵家の嫡男でありながら半陰陽の躰に生まれたため父をはじめとする身内から疎まれながら、屋敷奥の離れで隠されるようにして暮しています。その美紗緒を父伯爵は自身が傾けた家業の借金の形として影山伯爵家の若い当主・影山征爾(攻)に引き渡してしまい、彼の生活は一変します。
連れてこられた影山の屋敷で、美紗緒は打掛を着せられた上にその躰の秘密を暴かれて影山に陵辱されてしまう。美紗緒は影山の仕打ちと、父親に見捨てられたという二重のショックを受けることになります。

美紗緒は男でも女でもない中途半端な躰に生まれついたことで周りに疎まれ蔑まれてきたために、必要以上に自信のない性格で、どちらかというとか弱い女の子のよう。だから自分の持つ美しさにも気が付かず、ただこの躰が悪いのだという思いに囚われがちで、陵辱されてしまうとさらに痛々しい感じがします。フタナリとはいえ、もうちょっと男の子成分があった方が良かった気もします。
そんな美紗緒視点でお話が進むので、どうしても影山は酷薄で残酷そうな男に見えてしまいますが、彼は実は、美紗緒の父が元で兄を死なせており、その復讐のために白河家に近付いているんですね。そして、美紗緒を陵辱するのは憎しみのためなのかと思いきや、徐々にそうではないことが明らかになります。

結局、不器用で感情を伝えるのが下手なくせに執着の強い影山の性格と、自信もなければ恋の駆け引きも知らない美紗緒がすれ違っていた、というフタナリという部分を除けは、王道テンプレという印象の内容です。
打掛やら振袖やら夜会のドレスやら、花嫁ものの雰囲気もたっぷりあると思います。受けが少女っぽい上にフタナリなので、さらに濃厚かもしれませんね(笑)。私は花嫁ものには興味が無いのでそこには萌えなかったのですが;お好きな方にはたまらないと思います。

そして、肝心のフタナリ設定に関しては、…なんか色々突っ込みどころが多かったです;
というか、前に読んだ西野花さんの「鬼の花嫁」の時も思ったのですが、フタナリBLでは初めの陵辱では前ではなく後ろを使うのかお約束なのでしょうか?? でもフツーに考えたら逆だろ、という気がしてなぜそうなるのかが謎。…それはBLだからだろ、と言われてしまえばそこまでなんですが、前をふたりが本当に結ばれた時に開かれる神聖な場所(笑)という位置付けなのも何だか。。
…ダメですね、ここで躓くようではフタナリものは私には向いていないのかもしれません、はい。。
でも、後になってはたと気がついたのが、美紗緒がフタナリだと知らなかった影山は美紗緒を男の子として抱くつもりだったんですよね。だったら最初に後ろでもアリなのか(笑)。

というわけで、すみません、肝心のフタナリ設定に関しては消化不良気味になってしまいましたが、この作品意外なところで萌えを拾ってしまいました。
美紗緒の異母弟の央緒(笑)。彼は絶対に異母兄に対してヨコシマな想いを抱いているだろうなーと思っていたので、後半の再登場にときめいてしまいました…っ! というか、正直、影山×美紗緒よりも央緒×美紗緒の方が激萌えです! もちろん未遂ですけれど(笑)
その後に続くまさかの濡れ場は、やっぱり藤森さんだな〜と思ってしまう展開です(笑)。
この他、エロもエロエロというのではなく、時代の雰囲気に合わせてしっとりねっとりとした感じです。この時代設定だからこそのフタナリもの、という感じでした。

「したたかに愛を奪え」 藤森ちひろ / ill.稲荷家房之介

十億の借金のカタに九曜会の若頭・多岐川に買われた凛。彼からの借金を苦に亡くなった両親の復讐を誓うが──「摘んで、擦ってみろ。そうだ、感じるんだろう?」支配者の傲慢さで命じる多岐川に、淫薬に侵された粘膜を玩具で嬲られ、淫らな体に躾られた。恥ずかしくて、怖くて、屈辱だった。けれど無慈悲に苛まれた夜、抱きしめられて慰撫するように撫でられると心地いい。酷い男のはずなのに、眩しいものを見るかのようなまなざしが、くちづけが、甘く優しく思えて…。愛を奪う、征服欲。

九曜会シリーズの一冊目。
大学生の凛(受)は、借金が原因で両親が自殺してひとり残されてしまう。途方に暮れているところに、父の仕事の取引相手でどうやら自殺の元を作ったらしいヤクザの若頭・多岐川(攻)が現れます。傲慢な多岐川は、凛に10億の損失の変わりに俺のものになれと言い出してその場で凛を犯し、その後も凛を自分のマンションに連れ帰って監視下に置き淫具を使ってさんざん弄ぶ。その仕打ちに凛は多岐川を憎みますが、ともに暮らすうち多岐川の優しさや意外な一面を知り徐々に心を傾けていくようになります。
けれども多岐川の同業者で無二の存在である九重を知り、彼がどことなく自分に似ていることに気がついた凛は、多岐川にとって自分は九重の代わりなのではないのかと思い始め…。

という、借金の形にヤクザに買われてとか身代わりとか話自体はよくあるパターンなので新鮮味はないですが、エロシーンがどれもねっとりエロくて読み応えがありました(笑)。ページも回数も多くて、毎回あの手この手で攻めてくるので「ああまたか」的なマンネリズムがまるでないのがすごい(笑)。
そんな読み応えたっぶりなエロシーンに対して、キャラの心理描写がやや不足しているのが惜しいところですね。凛にしろ多岐川にしろなぜ惹かれ合うようになったのかが解りづらく、ここがしっかり描かれていたなら、エロでの萌も倍増したと思うだけに残念です。
あと凛が、ヤクザの若頭をモノにしてしまうにしては如何にも大人しい感じだったので、もっとやんちゃだったりしたたかだったくらいのほうが良かったかな。ってこれは個人的な好みかもですが。。
続編は九重サイドのお話らしいので愉しみです。

「密愛契約」 藤森ちひろ / ill.梨とりこ

「自分に値段をつけたことがあるか?」あまりにも優雅で官能的な微笑だった。肉食獣を彷彿とさせる男の色気に、裕紀は凍りついた―。有名レストランで副支配人を務める瀬川裕紀は、独立を考えていた。資金集めに苦労する裕紀に、ある客が声をかける。高級クラブを営む実業家神矢が開業に必要な資金を出すと申し出たのだ。闇に繋がると噂に聞くが、以前から目をかけてくれた上客だ。能力を買ってくれたと純粋に喜ぶ裕紀。だが、神矢は代償として、ひとつ条件を出す。―裕紀が「愛人」になることを…。

裏のありそうな実業家×ギャルソンの、大人のツンツンラブストーリー。

有名レストランで副支配人を務める裕紀(受)は、独立を考えているけれども資金のことで躊躇していましたが、ある時客として店に来た、魅力的だがどことなく得体のしれない雰囲気のある実業家・神矢(攻)の言葉に背を押されて独立に踏み切ります。けれどもやはり資金集めや立地などの問題で予想以上に上手く進まない。
そんな悩む裕紀に、あの神矢が資金援助を申し出てきます。けれどもそれには、裕紀が彼の愛人になるという契約付き。
自分の店を持つため、ここまで援助してくれた人の恩を無駄にしたいため、裕紀は心を決めて彼の愛人になり、店を開くことができます。
裕紀は神矢が自分に資金提供してくれたのは自分の仕事を認めてくれたからだと思っていて、だから自分に愛人になれと言った神矢につまりは一時の遊び相手が欲しかっただけなのかとかなり失望して、彼に対して持っていた憧れの想いも消えてしまい、代わりに屈辱と憤りを覚える。自分の仕事にそれなりのプライドを持っているんですから、まぁ当然ですね。
なのに店がちょっとしたトラブルに見舞われて、神矢が親身になってくれたあたりから徐々に彼に対する感情がそれだけではないものになっていくんですね。気付かず、神矢に恋している。
神矢も最初っから裕紀が気に入っていたことが丸分かり(笑)なんですが、なのに彼に契約を持ちだして「愛人」にしてしまうとか、ふたりとも仕事では優秀な大人なのにこんなことろで素直になれないツンツンぶりがなんだかじれったい(笑)。

そんな、キャラもいいし文章も上手いしボリュームもあってレストランのことなど細部もしっかり書かれているのに、何処か物足りない読後感なのが残念。
たぶん、お話の展開にひねりがないせいだと思います。金のために身を差し出すという設定はBLではもう見飽きるくらい溢れかえっていますし、その後お話がどう展開するかで読み応えが随分変わってくると思うんですけれど、これは予想通りの展開で物足りなかったです。
 
梨とりこさんのイラストはステキでした。藤森さんがあとがきで言われるには、この人のモノクロ画のコントラストの美しさが、ギャルソンの出てくる本作誕生のきっかけだったとか。それも納得の出来栄え、ステキなギャルソンでございます^^落ち着いた色あいのカバーイラストもいい感じです♪

| 1/1PAGES |